【まとめ】ドローンとは何か?その歴史とともに徹底解説!開発者は誰で、何のために作ったのか?

ドローンを使用して上空から撮影された映像が、テレビでもよく見られるようになりました。最近誕生したようにも思えるドローン。しかし、ドローンの誕生は今よりもずっと昔、第2次世界大戦中だったのです。この記事では、ドローンが開発された目的とその開発者、そしてドローンの歴史を徹底的に解説します。

 

ドローンとは

 

「ドローン」という言葉はよく聞かれるようになりましたが、一体何を指すのでしょうか。まずは、ドローンとは、という基本的なことやドローンの名前の由来を紹介します。

 

ドローンとは空を飛ぶ小さな機体

 

 

ドローン(Drone)とは、空を飛ぶ小さな機体です。よく知られているのは、4個または8個のプロペラが付いているドローンでしょう。ラジコン飛行機を進化させた飛行物体と考えると分かりやすいかもしれません。

ドローンは、ラジコン飛行機のように地上にいる人が操縦する飛行物体です。遠隔操作で操縦できるので、遠くへ飛ばして人が立ち入れないような自然の風景を写し出すことも可能です。

また、「ドローン」という言葉は一般的に広く使われているので、人が乗って自動操縦する小型の機体もドローンと呼ぶこともあります。

 

ドローンという名前の由来

 

 

 

「ドローン(Drone)」という言葉の意味は、もともと「ミツバチの雄バチ」を表しています。プロペラの付いた飛行物体が「ブーン」と雄バチのような音で飛ぶことから、その飛行物体がドローンと名付けられました。

さらに、ドローンと形が似ているイギリスの射撃訓練用飛行機の名前が「クイーン・ビー(女王蜂)」だったことから、ドローンと名付けられたとも言われています。

 

ドローンの歴史

 

近年ドローンの活躍が注目されていますが、実はドローンが開発されたのは約70年前なのです。当時、ドローンが開発された理由と共に、ドローンの歴史を紹介します。

 

ドローンが開発された理由

 

 

ドローンが開発された時期は第2次世界大戦中です。つまり、軍事目的でドローンが生み出されたのです。ドローンの開発目的は、爆弾を搭載させたドローンを敵の機体に衝突させ大爆発を起こそうとするものでした。しかし、実用化にはいたりませんでした。

戦後も軍事用ドローンの開発は進められました。当時のドローンは、標的を定めたり、魚雷を投下したりする目的で開発が行われていました。

そして、1970年代には電子部品の小型化や高性能化によってドローンの開発がさらに進みました。この頃、敵地の偵察を目的とするドローンの開発が行われたのです。

 

ドローンの開発者

 

それでは、ドローンの開発者は一体誰なのでしょうか。実は先ほどお話した通り、ドローンは第2次世界大戦中に開発が開始されたものなので、軍事機密のために開発者は公開されていません。

 

ドローンの民間利用

 

 

第2次世界大戦中に軍事目的で開発が進んだドローンですが、1980年代には産業用ドローンも誕生しました。この頃から、民間利用のためのドローンが登場し始めたのです。

2000年代には、農薬散布用のドローンが活躍し始めました。そして、2010年代にはスマホで簡単に操作できるドローンが登場し、多くの人がドローンを操縦できるようになりました。

そして現在でも、インターネットの高速化や電子装置の小型化によって、ドローンの開発が進んでいます。

 

ドローンの用途を歴史と共に紹介

 

現在、ドローンは色々な分野で活用されている機体です。ドローン開発の歴史を踏まえて、ドローンの用途を紹介します。

 

軍用ドローンはパイロット不足

 

第2次世界大戦中に軍事目的で開発されたドローンですが、現在でも軍事用としてドローンが使われています。ドローンは遠隔操作で操縦する飛行機なので、ドローンを正確に操縦できるパイロットが必要です。

しかし、アメリカでは軍事用ドローンのパイロットが不足しています。なぜなら、軍事用ドローンのパイロットは、精神的苦痛が大きいからです。

軍事用ドローンパイロットは、自分は安全な場所にいながらドローンを敵地の上空へ飛ばし、敵を発見したら攻撃しなければなりません。これは、誰でも大変辛い仕事でしょう。

 

産業分野でも活躍するドローン

 

軍事用として開発が進んだドローンは、今度は産業分野で活躍するようになりました。例えば、広い農園に農薬を撒く作業を行うドローンが2000年代に広まり、活用されました。

ただし、ドローンを操作して農薬を散布するためは許可が必要です。農林水産航空協会に申し込みし、座学と実技を受講することで許可を得られます。

工場の屋根などの設備点検を行うドローンもあります。例えば、自宅や工場の屋根に取り付けられている太陽光発電システムのチェックをドローンが行えるようになりました。

このように、人間が行うと労力や時間のかかる作業をドローンが代わりに行ってくれるのです。さらに、人間が行うと危険を伴う高所での作業もドローンが行ってくれると安心です。

 

Webサービス開発の言語は5種類押さえておこう!3大Webフレームワークとともに徹底解説!

IT業界の中でも特に活発な業界であるWebサービス開発。日々新しいサービスが誕生しており、エンジニア不足になるほど活発な業界です。そんなWebサービス開発に必要な言語として、どのような言語を抑えるべきか、そしてどのようなフレームワークをマスターすべきかについて今回は徹底解説していきます。

 

HTML・CSSは基礎の基礎

 

HTML無くしてWebサービスあらず

 

 

現在では様々なWebサービスやアプリが出ています。そしてそれらのWebサービスはプログラミング言語によって作られています。プログラミング言語は様々な種類があり、Webサービス開発に適した言語も多く存在します。その中でも基礎の基礎とも言える言語がHTMLとCSSです。

言語自体はそれぞれ異なりますが、基本的にはHTMLとCSSはセットで用いることが一般的です。主な役割としてはWebサービスの表示とシンプルですが、そもそもせっかく良いWebサービスを開発しても、表示ができなければ何も始まりません。

 

セットでマスターしよう

 

 

ではなぜHTMLとCSSはセットで覚えなければいけないのか、ということになります。確かにHTMLのみでもWebサービスなどを表示させることは可能です。しかし、HTMLだけだとどうしても殺風景なページとなってしまいます。そこで活躍するのが、CSSです。CSSは基本的にHTMLの補助役として使われています。

背景の色や文字のフォントや大きさ、写真のサイズや配置などは基本的にCSSによって指定されています。これにより、ページなどが見やすくなります。HTMLで基本的な骨格を形成し、CSSでアレンジを加えているからこそ、普段私達が見かけるホームページが出来上がるのです。

 

Javaは早いうちに習得しよう

 

Webサービス開発でも根強い人気

 

HTMLとCSSは基礎の基礎ですが、同じぐらい覚えておくべき言語がJavaです。コンパイラ言語であるJavaとスクリプト言語であるJavascriptさえ覚えておけば、一通りWebサービスを開発することができます。

特にJavascriptはWebサービスにおいては必要不可欠な言語であり、HTMLやCSSとセットで覚えておきたい言語の一つとされています。そしてJavaについても、Webサービス開発の世界では根強い人気があり、エンジニアについてもJavaを扱うことができるエンジニアの人気も高いです。

 

Javaさえ覚えておけばプログラミングも怖くない

 

 

プログラミング初心者の多くは、HTMLは理解できたもののJavaでつまづいてしまう人が多いです。確かにHTMLとは違いプログラミングらしい言葉などが出てくるため、初心者にとってはある意味鬼門です。しかし、Javaさえマスターしておけばそれ以外の言語も簡単にマスターすることが可能になります。

Javaの文法などはプログラミングの基礎が詰まっています。つまりJavaを覚えておくことで、他の言語の学習をするときも文法さえマスターすればすんなりと習得することができます。Javaについては登場から年数が経っているため、わかりやすく説明されている記事などの情報が多く出ています。そのため初心者にとってもマスターしやすい環境が整っています。

 

Webサービス開発の王道を征く言語Ruby

 

日本生まれのプログラミング言語

 

 

ここ最近登場するWebサービスやアプリの多くは、Webフレームワークというものを使用して開発されたものが多いです。現在でもWebフレームワークはいくつか存在しますが、その中でも王道とも言えるWebフレームワークがRuby on railsです。そしてそのRuby on railsに用いられている言語がRubyです。

Rubyは日本生まれのプログラミング言語であり、楽しさとわかりやすさを兼ね備えたプログラミング言語です。日本生まれであるため日本語で解説された記事なども多く、日本人にとっては非常に扱いやすい言語とされています。

 

Ruby on railsもマスターしよう

 

 

Rubyを用いてWebサービスを開発するのであれば、Ruby on railsは必須となります。一見使い方は難しそうに感じますが、基本的にこちらは設定よりもルールが重視されており、そのルールに従って開発することで、簡単にWebサービスを開発することができます。早い場合だと15分で開発できます。

使いやすさも他のWebフレームワークと比べるとかなり扱いやすいのも特徴です。これから初めてWebフレームワークを用いてWebサービスを開発するのであれば、まずはRuby on railsから始めてみるのがおすすめです。

 

統合開発環境(IDE)について徹底解説!そもそもの内容から言語別のおすすめ開発環境まで幅広くご紹介します!

プログラミングを学習するためのツールは数多く存在しますが、初心者の方から玄人まで学習者であれば必ず触れることになるであろうIDEは今では多くの人が利用しています。本記事ではそんなIDEについての解説や、他の類似サービスとの違い、言語別のおすすめ開発環境などを初心者の方にも分かりやすいように幅広くご紹介します。

 

IDEについて

 

IDEとは

 

 

IDEはIntegrated Development Environmentの略で、日本語で「統合開発環境」と呼びます。

統合開発環境という名前の通り、プログラミングに必要な複数の環境を統合してくれている便利なサービスで、ソースコードの記入(コードエディット)・ソースコードの機械語への変換(コンパイル)・機械語の結合(リンカ)・バグの確認(デバッガ)・プログラムのテスト(テストツール)・編集のログ確認(バージョン管理システム)などの環境を基軸として構築されています。

 

IDEが使用される理由

 

汎用的な統合開発環境

 

 

現在の開発環境でIDEが多く利用されている理由は、プログラミンに必須な環境が一つのサービス内に全て含まれているからです。IDEがなかった時代は、コーディングを行う場合はテキストエディターを利用し、ソースコードを機械が読み込んでくれるようにするためにコンパイラを用意し、バグの確認をするためにデバッカを準備し…とそれぞれの環境を別々で構築する必要が有りました。

しかし、IDEを利用すれば一つのサービス内で全ての環境を用意することができるため煩雑な事前準備に手間取ることが無くなるというわけです。

 

テキストエディターとの違い

 

利用用途によって使い分ける開発ツール

 

 

テキストエディターは、JavaやPHP,Rubyといったプログラム言語を開き編集することができるソフトウェアですが、テキストエディターもIDEと同じように使用することができます。

編集機能に特化しているためIDEよりも動作が軽く、簡単な作業やコーディンクに集中する場合はテキストエディターを使用することが一般的なようです。しかし、コンパイルやデバックといった補完機能が基本付いていないため。様々なツールにアクセスしたい場合はIDEを使うといったように使い分けを行うという意見が多いようです。

とはいえテキストエディターも近年進化しており、「Atom」や「Visual Studio Code」といったソフトウェアの拡張機能を使用すればIDEとほぼ同じようなことが出来るため、テキストエディターとIDEの境目が曖昧になって来ているのも事実です。

 

フレームワークとの違い

 

共通処理と工程処理

 

 

フレームワークとは頻繁に使用されるような基本的な構造をパッケージ化し、中身を自分で実装することができるシステムのことです。

代表的なフレームワークにRuby on RailsやSpring、Bootstrap、といったものが有り、クックパッドやクラウドワークス、食べログといった有名なウェブサービスもこのフレームワークを使用して作られています。

このように作業を行う工程を楽にしてくれるものをフレームワーク、作業を行う環境構築を楽にしてくれるのがIDEということになります。

 

おすすめの開発環境

 

 

IDEにも多くの種類が有り、言語やOSによって適した開発環境が有ります。もちろん個人の趣向によって好き嫌いが出てくるかもしれませんが、基本的には自分が使用している言語に適していて、皆が使用している無料の開発環境から始めてみると良いでしょう。

ここでは、実際にIDEを使用して開発をする上で多くの人が利用しているおすすめの開発環境と対応している開発言語を合わせて紹介します。

 

Eclipse

 

 

EclipseはIBMによって開発されたIDEで、オープンソースで提供されています。プラグインと呼ばれる拡張機能で多くの機能を追加することが可能で、複数の開発言語にも対応可能になっています。

コーディングからコンパイル、リンカ、デバッカ、バージョン管理、ドキュメント検索など、多くの機能が搭載されているため、IDEとしてはかなり豪華な内容となっています。特にこだわりもなくIDEを使用した経験もないのであれば、まずはEclipseをダウンロードして使用してみると良いでしょう。

Javaがメインの開発言語ですが、前述した通りプラグインを使用すればほぼ全ての言語で開発することが可能なため、利用者を選びません。

 

公式サイト:https://eclipse.org/

値段:無料

対応しているOS:                   Linux、Max OS、Windows

対応している言語:Java、 C++、PHP、Perl、C#、D言語、TeX、Python、Ruby、JavaScript、COBOL、AspectJ、Mathematica

 

【アプリ開発】初心者の方でも大丈夫!アプリの作り方から費用、キャリアパスまで徹底解説!

アプリを自分で作ってみたいけど、費用や作り方など全くわからない、という理由でためらっていませんか。実はアプリ開発は、初心者でも簡単にできてしまうのです。そしてアプリ開発は、キャリアパスにおいても大きな影響を与えてくれます。今回はアプリ開発初心者が覚えておくべき作り方や費用、そしてキャリアパスについて解説していきます。

 

本格的なアプリ開発に最低限必要なもの

 

パソコンは必要不可欠

 

 

本格的なアプリ開発となると、パソコンがなくては意味がありません。最近では簡単にアプリ開発ができるツールなどもあり、スマートフォンタブレットさえあれば簡単にアプリ開発ができます。しかし、全くのオリジナルのアプリを開発するとなると、パソコンが必須となります。

パソコンと言っても、ノートパソコンデスクトップパソコンなど様々ありますが、基本的にどのようなスタイルでアプリ開発をしたいかで選ぶと良いでしょう。自宅で黙々と作ることが多い場合はデスクトップパソコン、自宅以外のカフェやコワーキングスペースなど、場所に縛られずにどこでもアプリ開発をしたいという場合は、ノートパソコンを選ぶと良いでしょう。性能などの部分については、後ほど改めて解説します。

 

デベロッパー登録もお忘れなく

 

 

アプリ開発をした人の多くは、このアプリを少しでも多くの人に使ってほしい、そう考える人がほとんどです。せっかく自分が一生懸命作ったアプリであるため、せっかくならより多くの人に使ってもらえると嬉しいものです。しかし、アプリを作ったとしても公開するには別のものが必要になります。それがデベロッパー登録です。

App StoreやGoogle Playでアプリを公開するには、必ずアプリ開発者としての登録証のようなものが必要になります。その登録証がデベロッパー登録です。App StoreとGoogle Playではそれぞれデベロッパー登録の方法や場所が異なりますが、いずれも登録しなければ公開することができません。アプリ公開も視野に入れているのであれば、デベロッパー登録を忘れずに行いましょう。

Google Playのデベロッパー登録方法はこちら:https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/6112435?hl=ja

Apple Developer programの登録方法はこちら:https://developer.apple.com/jp/support/enrollment/

 

ツールで簡単にアプリができる?

 

 

アプリ開発初心者の中には、プログラミングすら知らない人もいます。しかし、そんなプログラミングを知らない人でも実は簡単にアプリ開発ができます。ここでは簡単にアプリ開発ができるツールをいくつか紹介します。

 

Monaca

 

アプリ開発に興味はあるものの、プログラミングに関する知識を持っていないという人や、とにかくアプリ開発実績を作っておきたいという人も中にはいます。そんな人には開発に必要な機能が詰まったツールがおすすめです。その有名なツールの一つとして、Monacaというツールがあります。基本的にMonacaさえあればスマートフォンなどでもアプリ開発ができるため、パソコンがなくても簡単にアプリ開発を始めることができます。

アプリは基本的にAndroid専用など、利用できるOSが限られているアプリも多いですが、中にはiOSとAndroid両方に対応しているアプリもあります。Monacaはその両方に対応しているアプリ開発が可能なツールです。実際のアプリ開発においてもテンプレートが用意されているため、作り方も非常に簡単です。手軽にアプリ開発を始めたいという人にはおすすめです。

公式サイト:https://ja.monaca.io/

 

Yappli

 

プログラミングの知識はないけど、せっかくアプリを作るなら高品質のアプリを作ってみたい、と考える人にはYappliがおすすめです。こちらは有名企業のキャンペーンアプリの制作にも使用されるほどであるため、品質においてはかなり高いツールです。

高品質でありながらも、ドラッグ&ドロップの要領で作ることができるため、プログラミングの知識がなくても安心です。また、プッシュ通知などのアプリらしい機能も盛り込むことができるのも、このツールの特徴です。しかし月額9800円かかってしまうため、手軽にアプリ開発をしたいという初心者にとっては少々敷居が高いです。

公式サイト:https://yapp.li/

 

アプリ開発の注意点

 

iOSとAndroidは開発環境が違う

 

 

AndroidとiOS両方でリリースされているアプリでも、実装されている機能が異なるということはよくあります。なぜそのようなことが起こるのかというと、実はiOSとAndroidは開発環境が異なるのです。厳密にいうと、アプリ開発に必要なツールがそれぞれ異なっているのです。

基本的に開発環境に必要なツールは同じですが、具体的に使用するツールは全くの別物です。Androidアプリ開発をするにはAndroidアプリ開発のためのツールを、iOSアプリを開発するにはiOSアプリ開発に必要なツールを準備することが必須になります。アプリ開発初心者は、まずはどのOS向けのアプリを開発するか決めた上で、必要なツールを導入することを心がけましょう。

 

パソコン選びにも注意が必要

 

 

最初の部分では仕事のスタイルによっての選び方について説明しましたが、一番大事なことはパソコンの性能です。基本的にパソコンについては、性能が良いほうが様々なツールを効率よく動かすことができますが、何よりもアプリ開発においての作業の効率が良くなります。特にデバックという作業は、アプリ開発においては頻繁に行う作業です。性能が良いとその作業もスムーズに行うことができます。

また、先程の部分でアプリ開発に必要なツールが異なることを説明しましたが、パソコン選びにおいても大きく影響してきます。特にiOSアプリを開発する場合は、Macでしか使うことができないツールもあります。そのため、もしもパソコン選びで迷った場合は、Macを選んだほうが無難です。iOSアプリはもちろん、Androidアプリ開発に必要なツールにも対応でき、性能もかなり良いのでおすすめです。

 

Ruby開発でできることは何?Rubyの仕組みから企業の応用事例まで徹底解説!

Rubyはプログラム言語の一つですが多くのRuby開発者はRubyを習うことをおすすめしています。実は多くのメリットとできることがあり、企業の応用事例も多く紹介されています。あのサービスもRubyで作られていたの!?ときっと驚くと思います。プログラミングを習いたい、キャリアアップを考えているまたはプログラムに興味がある方は一読を推奨します。

 

Rubyとは?

 

 

Rubyとはプログラム言語の一つであり、1995年に日本人のまつもとゆきひろ氏により発表されました。

Rubyと名付けられた理由は作成者である、まつもとゆきひろ氏の誕生月(7月の誕生石がルビー)から取ったものです。

Rubyの特徴はとにかく自由であること、ストレスを感じさせないことを設計思想に取り入れたことです。

変数に型宣言がいらない、文法もカスタマイズ可能という高い自由度は他のプログラミング言語にはないものです。

 

Rubyでできること

 

 

Rubyを学んでできることはたくさんありますので見ていきましょう。

 

Webアプリケーション制作

 

 

Webアプリケーションはインターネットなどのネットワークを利用したサービスを提供するものです。

Webブラウザ(ChoromeやFirefoxなど)で動作するアプリと言ったほうがわかりやすいかもしれません。

ショッピングサイトやSNS、ブログなどもWebアプリケーションです。

現在多くの企業がWebアプリケーションによるサービス提供を行っており、今後も高い需要があると予想されています。

 

スマホアプリ

 

近年でもっとも急速に伸びたジャンルではないでしょうか?

ゲームやサービスなどをスマホアプリで提供し、多くの有名アプリが誕生しました。

スマホの普及率は高く、タブレットも普及していることから更なる開発需要があると予想されています。

 

スクレイピング

 

スクレイピングとはWebサイトの情報を取得・加工することを指します。

実はRubyは簡単にスクレイピングをすることが可能であることから、多くの企業が活用しています。

 

機械学習

 

機械学習と言えばPythonが有名ですがRubyもできます。

しかし、Pythonほどの便利さはなく、遅れ気味であることは否定できません。

機械学習自体は大きな可能性を持っており、今後の巨大トレンドになると予想されています。

 

Rubyとワンセットで学びたいのがRuby On Rails

 

 

Rubyを学ぶ場合はRuby On Railsとセットで学ぶことをおすすめします。

Ruby On Railsとはフレームワークであり、一定の枠組みや機能が搭載されているものです。

実はRubyで開発する際のほとんどはRuby On Railsを利用しており、Rubyと言えばRuby On Railsで制作するのが当たり前になっています。

実際に企業の募集を見てみるとRuby On Railsによる業務経験を条件にしているところがほとんどです。Rubyを学ぶ場合はRuby On Railsとセットで学びましょう。

 

Rubyを学ぶメリット

 

 

プログラム言語を学ぶならRubyとRuby On Railsは非常におすすめです。主な理由が4つありますので見ていきましょう。

 

初心者でも学びやすい

 

Rubyはスクリプト言語であり、C言語やJavaなどと比べるとシンプルな構文で制作することができます。

開発者の数が多く、プログラミングスクールでもRubyを教えるところが多数です。

言語としても環境の観点としても学びやすいのがRubyのメリットです。

 

多くの需要がある

 

Webアプリケーションやスマホアプリなどは今後も開発が増えていく傾向が強いです。

RubyとRuby On Railsを学んでいれば、多くの企業の目にとまることでしょう。

実際の募集案件でもRubyエンジニアは1000件を超える企業から募集されている背景もあることから、需要の高さが伺えます。

 

拡張性と柔軟性に優れている

 

Ruby On Railsにはパッケージ管理をするgemが存在します。

このgemを追加するだけで簡単に機能追加ができ、素早い開発が可能です。

仕様変更に伴い機能を削除する場合でもgemを削除するだけです。

シンプルな操作で簡単に機能拡張と削除を柔軟にできることからも利便性が高いことがわかります。

 

日本語ドキュメントが豊富

 

 

構文やルールなどを学ぶ程度であればRuby以外の言語も日本語でのテキストは存在します。

しかし、業務中に意図しない不具合に遭遇し、多くの時間を調査・修正することはよくあります。

この時にRubyは他の言語よりも有利です。

日本人が作った言語であることから、日本語のドキュメントが多く、コミュニティも日本語でのやり取りで行われています

 

C言語やPythonなど技術フォーラムは英語でのやり取りが主で、似た事例を探す際に英語に長けていなければ難しいです。

しかしRubyは日本語コミュニティが存在し、多くの事例を日本語で探すことも可能です。

 

Rubyを使って製作されたサービス事例

 

 

Rubyを使用して開発されたサービスはたくさんあります。一部を紹介しますので見ていきましょう。

 

クックパッド

 

日本でも代表的な料理レシピサイトのクックパッドはRuby On Railsによって製作されました。

ユーザー同士が交流し、レシピの共有からプロのレシピ紹介などしており多岐にわたるサービスを展開しています。

 

Airbnb

 

民泊と言う言葉を定着させたことで有名なのがAirBnbです。

日本だけでなく世界中でも利用者が多く、安全に安く泊まれる場所を探すことができます。

チャットや予約などの仕組みをRuby On Railsで制作しました。

 

アジャイル開発のメリット・デメリットを徹底解説!気になるスクラム開発との違いもご紹介!

アジャイル開発はプログラム開発で採用している例が多く、プロジェクトを管理する者としてポイントを押さえておきたい手法です。今回はアジャイル開発のメリット・デメリットをまとめながら、スクラム開発との違いも解説していきます。想定以上の結果が出ることがあるアジャイル開発を知ることでプロジェクト管理の幅が出るようになりますよ。

 

アジャイル開発とは?

 

 

アジャイル開発とはプログラム開発をする上での手法の一つです。アジャイルは英語でagileと書き、「敏捷、素早い、活発」という意味になります。つまり、プログラム開発で素早い開発をしたい場合はアジャイル開発が適していると言えるでしょう。では素早い開発ができる理由は何なのでしょうか?見ていきましょう。

 

綿密な仕様を決めずにスタート

 

多くのプログラム開発では最初に綿密な仕様(ルール)を決めてから開発を行います。なぜかというと、多くの開発者が同時にプログラミングするため、仕様上による矛盾や不具合が発生してしまうと、やり直しを余儀なくされます。するとこれまでの作業が無駄になるだけでなく、やり直しが発生し多大なコストが発生します。

アジャイル開発のスタートは最初から綿密にルールを決めずに、大まかな仕様だけを元に開発します。このように書くと出戻りが発生したときにどうするの?と思うかもしれません。アジャイル開発は綿密な仕様を決めずに、その場で仕様を固めるので出戻りが発生したとしてもコストはそれほどまでかかりません。逆に顧客やクライアントからのニーズを即座に反映できる環境から、素早く開発できるのです。

 

イテレーションを繰り返し細かく開発

 

仕様が決まっていないからと言って最初から最後まで開発しっぱなしと言うわけではありません。開発の品質を一定以上にするために小さい期間を設けて開発を行い、繰り返していきます。このことをイテレーションと呼びます。

たとえば、Aという機能の仕様が決まったら、計画→設計→実装→テストの順番で開発をします。この工程で問題がなければ、次のBの機能を計画→設計→実装→テストしていきます。このように順々に開発していき、最終的な製品に仕上げていくのです。

 

少人数の開発に有利

 

 

アジャイル開発は多人数よりも少人数で開発することに向いています。機能ごとに仕様を決める際に大人数だとまとまりが出にくいですし、開発者同士の意見交換もできません。少人数であれば、活発に意見交換をしながら、まとめていくことができるので想定したよりも高品質の製品を顧客やクライアントに提出できます

 

アジャイル開発のメリット

 

 

アジャイル開発のメリットは主に3つありますので見ていきましょう。

 

出戻りが少ない

 

アジャイル開発のメリットは小分けに作っていくので、仕様の矛盾や不具合が発生したとしても出戻りが少ないです。大規模のプログラム開発になればなるほど、仕様による問題が発生すれば多大なコストを支払うことになります。出戻りが少ないということはリスクを減らせることにもつながります。

 

柔軟性の高い開発が可能

 

 

機能ごとに仕様を決めて開発をしていくのですから、柔軟性の高い開発ができます。プログラム開発における柔軟性の高さとはクライアントや顧客からの要望をすぐに受けることができることです。最初から詳細な仕様が決まっていると、たとえクライアントや顧客からの要望があっても受け入れにくいです。しかし、アジャイル開発であれば、小分けに開発しているので柔軟に対応することができます。

 

開発者同士の円滑なコミュニケーションが発生

 

プログラム開発においてコミュニケーションが活発になると、チーム内の雰囲気が良くなり、新しい技術交換などの相乗効果が見込めます。プログラム開発は人が行うものであり、モチベーションやチームの雰囲気で品質はガラッと変わります。一人一人の考えを聞くことができ、すべての開発者が納得したうえで開発できるのも強みです。

 

アジャイル開発のデメリット

 

 

メリットを見ていきましたが、デメリットも存在します。主に3つありますので見ていきましょう。

 

目標や目的がブレる可能性がある

 

大まかな仕様を決めて開発をするため、目標や目的がブレてしまう可能性があります。開発者同士で意見交換をしながら開発するのは聞こえはいいですが「船頭多くして船山に上る」のことわざのように方向性を見失うことも考えられます

 

品質の確保が難しい

 

機能ごとに仕様を決めて開発するので、悪く言えば品質は出来上がってからのお楽しみです。最初から綿密な仕様が決まっているやり方のほうが品質の確保はしやすいでしょう。

 

大規模開発には向いていない

 

大人数でのアジャイル開発はしない方が無難です。アジャイル開発の性質上、開発者同士の意見交換やクライアントや顧客からの要望を取り入れます。大人数になればなるほど、収拾がつきにくくなり、まとめることすら難しくなります

 

スクラム開発との違いは?

 

 

スクラム開発とはアジャイル開発の一種です。ラグビーのスクラムのように一致団結して開発をできることが最大のメリットです。スクラム開発のポイントはスクラムマスターとプロダクトオーナーとチームの3つに分けることです。

 

スクラムマスターは全体を見て、サポートをするのが主な役割です。チームへのアドバイスやトラブル発生時の対処などを行います。プロダクトオーナーは開発のビジョンを明確に持つ人を指します。予算の管理も行い、ビジネス上におけるすべての責任を持つ人です。チームは複数人でまとまり、開発を迅速に安定した品質を提出できるようにするのが役割となっています。

このようにリーダーとサポート、実際の開発者が3位一体となり円滑なコミュニケーションで開発していくのがスクラム開発です。

 

アジャイル開発を成功させるためのポイント

 

 

方向性を示せるリーダーの存在

 

アジャイル開発で怖いのが方向性がブレてしまうことです。複数人の開発者とクライアント・顧客が絡んでしまうと、本来の目的からズレた開発になってしまう可能性があります。方向をきっちりと指し示せるリーダーを決めることは重要です。また、新技術への関心、高い技術理解度やコミュニケーションに長けた人であることも重要です。リーダーの力量がプロジェクトの品質に大きく影響します

 

Androidアプリの開発フローを徹底解説!おすすめの言語の種類・特徴から勉強法もご紹介します!

普段、皆さんがスマホでインストールして使っているアプリ。どのようにして作られているか気になったことはありませんか?本記事では、Androidアプリの開発フローから開発におすすめのプログラミング言語の特徴までご紹介します。アプリを開発したいけど、どうしたらいいのかわからないと言った方は、是非参考にして頂きたいです。

 

Androidアプリの開発フローは?

 

 

開発までのスケジュールを把握する

 

Androidアプリをはじめて開発する方にとっては、アプリの開発から公開までに必要な時間や開発に当てられる一日あたりの時間を把握しておく必要があります。

また、アプリ開発は長期間モチベーションを保ち続ける必要があります。そのため、どのようなアプリを開発したいのか、という目標を立てておくことをおすすめします。

これにより、アプリ開発の動機や目標を立てることができるため開発途中でのモチベーションの低下などを未然に防ぐことができます。

 

アプリの企画

 

アプリの開発目標を定めたら、具体的にどのようなアプリを作るか考える必要があります。

主に、アプリのデザイン、アプリ内のコンテンツ構成、サイトマップなど一度実際に書いてみることをおすすめします。

これにより、開発したいアプリを可視化できるようになります。

また、アプリの企画する際には、今あるアプリの中から『似たアプリがあるか』『著作権は大丈夫か』『アプリの機能についての情報』などを調べる必要があります。

同時に、アプリにどのような機能を実装できるかを知っておく必要がありあす。アプリに基本的に搭載されている機能は『プッシュ通知』『アニメーションレイアウト』『SNS』があります。

このとき、『BaaS』というクラウドサービスを利用することで、アプリ開発を円滑に進めることができます。

 

※BaaSとは、スマホ向けのWebアプリに必要なサーバー側の機能をインターネットを通してサービスを提供するクラウドサービスです。

 

アプリの開発

 

 

Androidアプリ開発には、『Android Studio』を利用して進めます。

Android Studioは、Google公式の開発環境です。Android Studioを使うことでAndroidスマホアプリやAndroid Wear、Android TVなどの開発を行うことができます。

また、Android Studioには、『コード編集機能』『テストが容易』『ソースコード管理』『ビルドツール』が備わっており、開発に掛かる手間を省くことができます。

 

アプリのテスト

 

アプリの開発が完了したら、スマホの機種やOSのバージョンによってアプリが正常に動くかどうか、レイアウトの崩れがないか、などをテストする必要があります。

主に、アプリのテストは実機のAndroid端末エミュレータクラウド上でテストできるサービスを利用して行います。

この際、第3者にテストプレイを依頼することで、リリース直後のトラブル、バグを防ぐことが可能になります。

 

アプリを公開

 

 

最後に、Google Play Storeに自作のアプリを公開する手続きを行う必要があります。

Google Play Developer Consoleに手続きを行って25ドルの登録料を支払います。この際に、スクリーンショットとアプリの説明文を準備しておくと円滑に手続きが進みます。

手続きが完了すると、直ぐにストアへアプリがリリースされます。

 

その後

 

アプリを公開した後は、Googleアナリティクスなどでユーザーの利用状況を見ることができます。

さらに、ストアではユーザーからのレビューを随時確認する必要があります。

 

Androidアプリの開発コストは?

 

 

アプリは開発してリリースしたら終了というわけではありません。

アプリの不具合の修正、機能の改善、運営など、コストがかかります。

では、実際にどの程度のコストが発生するのか解説します。リリース当初のユーザーがまだ少ないアプリでは最低限のドメイン、サーバー費用だけで済みます。

 

それに対して、多数のユーザーが利用しているアプリでは、ドメイン、サーバーの費用が増加して、アプリの機能を追加するにはさらに多くのコストが必要となります。

下記に記載するアプリの開発費の見積もりができるサイトを参考にすると具体的な金額が分かります。(https://www.creativevillage.ne.jp/mitsumori/)