アセンブラプログラミングを徹底解説!その特徴から役割、C言語との関係性まで分かりやすく解説します。

アセンブラプログラミングを調べると「アセンブラ」や「アセンブル」など似通った名前も多く検索されます。同時にC言語についても比較される形で登場しますが、専門用語の多い記事を読んだだけではいまいち理解できないという人も多いでしょう。今回は、アセンブラプログラミングやC言語の関係性を初めて読む人でも分かりやすく解説します。

 

アセンブラプログラミングとは

 

 

アセンブラプログラミングは、より機械語に近い言語でのプログラミングを実現します。

コンピューターは基本的に、CPUに命令を送ることでその他の機器に電気信号を送り、それぞれの動作を制御するのです。

CPUが理解する言語は機械語と呼ばれ、人間にその言語の羅列は理解できません。すべては「0」と「1」の電気信号であり、2進数と呼ばれる数値の羅列だからです。

それを少しでも人間が理解できる“言語”にしたものがアセンブリ言語と呼ばれます。

そして、アセンブリ言語を用いてプログラムを組むことをアセンブラプログラミングというのです。

現代のプログラミング言語は、「何」を「どう」したいという順番に英語の文法に近い並びでプログラミングできます。

さらには1行のコードに複数の命令が含まれていますのが、アセンブラプログラミングでは、一つの行動に対して一つのコードという具合に、すべての動作をひとつひとつプログラミングする必要がります。

 

アセンブラとアセンブルとアセンブリ

 

アセンブラとアセンブルとアセンブリは、それぞれの意味があります。

まず、アセンブリが「アセンブリ言語」と呼ばれる、いわば言語の名称です。

アセンブラとは、アセンブリ言語で書かれたソースを機械語に変換するためのソフトウェアで、コンパイラのようなものです。

そして、アセンブルは、アセンブリ言語で書かれたソースをコンピューターが実行できる状態に変換する“こと”です。

それぞれを英語表記で見ると分かりやすいでしょう。

 

・アセンブル(assemble):動詞(翻訳すること)

・アセンブリ(assembly):名詞

・アセンブラ(assembler):名詞(作業する人)

 

これらを合わせて文章にすると次のようになります。

アセンブリでプログラムしたソースを、アセンブラでアセンブルする

言語として呼びたい場合は「アセンブリ言語」がもっとも一般的でしょう。

ややこしいですが、こうやってひとつずつを理解しておくと、その他のサイトの説明文も読みやすくなるはずです。

 

アセンブリを学ぶ意味

 

 

アセンブリ言語を学ぶことには、コンピューターの動きを深く知るという、プログラマーとして重要な意味があります。

これは、C言語はもちろん、その他の言語でプログラミングをする上でも役に立つ知識となります。

 

コンピューターの動きがわかる

 

アセンブリ言語は、コンピューターを動かす脳ともいえるCPUの動きを、1対1のコードで命令する言語です。

ですので、CPUがどのように動き、その他メモリーや周辺機器にどのような命令をするかをすべて把握する必要があるのです。

コンピューターには、中心となるCPUをはじめ、メモリーやHDD(SSD)、周辺機器を含めさまざま機器で構成されています。

コンピューターが通電すると、そのあとのコンピューターの行動はすべてCPUが動きを制御するのです。

CPUは電気信号のパターンでそのたの機器を操作するのですが、「どのような操作をするか」という命令するコードを指示するのがプログラミング言語です。

アセンブリ言語は、言語の中でももっとも機械語に近い言語ですので、CPUに制御してほしい順番を、順序立てて細かくコーディングしなくてはなりません。

このような意味でも、アセンブリ言語を駆使するアセンブラプログラミングは、コンピューターを深く学べる言語だと言えます。

 

プログラミング言語が深く理解できる

 

コンピューターの仕組みを理解できると、プログラミング言語のそれぞれのコードが何のために存在しているのかが分かってきます。

どのような言語も、すべてはCPUに仕事をさせるための命令の塊です。

ですので、コンピューターの動きを意識するアセンブリ言語を理解することで、あらゆるプログラミング言語が深く理解できるでしょう。

 

アセンブラプログラミングの用語と特徴

 

 

アセンブラプログラミングについて調べていると、専門用語が出てきますよね。

CPUやメモリーといったものについては、ある程度把握できていると思います。これらの用語もチェックしておきましょう。

 

アセンブラプログラミングに出てくる用語

 

 

説明に出てくる専門用語としては、「ニーモニック」や「ラベル」「オペランド」などがあります。

アセンブラプログラミングでは、CPUへの命令名やデータを格納するアドレス、変数名や数値となるパラメーターが必要ですが、それらの名称がその他のプログラミング言語とは異なるだけです。

それぞれは次のような意味ですので、覚えておきましょう。

 

・ニーモニック(アセンブラコード):ひとつひとつの命令

・ラベル:アドレス

・オペコード:命令指す単語

・オペランド:オペコードの引数パラメータ

 

 

Unreal Engineとは!Unityとの関係性はある?基礎知識から徹底解説します!

実際「『Unreal Engine(アンリアルエンジン)』と『Unity(ユニティー)』とは何でしょう?」と思う方もかなり多いと思います。実際に調べてみると専門用語言語が難しくわかりにくいですよね。そこで今回はこの専門語は何を表しているかや、使い方をできるだけわかりやすく説明していきたいと思います。

 

『Unreal Engine』と『Unity』は『ゲームエンジン』

 

 

ゲームを作るための核となる開発ソフトが「Unreal Engine」と「Unity」で、この2つの開発ソフトの事をゲームエンジンと呼びます。他にもこれ以外のソフトが有りますが主にこの2つが有名。

ここで言うゲームエンジンとはPC,スマホ,TVなどのあらゆるゲームのベースとなるシステム開発環境を整え「Unreal Engine」と「Unity」この2つのゲームエンジンです。

この2つのゲームエンジン以外にも様々なゲームエンジンがありますが、会社で言う有名大企業のようなイメージで特に人気があり好んでどちらかのゲームエンジンを起用する業界が大半です。

 

Unreal EngineとUnityの紹介説明

 

Unreal Engineの紹介説明

 

 

Unreal Engineは「EpicGames(エピックゲームズ)」という名前のゲーム開発会社が開発したゲームエンジンで拠点がアメリカということもあり日本語版の本書が少ない傾向にあります。

ですが、ゲーム業界で知らない人はいないといった有名ゲームエンジンの一つです。

Unreal Engineは日本での大人気のTVゲームソフト「ファイナルファンタジーVII リメイク(FF7)」や「ドラゴンクエストXI(ドラクエ11)」更に「キングダム ハーツIII(キンハ3)」などが挙げられます。

格闘ゲームだと「鉄拳7」や「ストリートファイターV(ストファイ5)」がUnreal Engineを起用。このように現在のゲーム業界に欠かせないゲームエンジンがEpicGamesのUnreal Engineとなります。

 

Unityの紹介説明

 

 

一方Unityの場合も海外の会社ですが、日本語の資料が豊富でその分取り掛かりやすいのが特徴。多くのゲーム開発会社はUnityのゲームエンジンを導入しています。

その影響もあり日本でのゲームエンジン開発起用のツールがUnityの比率が大きく求人が豊富なゲームエンジンになります。

スマホやTVゲーム、AR&VRで実装したいなど複数のプラットホームに実装する予定であればUnityがおすすめです。

 

 

Unreal Engineのメリット・デメリット

 

Unreal Engineのメリット

 

 

Unityとの最大の違いは感覚的なプラグラム感が挙げられます。Unreal Engineはブループリント機能で様々なプログラムを知識無しで感覚的に組み込むことができる機能が最大の魅力です。

そしてもう一つの最大の魅力がハイクオリティーなグラフィック性能。感覚的な操作で作り込めるグラフィックが綺麗に創作可能なため、リアルな作品創作に向いているエンジンと認知されています。

更にこのUnreal Engineは無料で使えることでも有名で開発したゲームソフトの売上を5%のロイヤリティーとして徴収する方法で運営できているため試しに使ってみたい人にもおすすめです。

もちろん売らなければ趣味として無料で使えるので、じっくり独学で楽しく創作可能です。

プログラミング業とデザイン業に特化したツールが備わっているので得意分野を勉強しながら制作可能。(Unreal Way)

 

 

Unreal Engineのデメリット

 

 

Unreal Engineは海外の会社ということもあり日本語の資料が探しにくく少しだけ資料を探すのが大変です。事前に資料を集めとくといいでしょう。

作品が売れたら売れた量のロイヤルティーが税金のようにかかり、収益が高額になると払わないといけない金額も増え現在のUnreal Engineは売上率が4半期で3000ドル以上利確している場合、売上の5%をロイヤルティーとして払うことが条件。

独自のライセンス方法などでロイヤリティーを少なくする方法もあり、売れたときの立ち回りを事前に模索することも大切です。

 

 

Unityのメリット・デメリット

 

Unityのメリット

 

 

ゲームを発表できるプラットホームが多くスマホゲーム、PCゲーム、VR&ARゲーム、TVゲームなどとても幅が広く対応しているのが最大の魅力です。こちらも無料ゲーム創作が可能。

Unityは、利益が100000ドルを超える収益が超えなければ無料で利用できます

本格的に行う場合は、個人開発で年間25ドルのプランとチーム開発向け月125ドルのプランが利用可能となっています。

もちろん初心者開発の方も利用可能。コツコツプログラミングを学びたい人にもとてもおすすめです。書店に行くと基礎のプログラミング本が数多くあるので誰でも始めることができます。

確実にスキルが身につき将来の仕事にも繋がります。一方、一見パッと見た感じではUnreal Engineの方が作れている感はありますが実際はそんなに差がないので、自分の好みに合う方を選びましょう!

 

Unityのデメリット

 

 

デメリットは比較的少ないのですが、感覚的にゲームを作りたいと持っている人や、プログラミングが苦手な人には少し退屈になる傾向があるので、そんな方はUnreal Engineをおすすめします。

もちろんUnreal EngineもUnityと同じでプログラミング言語をコーディングしないといけません。最終的には好みの差が大きく左右します。最終的には自分が作りたいゲームに合わせて変えていくのがおすすめです。

 

プロビジョニングとは!言葉の意味から種類、クラウドとの関係性まで、基礎から徹底解説!

昨今のIT業界で使われているプロビジョニング。聞いたことはあるものの意味などはまったくわからないという人も多いはずです。しかし、徐々に普及しているクラウドなどと深い関係にあります。今回は、これからのITにおいて重要なものとなるプロビジョニングとはどういうものかについて、徹底的に解説していきます。

 

プロビジョニングって何?

 

必要に応じてネットワークなどの設備を予測し準備する

 

 

ITの流行り廃りのサイクルは、他の業界と比べるとかなり早いです。特にここ最近は、そのサイクルがさらに早くなっています。そんな目まぐるしく変わるIT業界において、必要なときに応じてネットワークやコンピュータなどの設備を予測し、需要に合わせて事前に用意することプロビジョニングと言います。

プロビジョンというのは設備や供給という意味があります。どのくらいの需要があるかを予め予測し、その予測を元に事前に用意するというのが、プロビジョニングの基本的なスタンスとなっています。

 

通信の分野ではすでに用いられている

 

最近プロビジョニングという言葉が使われるようになっていますが、実は通信の分野ではすでに用いられています。インターネットが普及しはじめて間もない頃、通信というのはかなり重要なものでした。新たなる時代に乗り遅れないために、プロビジョニングというものが誕生しました。

やがてプロビジョニングはいくつかの種類に分かれ、そして現在ではIT業界全体にプロビジョニングが広まっています。ではプロビジョニングにはどのようなものがあるのか、これについては次の部分で説明します。

 

プロビジョニングの種類

 

サーバープロビジョニング

 

 

プロビジョニングといっても、その種類は様々です。その一つであるサーバープロビジョニングというのは、その名の通りサーバーを需要に合わせて設定を変更して供給することです。基本的に利用可能なサーバーを選出し、その上で需要のある企業などに合わせて設定を変更し、利用可能な状態にするまでがサーバープロビジョニングの役割です。

このサーバープロビジョニングは、インターネットサービスプロバイダホスティングサービスが主に利用しており、IBMなどからはその需要に合わせた設定変更を自動で行うソフトウェアを販売しています。

 

サービスプロビジョニング

 

 

サービスプロビジョニングも、プロビジョニングの一つです。一見難しい言葉のように聞こえますが、実は私達の生活と関係があります。例えばインターネット回線を契約した後に送られるパスワードや電子メールのアドレスは、サービスプロビジョニングの一環でもあります。

サービスプロビジョニングというのは、プロバイダが利用者に電子メールアドレスやDNSの設定などをすることです。自らサイト運営などをしているという場合は、DNSの設定などは運営者で行うことが多いのですが、インターネット回線の場合はプロバイダ側で行うことが多いです。

 

ユーザプロビジョニング

 

サイトやアプリの中には、会員登録をした上で利用するアプリなどがあります。その会員登録時に入力した情報を元にアカウントを生成したり、保守したりすることユーザープロビジョニングと言います。電子メールはもちろん、会員登録をした上で利用するアプリやサイトの多くはユーザープロビジョニングとされています。

ユーザプロビジョニングには2種類存在し、一つは完全に自動化されたものそうでないものに分かれています。とはいえ、基本的な流れについては自動化されていてもそうでないものでも同じです。このように普段何気なく使用しているものにもプロビジョニングというのは用いられているのです。

 

プロビジョニングとIT

 

最近ではITの世界にも進出

 

 

先程少し触れましたが、プロビジョニングというのはITの世界にも広がっています。そしてITの世界に広がるに連れて、プロビジョニングの種類も増えています。特に最近は、スマートフォンの普及もあり、モバイルに関連するプロビジョニングが増えています。

例えばモバイルサブスクライバープロビジョニングというのは、スマートフォンをはじめとする携帯電話に特化したプロビジョニングであり、MMSなどの携帯電話ならではの機能を供給しています。

 

日々進化するプロビジョニング

 

プロビジョニングというのは最初はネットワークやコンピュータなどの設備や環境を供給することから始まりました。それから時代とともに供給するものも増えてきて、今では数多くの種類のプロビジョニングが存在します。

そして現在、プロビジョニングは新たなステージへと進もうとしています。このようにプロビジョニングというのは、時代の流れとともに変わるニーズに合わせて、様々なものを提供できるものへと日々進化しているのです。

 

シン・プロビジョニングとは

 

ストレージ仮想化技術

 

 

突然ですが、皆さんはクラウドストレージを利用したことがありますか。ストレージは記憶領域のことであり、大切な写真や音楽などのデータはそこに格納されています。基本的にスマートフォンそれぞれにストレージというものがありますが、それでも足りない場合に利用するのが、iCloudをはじめとするオンラインストレージなどのクラウドです。

シン・プロビジョニングというのは、主にストレージ仮想化技術を用いてストレージを供給するプロビジョニングです。ここ最近出てきているオンラインストレージなどの多くは、このシン・プロビジョニングにあたります。

 

2つのストレージのリスクを解消

 

 

ストレージというのは言うなれば記憶できる量です。とはいえ、人によってストレージの使用量は異なります。あまり写真などを撮影したりしないという人もいれば、逆に音楽などが好きで多くのストレージが必要だという人もいます。それは企業も一緒です。

シン・プロビジョニングというのは、ストレージにおいて厄介な2つのリスクを回避するにはうってつけなのです。時代の流れとともに情報量というのは変わります。情報量が多ければストレージが逼迫し、逆に少なければ多くのストレージが余剰となります。シン・プロビジョニングはストレージを常に多すぎず少なすぎないちょうどよい容量を確保することが可能です。

 

Scalaってどんな言語?ScalaでできることからJavaとの関係性まで、分かりやすく解説します。

皆さんScalaというプログラム言語をご存知でしょうか。サービスを開発するために多くの言語が使用されていますが、最近Scalaという言語の人気が出ており注目を浴びています。本記事ではScalaという言語の特徴やJavaとの関係性、開発しているサービスなど幅広く解説します。出来るだけ分かりやすく解説しますので是非チェックしてみてください。

 

Scala

 

Scalaとは?

 

 

Scalaはオブジェクト指向と関数型プログラミングを融合させた言語で、Javaの開発を行なっていたマーティン・オーダスキー氏によって設計されました。そのためかScalaにはJavaで出来る事が全て出来ると言う特徴が有り、幅広い開発領域で使用する事ができる言語としてじわじわと人気が出てきています。

オブジェクト指向と関数型プログラミングという少々難しい単語も出てきましたが、 Scalaの優位性を知る上でこの2つは理解する必要があるのでそれぞれを次の項目で説明します。

 

オブジェクト指向とは?

 

 

オブジェクト指向について詳しく書くと、それだけで本が一冊書けてしまいますのでここでは出来るだけ分かりやすく簡潔に説明します。

例えば車を操作する際に利用者はなぜ車が動くのかということを理解しなくてもエンジンをかけてサイドブレーキを下ろし、アクセルを踏めば車が走るということを理解しています。

車がどのように動くかは製作者が知っておけば良いですよね。更にいえば、タイヤはどのように動くのか、エンジンはどのように動くのかはパーツを製作する人が理解しておけば良く、車の開発はそれぞれの担当が同時に製作し、後でパーツを合体させることで車を作る事ができます。

つまり車という規格を考え、それに準じたパーツを作成することで車の開発者が車の製作工程を全て把握する必要がなく、部分部分を皆で共同制作ができるような理念の元開発されたものをオブジェクト指向と呼びます。

更に簡単にいうと、大型開発の際にミスを減らし、手間を減らし、共同作業の利便性を上げるための指向方です。

 

 

関数型プログラミングとは?

 

 

関数型プログラミングは、問題を関数の組み合わせで記述するプログラミング方法です。

関数は数学で言うと例えば y=2xなどが関数です。xが2ならばyは4になりますし、xが4ならyは8になります。

関数型プログラミングとは、この関数の方式をプログラミングに落とし込み、xの部分を何で入れるかによってyの表示結果を決定しようと言う方式です。

関数型を使用しない場合は命令型のプログラミング手法を使用しますが、命令型の場合、状態を変化させながら繰り返し処理を行う方式を取るのですが、関数型の場合は、状態を扱うことなく再起処理を行います。

上記の説明では分かりにくいと言う方は、自販機を想像してみてください。お金を入れるとその金額の商品が出てきますよね。このお金がxで自販機が=、商品がyです。

 

ScalaとJavaの関係

 

 

ScalaはJVM(Java Virtual Machine )と呼ばれるJava仮想マシン上で動作する事ができます。これについては次の特徴で説明しますが、これによってScalaはJavaのライブラリーをほぼ全てスムーズに使用する事ができます。

ライブラリーとは開発においてよく利用される関数や機能などをまとめて記述したファイルです。

上記の点からJavaで行う膨大な処理を簡単に記述できるようにしたものがScalaであると思って良いでしょう。

 

Scalaの特徴

 

JVM上で動く

 

 

先ほどJavaとの関係性でも話しましたが、ScalaはJVM上で動作させる事ができます。

JVMとは、Javaで記述したソースコードをパソコンで読みとってもらうための通訳機能です。Javaで記述されたソースコードはJVMで処理され、JVMがMac、Windows、Linuxなど様々なOSとやり取りしてくれます。

そのため、JVMを使用すればコンピューターの規格を考慮せず、JVMで動作する環境さえ整えれば良いと言う優れものです。

ScalaはこのJVM上で動かす事ができるため、OSを気にしたプログラミング処理を行う必要がありません。また、誕生から20年以上蓄積されてきたJavaの膨大なライブラリーを好きに使用出来るわけですから、他の言語と比較しても大きな有用性が有ります。

 

オブジェクト指向でも関数型プログラミングでも好きな方を選択出来る

 

 

章の最初でオブジェクト指向と関数型プログラミングについて触れましたが、Scalaでは、どちらかを使ってプログラミングしてくださいと言ったルールが存在しません。そのため開発者はオブジェクト指向の記述が適しているところはオブジェクト指向で、関数型プログラミングが適しているところは関数型プログラミングで好きに記述する事が出来ます

 

他のエンジニアと比較して年収の中央値が高い

 

 

2017年にビズリーチが行なった国内のプログラミング言語別の平均年収ランキングによると、Scalaは626万円と一番高水準に位置している事が分かりました。

これは、世界的にもScalaを使用した開発を推奨している企業が増えているのに対して、コードを書けるエンジニアが少ない事が原因のようです。

高収入を狙いたいエンジニアの方はScalaを勉強してみると言うのも一つの手だと思います。

 

【BPR/BPO】具体的な業務改善の進め方からITとの関係性まで徹底解説!

働き方改革やグローバル化が進む現在注目を集めているBPR。IT関連の企業を中心に実行している企業が増えています。そもそもBPRとは何か、ITとはどういう関係性があるのかという部分から、具体的にどのように進めるべきかについて、今回は徹底解説していきます。企業の運命を左右するBPRについて、今一度知っておきましょう。

 

BPRとは何か

 

業務プロセスの抜本的な改革

 

 

政府が推進する働き方改革によって、副業が解禁となったり長時間労働に対する罰則が厳しくなるなど、私達の生活において大きな変化が起きようとしています。一方で企業の業務プロセスも、その働き方改革によって大きな変化が求められています。そのような現状において今最も注目を集めているのが、BPR(Business Process Re-engineering)です。

BPRというのはつまり業務改革です。今までは業務改善が主流でしたが、働き方改革によって根本的な変化が求められているため、業務改善よりもBPRで根本的に変えるべきだとされています。特にIT業界においては、BPRを行う企業が増加しています。

 

ITとの関連性

 

 

ではなぜIT企業を中心にBPRを行う動きが出てきているのか、ということになります。IT業界はここ最近急速に進化を遂げています。そしてその進化は働き方という部分においても影響しています。フレックスタイム制度在宅ワークなどは、ITの進化によって実現しました。

とはいえ、全ての企業がそのような制度を設けているのかというと、そうでもありません。中には従来のような経営スタイルや業務を採用している企業も多く存在します。そんな企業を中心に、ここ最近ではBPRが進められているのです。BPRがこれほど注目された背景には、ITの進化があるのです。

 

BPRのメリット

 

業務改善はBPRの一つ?

 

BPRを進めることによって、どのようなメリットが得られるのか気になる人も多いはずです。まず挙げられるメリットとしては、生産性や効率が大幅に向上するということです。しかし、単純に生産性や効率が上がるのであれば業務改善で十分ではないか、と考える人もいます。

確かに生産性や効率を上げるだけであれば、業務改善で十分です。しかし業務改善では、社員の働き方などの部分を変えることができません。業務改善というのはBPRを進める上での改革の一つにすぎません。業務改善の他にも、社員の働き方などの内部的な部分も見直す改革、それこそがBPRなのです。

 

顧客に重点をおいたプロセスになる

 

 

BPRというのは業務を大きく改革することです。一見これだけ聞くと、消費者である私達にはあまり関係のないことなのではないのか、と考えてしまいます。しかし実はそうでもありません。確かにBPRは業務改革のことを指しますが、最終的にどのように変化するのかという部分が重要です。

先程も述べたとおり、BPRは生産性や効率を上げるだけでなく、企業内での働き方も大きく変わります。これにより社員のモチベーションも上がり、そして生産性などが向上することにより、企業はより先進的な商品開発などが可能となります。そしてその動きによって、消費者により良い商品などを提供することができるようになります。つまりBPRというのは、単に企業の業務そのものの革命ではありますが、同時に顧客に重点をおいた業務プロセスに変えるための革命なのです。

 

BPRを進める上で覚えておくべき言葉

 

BPOって何?

 

BPRといっても、基本的には業務の改善や企業内の働き方などの改革が主なことです。もちろん企業内で完結することもありますが、あえて業務プロセスをを外部に委託するということもあります。この動きも実はBPRを進める上では重要なのです。この業務プロセスを外部に委託するということを、BPO(Business Process Outsourcing)といいます。

BPOといってもそのやり方は様々です。例えば人事管理や経理などの特定の業務のみを外部に委託するという流れや、企業の業務プロセス全てを外部に委託するということもBPOなのです。こうしたことでも、企業内での働き方や生産性などの部分で大きく変えることができます。

 

シェアードサービスとは

 

 

BPOに似ていることで、シェアードサービスというものがあります。その名のとおり、特定の業務プロセスを共有することです。こちらは主に大手企業や、関連グループがいくつも存在する企業がBPRをする際に使われるものです。

異なる企業とはいえ、それぞれ共通している業務というのは存在します。そこで共通する業務を一つの部門に集約してしまう、というのがシェアードサービスです。これによりスマートな業務プロセスとなり、様々な部分で大きく改革できます。

 

フロントエンドエンジニアを徹底解説!コーダーやデザイナー、ディレクターとの関係性もご紹介します!

フロントエンドエンジニアと一言で言ってもWebサイトを作成する人たちにはコーダーやデザイナーなど多くの呼び名があり、それぞれの職種の人が垣根を超えて他の担当の仕事をすることが多く定義がかなり曖昧になっています。本記事では、フロントエンドエンジニアの仕事からコーダーやデザイナーとの関係性などを詳しく解説します。

 

フロントエンドエンジニア

 

フロントエンドエンジニアとは?

 

 

フロントエンドエンジニアは主にWebサービスやアプリケーションにおいて、ユーザーが直接触る部分を作るエンジニアの総称です。

私達がインターネットでウェブサイトを閲覧した際に直接触る部分をフロントエンドと言い、これらの開発全般を行うエンジニアがフロントエンドエンジニアです。フロントエンドの指示でユーザーが入力した会員情報などの保存や引き出し処理などはバックエンドで行い、バックエンドエンジニアが開発を行います。

 

フロントエンドエンジニアはフロントエンドに関わる全ての業務担当

 

 

フロントエンドには、HTMLやCSSを使用したコーディングから、動的な動きを加えるJavascript,jQueryといった言語を使用しウェブサイトの見た目を作る仕事、APIや各種デバイスのインターフェイス知識とレスポンシブ対応、動作の軽量化や高速化、SEO対応など全ての業務に精通する事ができる必要があります

元々はコーダーがフロント部分を製作していましたが、時代の変化とともに多くのことがフロントエンドで求められるようになりました。そのため、コーダーという言葉で全てを出来る人とコーディング部分しかできない人を混同しないためにフロントエンドを全て出来る人のことをフロントエンドエンジニアと呼ぶようになりました

 

関連業種との関わり合い

 

HTMLコーダーとの関係性

 

 

コーダーは、HTMLやCSSといったプログラミング言語を使用してクライアントの要望をウェブ上で再現します

フロントエンドエンジニアは、HTMLコーダーが再現したコードを元に SEOやAPIの実装、動作の軽量化などを行います。時にはフロントエンドエンジニアはコーダーの相談役となり、クライアントの要望を叶えるための手法をアドバイスすることもあります。

 

Webデザイナーとの関係性

 

 

WebデザイナーはWebサイトを製作する上で見た目のデザインを主に仕事として行います。ロゴや、背景をPhotoshopやillustratorを使用して製作し、素材をHTMLコーダーに提供します。

しかし、場合によってWebデザイナーがHTMLやCSSといった技術を駆使ししてコーディングを兼任することも少なくなく、見た目のデザイン全般を行うことも多くなっています。

フロントエンドエンジニアはWebデザイナーが提供したデザインを元にブラウザー上で導入します。

 

Webディレクターとの関係性

 

 

ディレクターはWeb製作に関わる総指揮にあたるポジションで、Webサイトの製作・管理・指揮を一手に引き受ける責任者です。

クライアントの要望から納品までのスケジュール管理や現場とのコミュニケーションを主な仕事として行うため、ある程度Web製作に関しての知識があることが必須です。

フロントエンドエンジニアは時にディレクターの相談に乗り、クライアントの要望に対して実現できるアドバイスを行います。

 

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

 

まずフロントエンドエンジニアに求められるスキルは多すぎる上に年々新たな技術やサービスが誕生する度に求められることが増えていくため必要なスキルをあげるとかなり多くなってきてしまいます。そのため、最適限必須なスキルとあれば嬉しいスキルの2点で説明します。

 

必須スキル

 

 

フロントエンドエンジニアになるにはまず最低限HTMLとCSSはデザインを元に忠実に再現出来る程のコーディング技術を持っておく必要が有ります

更に、Webサイトに動的な動きを加えるためのJavaScriptやAjax・jQueryライブラリーも必須です。

また、UI/UX設計の知識と WordPressなどの CMSの知識も持ち合わせておいた方が良いでしょう。

 

あれば嬉しいスキル

 

 

必須ではないですが、場合によっては求められる知識として、サイト高速化についての知識は備えておいた方が良いでしょう。

またnpm、ビルドツールとしてLinter、タスクランナー、バンドラーなどの開発ツールも使えるようになっておくと更に求められるエンジニアになります。

また、フロントエンドエンジニアが触ることもあるサーバーサイド周辺のnode.jsなどの知識もあると素晴らしいでしょう。

 

フロントエンドエンジニアの年収

 

 

フロントエンドエンジニアの年収は、マイナビを参考にすると平均385万円のようです。日本の平均年収が422万円というデータも有り、その差は37万円程と、フロントエンドエンジニアの収入の方が低い指標になっています。

もちろん、スキル面で高い技術を持っているエンジニアは1,000万円を超える収入を得ている人もいるので技術次第では年功序列を無視して高い収入を得ることは可能です。

フロントエンドエンジニアとして高収入を狙いたい人は、スキルや知識を深めて自身の商品価値を高めるのはもちろんのこと、より待遇の良い会社に転職しながら市場価値を高めてゆくと良いでしょう。

 

インダストリー4.0について徹底解説!気になるIoTとの関係性も含めて分かりやすく解説します。

インダストリー4.0は産業だけでなく、世界全体を大きく変えようとしています。そこでポイントとなるのはIoT(モノのインターネット)。しかし、インダストリー4.0やIoTという言葉は知っていても意味が分からない人も意外と多いでしょう。今回は、インダストリー4.0と重要な役割を果たすIoTとの関係性について分かりやすく解説します。

 

インダストリー4.0とは

 

インダストリー4.0とは第4次産業革命のこと

 

 

インダストリー4.0とは、第4次産業革命のことです。今まで第1次から第3次産業革命によって、世界中の産業が発展したことはご存知でしょう。

第1次産業革命は、蒸気機関の活用によって、今まで手作業で行っていた業務を、機械を使って行えるようになりました。そして第2次産業革命では、ガソリンエンジンの発明によって自動車の実用化が進みました。

第3次産業革命は、IT技術の活用により世界中でデジタル化が進みました。コンピュータが一般家庭にも普及したのは、ちょうどこの時期ですよね。

 

インダストリー4.0とIoT

 

 

では、インダストリー4.0つまり第4次産業革命では、世界はどうなるのでしょうか。近年、私たちが自宅で使う家電にもインターネットに繋がるモノが多く出てきましたよね。

このように、モノがインターネットにつながることをIoT(モノのインターネット)といいます。そして、あらゆるモノがIoT化され、私たちの生活や産業が変化することをインダストリー4.0というのです。

 

インダストリー4.0では、機械や設備などあらゆるモノがお互いに通信し、人間の使用するコンピュータやスマートフォンともリンク。この構想は、2000年代から考えられてきました。一般家庭にインターネットが繋がった頃からインダストリー4.0の構想がでていたといえるでしょう。

 

インダストリー4.0とスマートファクトリー

 

 

さて、インダストリー4.0はドイツが中心となって進めているプロジェクトです。このコンセプトは「スマートファクトリー」。スマートファクトリーとは、IoTが導入され機械やセンサーなどがインターネットに接続されている工場のことです。

工場のあらゆるものがIoT化されているので、工場全体の把握が容易に行えます。例えば、設備をインターネットに接続して動作を監視することで、製品がいつ製造されたものかをパソコンからすぐに確認できます。

 

また、工場に設置されている機械にセンサーを取り付けて温度や圧力などを監視。そして、それらのデータをAI(人工知能)によって解析することで、過去の故障データと照らし合わせて、機械の故障予知が可能です。

つまり、スマートファクトリーが実現すると、工場全体の業務プロセスがインターネットを通じて簡単に把握できるようになるのです。

 

インダストリー4.0に欠かせないIoTによるデータ活用

 

データの収集と蓄積

 

 

インダストリー4.0におけるスマートファクトリーでは、IoTによって蓄積されたデータの活用が重要です。例えば、工場の機械などの設備にセンサーを取り付けIoT化することで、出来上がった製品の品質ががチェックできます。

また、工場内で働く人の動きをセンサーで追うことで、作業手順のミスや危険な行為が確認できます。このように、インダストリー4.0では工場内にセンサーを取り付け各データの収集・蓄積を行うことで改善点等を見つけ出せるのです。

 

収集したデータの分析と予測

 

スマートファクトリーにおいて収集したデータの量は膨大になります。いわゆるビッグデータですよね。インダストリー4.0では、ビッグデータをどのように活用するかによって企業の方向性が大きく変わります。

工場内に取り付けたセンサーから収集したデータを分析することで、製造した製品の品質のバラツキを把握し、改善点を見出せます。また、どの作業工程でヒューマンエラーが発生しやすいかも特定できます。

 

データを基にした最適化

 

 

分析したデータを基に、製品の品質のバラツキを最小化するための方法を導き出し、作業工程を最適化します。また、ヒューマンエラーを分析することで明確化された作業員の不足や作業ミスを改善します。

このように、工場のIoT化によって収集した膨大なデータ(ビッグデータ)を分析し、改善点を見出すことで、より効率的な業務プロセスを導き出せます。そのため、高い生産性を実現しより良い製品を世の中に生み出せるでしょう。これが、インダストリー4.0の大きな目的の一つです。

 

インダストリー4.0の課題

 

インターネットの整備

 

 

インダストリー4.0において、スマートファクトリーが普及するためには、当然ながらインターネットに繋がる環境を整備しなければなりません。

しかしながら、日本国内や海外においても地方の中小製造業ではインターネット環境が十分に整っていない場合が少なくありません。

そのため、インダストリー4.0を主導しているドイツは2025年までにギガビットネットワーク網を整備する目標をかかげています。ちなみにギガビットネットワークというのは、超高速伝送の可能な光ファイバー通信網。

 

なんと、2時間分の動画も10秒ほどで通信できます。日本でも現在、全国の企業や研究機関が利用可能なギガビットネットワークが整備されています。そして、インダストリー4.0が実現する頃には、ギガビットネットワークは当たり前の通信網となっていることでしょう。

 

プライバシー・企業秘密の保護

 

あらゆるモノがインターネットに繋がり、大量のデータが蓄積・処理されるようになると、プライバシーや企業秘密の保護が必須となります。

IoT化で収集されるデータには、個人情報を含むパーソナルデータがあります。例えば、ある人が何をどこで購入したか、何時にどこにいたか、などもデータとして収集されるということです。

また企業では、工場から収集されたセンサデータや従業員の行動のセンシングデータなどは、多くの企業秘密を含んでいます。そのため、データの直接的な保護と、データを活用するための法整備も重要となるでしょう。

 

LuaとC言語との関係性を徹底解説!そもそもの内容からその特徴まで分かりやすく解説します。

プログラミング言語には様々な種類がありますがその中でもベーシックで利用頻度の高いC言語と融和性が高いと言われるのがLuaです。Luaとはどういう言語でどのような場面で利用されているのでしょうか?今回はプログラミング言語Luaについてその特徴からC言語と組み合わせ方、実際の使用例などを詳しく解説していきます。

 

Luaとは?

 

Luaはスクリプト言語の一種

 

 

Luaはプログラミング言語の中でもスクリプト言語と分類される言語の1です。スクリプト言語はコンパイラを必要としない言語で、有名なもので言えばJavascriptやPythonなどがあります。

スクリプト言語は用途が限定される場合が多いですが、Luaは特にC言語と組み合わせる事を前提としたスクリプト言語になっています。

元々Luaはポルトガル語で月を意味する言葉でブラジルの大学で設計開発されました。

 

Luaの特徴

 

組み込みしやすく拡張性が高い

 

 

Luaの特徴は他の言語と組み合わせて使う場合に非常に組み込みやすい事にあります。元々C言語への組み込みを前提に開発された言語であるだけにC言語以外と組み合わせても使いやすいのが特徴といえます。

同じスクリプト言語と比較しても非常にシンプルな構造であるが故に、プログラム自体を軽量にしやすいのも組み込みやすさを後押ししています。

またシンプルであるゆえに拡張性が高いのも1つの特徴といえます。Lua自体はオブジェクト指向型のプログラミング言語ではありませんが、擬似的に再現する事もしやすいです。

 

その幅広い拡張性からLuaはどのような場面でも活用しやすい言語だと言えます。詳しくは後述しますが、Luaは単独で使われるよりも「他のプログラムの一部」として使われる場合が多いです。

またLuaはフリーソフトとして配布されていて、商用利用であったも無償で利用出来るという点でも組み込みやすいと言われています。

他の言語では制約が強く、また媒体的に利用できないという言語も多い中、Luaはそういった制約が限りなく少ないという意味でも使いやすい言語です。

 

動作が早い

 

 

Lua最大の特徴とも言えるのが動作の早さです。こちらもシンプルさ故といえる部分で他のスクリプト言語の一つの指標としても利用される事があるほどに動作が早くなっています。

基本的にスクリプト言語は小規模な開発向きと言われていますがLuaはその動作の早さから大規模な開発でも使われるスクリプト言語になっています。

 

汎用性が高い

 

 

スクリプト言語は基本的に動作を軽くシンプルにする事を目指して製作された言語が多いですが、その代償として特定の場面においてしか利用できない限定性を持っている場合が多いです。

現在一番普及していると言われるスクリプト言語の1つであるJavascriptであってもWeb上でしか動作しないなど、スクリプト言語は場面を選ぶというのは最早当たり前になっているといえます。

しかしLuaは機能を最小限にする事で動作を軽くしている為、多くの場面で利用でき組み込む事が出来るのがメリットの1です。

 

C言語とLuaの関係性は?

 

C言語はコンパイラ言語

 

 

スクリプト言語であるLuaに対してC言語はスクリプト言語の対義語であるコンパイラ言語です。

コンパイラ言語は動作を確認しようとする度に「コンパイル」という言語を機械が理解出来るようにする動作に入る為、特に開発中の場面においては規模が大きくなればなるほどにその作業の時間が必要になります。

その分実際に動作させる場面ではスクリプト言語とは比較にならないほどに高速で動作するのが良さでもあり、C言語は特に動作が早い事から現在でも利用頻度が高くなっています。

 

【徹底比較!】UI vs UX!両者の違いから関係性まで、具体的な事例とともにご紹介します!

PCが普及したことにより、UIという用語は一般的になりました。そして近年ではUXという用語を合わせて頻繁に聞くようになりましたね。技術の進化とともに、ユーザーと仕組みを繋ぐUIは、より魅力的なデザインが求められています。そこで今回は、UIとUXの違いを確認しながら、その関係性や具体的な事例を紹介します。

 

UIとUXの違い

 

UIはユーザーと仕組みを繋ぐ

 

 

 UIはUser Interface(ユーザーインターフェース)の略称で、コンピューターや技術などとユーザーを繋ぐポジションを担います。特にPCやスマートフォン、公共のシステムなどを含むコンピューター操作の窓口です。

UIは、そのシステムの機能をユーザーが思い通りに利用するために、メニューに沿った画面遷移や、実行するためのボタンなどを設置します。

UIに一番重要な機能は、システムを使って目的を果たすために、できる限り分かりやすく、そして使いやすく設計することです。

 

UXはユーザーの体験

 

 

UXはUser Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略称で、技術やモノを利用したユーザーの”印象に残る体験“を表します。モノを利用した時に”これが欲しかった“と思わせるデザインやUIなど、リピートしたい体験を提供するのがUXです。

一度使ったら離れられない使い心地や、また利用したくなるUIデザインは、ユーザーの喜びや、その時の状況にマッチしたものです。

安全面を考慮して利用すべきモノには、デザインやUIでユーザーを安全な利用方法へ導きます。これもまた、UXデザインによって実現されるのです。

 

UIとUXの関係性

 

UIUXで洗練される

 

 

UIとUXは、その目的とデザイン性から、非常に密な関係性を持っています。UXをデザインする上で、それを表現する舞台がUIになるからです。

ユーザーにモノを使った体験を提供するために、UXデザインを行います。それは、見た目であったり感触であったり、あらゆる感覚でオペレーションを体験してもらわなければなりません。そのためには、UIの在り方からデザインする必要がありますので、UXデザインはUIの設計にまで影響を及ぼします

また、UXはユーザーの状況や期待値を考慮してデザインされ、それがモノのUIとして可視化されますので、製品の普及にとっても重要な役割を果たすのです。

 

UIの具体的な事例

 

CUICharacter User Interface

 

 

CUIは、文字列を使ってコンピューターを利用するためのUIです。全てをキーボードだけで操作し、命令コマンドだけでプロセスを実行します。

映画やドラマなどで、IT技術者のスペシャリストやハッカーが、黒い画面に向かってものすごいスピードでコマンドをタイピングするシーンを見かけますが、その画面がCUIです。

現在のようにGUIが普及する前は、一般的なUIとして、ユーザーとコンピューターを繋いでいましたが、現在は主にサーバーエンジニアやネットワークエンジニアが、サーバーやネットワーク機器を操作する時に利用されています。

 

GUIGraphic User Interface

 

 

WindowsやmacOSを代表するOSは、全てGUIによって作られています。

私たちユーザーは、目的の処理をアイコンやファイル名を“クリック”や“タッチ”する事で、直感的に操作し、その結果を視覚的に判断しています。

ひとつひとつのコマンドやプロセスが、全て画で表現されているので、それらを直感的に道具として利用することができます。また、GUIというUIが、タッチパネル操作というUXを実現しているのです。

 

スマートフォンアプリのUI

 

 

スマートフォンでは、必ずアプリをインストールして、アプリを起動してからその機能を利用します。その時、私たちユーザーがタップする画面がUIです。アプリが提供するサービスに、アプリの画面を通して繋がります。

スマートフォンアプリのUIは、PCモニタよりもはるかに小さいスペースに、分かりやすい配置をする必要があります

機能が多いアプリでは、ボタンの配置や画面遷移などといった細かな動作ひとつが分かりにくいだけでも、ユーザーは離れてしまいますよね。このようなことを避けるための設計にもUXデザインが重宝されます。

 

UXの具体的な事例

 

クイックホイール

 

 

クイックホイールは、AppleのiPodに搭載されたUIであり、UXです。このクイックホイール は当時、ユーザーに新しい体験を提供した技術のひとつです。

ホイールの上を指でなぞるだけで音量の調整をおこなったり、そこにあるマークを押すと曲送りなどができ、音楽プレーヤーのUIにおける新しい体験でした。

また、クイックホイールをなぞる動作に合わせた“音”に惹かれるユーザーも多く、感覚をUXデザインしたと言っても過言ではありません。

 

【徹底解説!】数学とプログラミングの関係性とは?!

本記事では、数学とプログラミングの関係性について解説していきます!よく、プログラミングといえば数学!なんて聞いたことがあるかと思います。しかし、実際はそうでもないかもしれません。一言にプログラミングといっても様々な分野があります。その中で、数学の知識を要求されるのは意外と少ないのです!

 

プログラミングには数学が必要なのか?

 

 

数学ができなくてもプログラミングは可能!

 

プログラミングは数学である!ってよく聞きませんか?確かに、プログラミングの考え方は数学に似通った部分はあります。

しかし、実際にはプログラミングと数学にはそのような関係性はなく、数学がわからなくてもプログラマになれます。

では、なぜプログラミングと数学はあまり関係ないのか、という疑問について解説していきます。

 

ほとんどは数学とは関係ない!

 

プログラミングと聞くと、よく知らない方からすれば『パソコンで難しいことをやっている』というイメージが強いと思います。

しかし、そのほとんどは数学と関係がなく、足し算・引き算・掛け算・割り算程度の小中学生レベルの数学の知識しか使いません。

また、一般的なWebアプリケーションのプログラミングを行う場合は、数学について考える必要はありません。

なぜかというと、データベースからデータを検索し、それを画面に表示させるプログラムや、Webサービスのログイン機能や掲示板の作成には、数学が用いられないからです。

 

さらに、これらは一般的なプログラマの業務内容であるため、このような作業を業務とする企業で業務を行う場合には数学は必要とされません。

 

数学はアルゴリズムの理解に必要

 

プログラミングにはアルゴリズムは必須です。中でもソートアルゴリズムを理解することは重要です。

なぜなら、アルゴリズムを理解しなければ応用することができず、アルゴリズムの計算量の解析、メモリの消費量の解析などをlog・指数関数の計算で求める必要があるからです。

 

数学の知識が必要な分野はある

 

 

ゲーム開発

 

ゲームの開発を行い場合には、数学の知識が必要となっています。ただし、スマホアプリでよく見るような2Dのゲームの場合は、数学の知識はあまり必要とされません。

しかし、PS4やNintendo Switchなどの据え置きの3Dゲームの開発には、高いレベルの数学の知識が必要とされます。

それは、ゲームプログラミングにおいて物体の動作を現実のものと近づけるために、物理演算を使ったり、3Dフィールドの構築数学の知識が必要となるためです。

 

具体的に言うと、ジャンプ動作、投擲動作などをよりリアルに再現する際に高いレベルの計算を行う必要があります。

 

人工知能

 

人工知能(AI)の分野は、近年目覚ましく発展しています。自動運転や画像認識などのシステム構築・実装をプログラムする際には、数学の知識を持っているほうが有利に働きます。

なぜなら、人工知能は多くのデータを取り扱う必要があり、高校・大学レベルの微分・積分などの高度な数学の知識が必要となります。

そのため、大学で数学を学んだ理系の方のほうが理解しやすく、数学が苦手な方にとっては理解が難しい分野であると言えます。

 

統計処理

 

統計処理はビジネス分野のマーケティングで頻繁に使用され、『統計学』の数学理論が必要となります。

統計学とは、データから規則性や傾向を導きだす学問で、ソフトウェアではマーケティングでよく用いられています。

また、研究機関に対して、データ解析システムをプログラムする場合でも統計処理が必要となるため、基礎の統計学である標準偏差・分散・最頻値などの知識が求められます。

 

その他

 

 

他にも、画像認識・信号処理には、フリーエ変換や微分・積分などの数学の知識が必要になります。また、テキストマイニングでは、機械学習のアルゴリズムを利用します。

※テキストマイニングとは、文章などの文字情報から意味を持つ情報を取り出す解析作業のことを指します。

 

他にも、データを見やすいようにグラフで表示するには、幾何学的な知識が必要となってきます。

勿論、ライブラリを利用すれば容易に作成できる場合はありますが、オリジナルで作成する場合は、幾何学の知識が求められます。