アフィリエイトとSEOの関係性を徹底解説!そもそもの違いから注意すべきペナルティまでご紹介します。

ネットビジネスについて調べていくと頻繁に目にする言葉にアフィリエイトとSEOがあります。多くの場合併用して登場するこの2つの関係性がイマイチ理解出来ないという人も多くいるのではないでしょうか?今回はアフィリエイトとSEOを関係性から違い、扱う上での注意点やペナルティなどを紹介していきます。

 

アフィリエイトとSEOの違いと関係性とは?

 

アフィリエイトとは?

 

 

アフィリエイトとはネットビジネスの一種で自身の運営するサイト、ブログに広告を貼り付けてその広告がクリックされる、広告先の商品が購入されるとサイト運営者に広告費として報酬が支払われるという形式を基本的な業務形態としています。

広告主からすれば成功報酬分のみ広告費を払う形で済むので費用の削減ができ、サイト運営者はサイトの運営で報酬が得られるメリットがあります。

 

SEOとは?

 

 

SEOとはSearch Engine Optimizationの略称で、日本語に置き換えると検索エンジン最適化を意味する言葉です。

検索エンジン最適化とはGoogleを始めとした検索エンジンは機械的に優先的に表示するサイト、ページを判断しているので自身のサイトをその検索エンジンの判断に合わせてより優先的に表示されるようにする事を言います。

 

アフィリエイトとSEOの関係性は?

 

 

このように検索エンジンに合わせてSEOを行う事をSEO対策と良い、アフィリエイトでは必須の作業だと言われています。

SEO対策自体はアフィリエイトサイト以外でも行われる事が多いですが、特に収入に直結するアフィリエイトサイトでは頻繁に行われています。

 

アフィリエイトで稼ぐならSEO対策は必須!

 

アフィリエイトでSEO対策が重要な理由!

 

 

アフィリエイトは基本的に広告をクリックしてもらって初めて広告費が発生します。広告をクリックしてもらう為にはより多くの人に見てもらう必要があります。

今ではSNSからの流入などもありますが、やはり一番流入の数が多いのが検索エンジンです。その為、検索エンジンの上位により優先的に表示してもらうSEOを行う必要が出てきます。

特に検索エンジンではやはり1番最初に表示されるページが多くクリックされる傾向が強く、2番目、3番目と下がる程にクリックしてもらえる確率は下がってしまいます。

それが2ページ目ともなると早々簡単にはクリックしてもらう事が出来ません。まずはページに来てもらわなければ広告がクリックされる確率は上がらないのでアフィリエイトサイトでは特にSEO対策がしっかりと行われています。

 

SEO対策は月日の流れで変化する

 

 

インターネットの普及以来、SEO対策は日々変化しているもので必ずしも特定の事だけをやっていれば良いと言うわけではありません。

検索エンジンもより上質のページを優先的に表示するべく様々なアップデートが行われており、その度にSEO対策は変化すると言われています。

当たり前ですが検索エンジン側は、どのようなページを優先的に表示するかに関して公表する事はないので、アップデートが行われる度に試行錯誤する形になります。

その為、過去には効果があったと言われるSEO対策が全く効果のないものになったり、最悪逆効果になっている場合もあります。

これは良質なページと同様に悪質なページもSEO対策を行っており結果として悪質なページが優先されてしまうという状態を打破する為のものです。

裏を返せば逆効果になって悪質なページと判断されるような事をしない事も1つのSEO対策と言えます。

 

効果があると言われるSEO対策

 

コンテンツの充実と質

 

 

現在、一番効果があると言われているSEO対策がコンテンツの充実と質です。

1つのページに最低限の情報しかな質の低いページは優先度が下げられ、検索ワードから連想出来る関係性の深い内容が多数書かれている質の高いページが優先的に表示されるようになっています。

質を高めようとすると必然的に文字数が増えるようになるので現在は1000文字の記事が10ページあるよりも10000文字の記事が1ページある方が評価されやすいと言われています。

とは言っても関係ない事をダラダラと10000文字書いているだけでは逆に優先度が下がってしまうと言われています。あくまでも評価が高くなるのは内容に沿った質の高い記事です。

一方でページが少ないとそれだけ検索ワードに対応出来なくなるので数を揃えて充実させる必要があるのもSEO対策としては重要です。

関連ページへのリンク等々、1つのページだけでは説明しにくい事を補完する内容などがあればより質の高い記事として評価される事になります。

 

被リンクを増やす

 

 

以前に比べれば効果は下がったとされていますが、それでも効果があると言われているのが被リンクの増加です。

 被リンクとは他サイトからのリンクの事で、被リンクが多い方がより優先度が高くなると言われています。

ただし、被リンクを狙ってランキングサイトや相互リンクなどを一度に大量に増やすと逆効果になるとも言われており扱いが難しいSEO対策です。あくまでも上質なサイトと判断した上でのリンクの増加が、効果があると言われています。

 

Geekly Media ライター

Lotus0

4+

トリプルメディアを徹底解説!それぞれのメディアの特徴とそれらの関係性を 分かりやすくご紹介します!

企業がマーケティング戦略を立てる上で、メディア活用が欠かせない時代です。その背景には、検索エンジンのロジックが変わったことで、一時期主流となった被リンクによるアクセス数稼ぎが通用しなくなったことにあります。今回は「トリプルメディア」について、それぞれの持つ特徴と関係性を解説していきます。

 

メディア戦略の鍵となる「トリプルメディア」

 

 

企業と消費者の接点となる3つメディアの総称

 

「オウンドメディア」という言葉は聞いたことがある人は多いでしょう。

「トリプルメディア」はその「オウンドメディア」を含む、企業にとって消費者との接点を持ち、マーケティングや広報活動に活用できる3つメディアを指したものです。

現在のWeb戦略において、メディア活用をしないという選択肢はゼロに等しいと思います。よって「トリプルメディア」の役割と相互性は、Webに携わる者として最低限理解しておくべきでしょう。

まずはそれぞれのメディアの役割と特徴を説明していきます。

 

広告の役割を担う「ペイドメディア」

 

 

マス広告やWeb広告が含まれる

 

ペイドメディア(Paid Media)は、企業が費用を払う(Pay)ことで使用できるメディアです。いわゆる「広告」のことですね。テレビや雑誌、新聞、ラジオなどのマス広告や、Web広告ではリスティング、バナー広告、他媒体でのタイアップ広告などがこのペイドメディアに分類されます。

 

短期的に大勢にアプローチしたい場合に適する

 

ペイドメディアは費用がかかる分、自社では集客が難しい客層や大勢の人に見てもらえるというメリットがあります

しかし、影響力は大きいものの、消費者には「広告」という認識しかされず、読み飛ばされるリスクもあります。また、費用をかけるほど、広告の露出を増やすことができる一方で、費用をかけなければ高い効果が得られない場合も多くあります。

ペイドメディアは、短期的に多くの集客を獲得したいときに力を発揮するメディアです。例えば、大規模なキャンペーンや新商品のプロモーションなどに適しています。

 

消費者発信の「アーンドメディア」

 

 

消費者発信のメディア

 

トリプルメディアの2つ目、アーンドメディア(Earned Media)とは、おもに口コミなどの消費者発信による情報により、評判を獲得した(Earned)ことでに認知されることができるメディアのことです。TwitterやFacebookをはじめとするSNS、個人のブログによる情報発信、また商品やサービスの比較サイトなどもここに含まれます。

(ただし、企業がその実態を隠して消費者をモニターとして利用し、商品の良い面だけを口コミさせる「ステルスマーケティング」はアーンドメディアとは区別します)

 

アーンドメディアは、発信が消費者側であることが特徴です。

ゆえに、消費者のリアルな声として客観性を担保され、他の消費者から共感や信頼を得ることができます。

 

企業の信頼性と顧客満足度アップが期待できる

 

 

SNSが顕著ですが、情報拡散の爆発力が特徴です。口コミの客観性が高ければ高いほど、

他の消費者からの信頼を得やすく、拡散数も比例して高くなる傾向があります。

また、口コミをきっかけとして消費者との接点が生まれ、企業側から消費者個人へ

アプローチすることもできます

つまり、相乗効果として顧客満足度アップに貢献できるメディアでもあります。

デメリットとしては、情報のコントロールが企業側でしづらい点です。

 

必ずしも良い口コミばかりが取り上げられるとは限りません。

企業が意図しないネガティブな口コミも発信されるリスクもあります。

中には、こうしたリスクを恐れて自社サイトにSNSのシェアボタンを設置しない方針をとる企業もあります。

 

しかし、アーンドメディアの拡散力・影響力はリスクを恐れて何も仕掛けないというのは損失に近しいほど、享受できるメリットは大きいです。

情報管理やリスクヘッジの体制を整えアーンドメディアをうまく活用できれば、

マーケティング戦略の大きな武器となることでしょう。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

4+

【AI】自然言語処理を徹底解説!基本的な説明からできること、AIとの関係性までわかりやすく解説します。

自然言語処理という言葉をご存知でしょうか。あまり聞き慣れない言葉ですが、実は私達の生活において必ずと言ってもよいほど用いられています。AIの世界においても使われていますが、自然言語処理そのものについては、AIが誕生する遥か前から存在しています。今回は自然言語処理とはどういうものか、わかりやすく解説していきます。

 

自然言語と機械言語

 

自然言語って何?

 

 

私達は人とコミュニケーションを取るときには、言葉やジェスチャーを使います。その人間同士のコミュニケーションツールとして使われる言語が、自然言語です。

言葉だけ聞くと専門用語のように聞こえますが、人間が誕生してすぐに自然発生した言語であるため、その歴史はかなり長いです。そして時代とともに自然言語も増えており、その種類も様々です。

 

自然言語に含まれている言葉の意味についても、時代とともに変化しており、昔と今では言葉は同じでも意味が全く異なる言葉というのも多く存在します。また、時代の変化によって意味が異なる他にも、文化的な違いによっても意味などが異なります。

日本語や英語などもまさに文化的な違いです。このように、自然言語というのは同じ言葉でも文化や時代によっては意味や言葉そのものが異なるという曖昧さを含んだ言語なのです。

 

機械言語との違い

 

 

プログラミングについて学習したことがある人であれば、一度は耳にしたことがある機械言語。その名のとおり、機械が使用する言語です。

機械言語は基本的に機械しか解読することができない言語であり、すべての機械で共通の言語が使われています。共通の言語が使われているということは、異なる機械でも意味や言葉そのものは全く同じということになります。

 

自然言語との違いはこの意味や言葉そのものです。もしも機械言語が自然言語同様に曖昧さを含んでいた場合、同じコンピュータでも処理の仕方などが異なったりと、何かと不便になります。

パソコンによって操作方法や処理速度が異なるということはありますが、処理方法などの基礎的な部分については共通しています。曖昧さを含んでいるか否か、という違いが機械言語と自然言語の大きな違いなのです。

 

自然言語処理とは何か

 

自然言語をコンピュータに処理させること

 

 

近くにいる人であれば、直接話しかけたほうがより確実に自分の意思などを伝えやすいです。しかしもしも、意思を伝えたい人が遠くにいる場合は、わざわざその人のところまで向かうのは非効率です。

そのような場合の通信手段として、手紙や電話などが誕生しました。そしてその通信機器の最終型とも言えるものが、パソコンやスマートフォンです。そのパソコンやスマートフォンで用いられている処理が、自然言語処理なのです。

 

例えば、相手に意思を伝えるときひらがなのみだと伝わりにくいです。しかし、漢字やカタカナを混ぜることによって、相手にわかりやすく伝えることができます。

その漢字やカタカナに変換するときに、この自然言語が用いられています。つまり、相手にわかりやすく伝えるための自然言語を、コンピュータに処理させることを、自然言語処理というのです。

 

自然言語処理の仕組み

 

自然言語処理の仕組みは、実は非常に簡単です。

まずは長文を打ってみましょう。そしてスペースキーを押すと、打ち込んだ言葉の上部もしくは下部に様々な予測変換が出てきます。この状態こそが、自然言語処理をしている状態なのです。

長文を打つと、単語ごとに区切られており、それぞれの部分で予測変換が出てきます。この状態のことを形態素解析といい、自然言語処理において最初のステップとなります。

単語のみであればシンプルにその単語の予測変換が出てきますが、長文の場合は複数の単語に区切られています。

 

そして自然言語処理が始まった段階で、ある程度最初の単語以降の言葉が変換されています。この処理のことを、構文解析といいます。

パソコンなどで日常的に使用されている自然言語処理は、主にこの2つの解析が行われており、形態素解析をしてから構文解析、という順序で自然言語処理をしています。しかし実は、その後に様々な解析が行われていますが、それは後ほど解説します。

 

自然言語処理の課題

 

長い文章での誤変換

 

 

自然言語処理によって、パソコンやスマートフォンを用いて文章で相手とコミュニケーションを取ることが容易になりました。

また、コミュニケーション以外にも、自分の考えなどを発信することも容易にできるようになりました。しかしこの自然言語処理というのは、一見優れているように見えますが、課題もまだあるのです。

 

その一つが、長い文章での誤変換です。長い文章に限らず、単語によっても誤変換が出ることもあります

最初の部分で自然言語について説明しましたが、自然言語というのは曖昧さがあります。つまり、同じ言葉でも前後の言葉によって意味や言葉が異なってきます

自然言語処理の形態素解析と構文解析だけでは、どうしても誤変換が出てきてしまいます。

 

和訳時の不自然な文章

 

 

日本語の文章を翻訳するとき、または英文を和訳するとき、皆さんはどうしますか。近くに英語に詳しい友人がいる場合はその人に頼むという方法もありますが、おそらく多くの人は翻訳アプリなどのツールを使うはずです。

しかし、英訳はすんなりできたとしても、和訳したときに不自然な文章になってしまう、という経験をしたという人も少なくありません。

 

英語などは日本語とは違い、かなりシンプルなものです。そのため外国人の中には、日本語は複雑すぎるから難しいという外国人もいるほどです。

複雑な構成の英文を和訳すると、日本語が不自然になってしまう原因は、意味解析や文脈解析の技術が追いついていないためなのです。

この部分の課題については、AIや自然言語処理が進歩した現在でも、完全に解決されたわけではありません

 

自然言語処理とAIの関係性

 

意味や文脈の解析には大量のデータが必須

 

 

自然言語処理というのは、パソコンやスマートフォンはもちろん、AIでも必ず使用されています。

とくにAIの場合は、従来の形態素解析や構文解析の他にも、意味解析と文脈解析という処理が必須になります。これにより、よりわかりやすく正確な自然言語処理が可能になります。

しかしこの意味解析と文脈解析の精度を上げるには、大量のデータが必要不可欠となります。

 

言葉というのは時代によって意味なども異なります。とはいえ、機械は時代の流れや文化的な違いということについては理解することができません

それでも人間と同じような自然言語処理をするには、大量のデータをコンピュータに覚えさせる必要が出てきます。

そうして大量のデータを覚えることにより、AIも人間と同じような自然言語処理ができるのです。

 

機械の性能向上と自然言語処理の精度

 

大量のデータがAIの自然言語処理の精度を向上させる上で必要だと説明しましたが、では一体なぜ現在までにAIの自然言語処理の精度が向上したのか、ということになります。

AIが開発された当初から、機械学習の一つとして自然言語処理を取り入れていましたが、当時はデータを一つずつAIなどのコンピュータに覚えさせる作業が一般的でした。

当然のことながら時間もかかり、大量のデータを覚えさせるには、それなりに時間と労力が必要です。

 

しかし2000年代になるとインターネットが発達し、それに合わせて機械そのものの性能も向上しました。

これにより機械に覚えさせるスピードが速くなり、それでいて一度に多くのデータを覚えさせることも可能になりました。

さらに、インターネットの発展によって機械に覚えさせる情報も手軽に入手することができるようになったため、AIの自然言語処理も飛躍的に向上したのです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

4+

IoTと組み込みの関係性を徹底解説!組み込みエンジニアが求められるようになる開発スキルも合わせて解説します。

ネットワークへの接続手段として、主にPCやスマートフォンが思い浮かびます。しかし今後広がるIoTでは、家電を含めた身近なデバイスがインターネットに接続されます。キーワードとなるのは「IoT」と「組み込み系」です。今回はIoTの概要を交えながら、IoTと組み込みの関係性と組み込みエンジニアに必要なスキルを解説します。

 

IoTの概要

 

IoTは「Internet of Things」の略称で、日本語では「モノのインターネット」と翻訳されます。

産業に関わる機器から家電に至るまで、モノがインターネットに繋がることで“状況を把握して最適な動作を実行する“ことが一つの目的です。

 

・IoTが細部まで浸透すると、次のようなことが期待されます。モノの状態を知る

・遠隔でモノを操作する

・モノが状況に合わせて稼働する

 

例えば、モノの状態を知ることで、機器や建物の老朽化などを事前に察知することができますし、帰宅に合わせて自宅の家電にスイッチを入れることも可能です。

また、モノ同士がお互いのデータを確認することで、状況に合わせた動作(家主が自宅から数メートル圏内に入ったらスイッチをONにするなど)を、人が意識することなく実行できるようになります。

 

ここに深く関わる技術が「センサー」であり、それはモノの周辺データを収集する機能です。

温度や湿度、距離や場所、人の体調やこれまでの行動データまで、あらゆる情報をセンサーで集め、インターネットを経由することで人の行動よりも一歩先の動作を行うのです。

 

IoTから想像される日常生活

 

 

具体的に、IoTが普及した未来の一日を想像してみましょう。

朝目覚める10分前に「コーヒーメーカー」がコーヒーを沸かし始めます。朝起きると同時に「テレビ」と「電気」にスイッチが入り、カーテンが開きます。

 

これら家電の動作は、全てベッドに搭載された生体センサーによって人体のデータが収集され、インターネットを通じて情報を受信した家電(モノ)が判断し、実行しました。

靴を履き玄関を出て1メートル歩くと、玄関の鍵が施錠されます。部屋にある機器で不要なモノの電源はOFFになり、必要最小限の電力だけで待機します。

これらは、スマートフォンに搭載されたGPSで家からの距離を読み取り、その情報を家中のモノがインターネットを通して受信し、実行しました。

 

仕事が終わり帰路に着き、駅の改札を通過した情報が自宅の家電に伝わります。その日の気温と湿度から、エアコンや加湿器が稼働を始めます。

自宅に近付いた時、バスタブには既にちょうど良い湯加減のお湯が張られており、玄関のドアから1メートル前に近付くと鍵が空きます。

 

人は何も操作することなく、大まかな目的のために動いているだけで、モノが状況に応じて実行するのです。全ては、家電(モノ)に搭載されたセンサーが状況を知り、インターネットを通じて連携した結果なのです。

上記はかなり先の話になってしまいますが、このような未来を実現できるひとつの概念が「IoT」なのです。

 

組み込みエンジニアの役割

 

まずは、組み込みエンジニアの役割を見ていきましょう。

 

組み込みエンジニアとは

 

 

私たちが日常生活で使用する冷蔵庫や電子ジャー、そしてお風呂に至るまで、あらゆる家電には全てコンピューターが搭載されています。

それらコンピューターは、温度調整やタイマー機能をはじめとした制御機能を持っており、人がどのような操作をしても基本的には壊れない(エラーにならない)作りになっていますね。

組み込みエンジニアとは、身の回りの家電や自動車など、機器に搭載されているコンピューターの制御システムを開発するエンジニアのことなのです。

 

IoTと組み込みの関係性

 

それでは、IoTと組み込みの関係性を見ていきましょう。

 

IoTはデバイスに組み込まれるセンサーが重要

 

 

IoTが普及するには、あらゆるモノにセンサーの搭載が必要となります。そして、センサーから収集されるデータは、モノが動作するために組み込まれたコンピューターで制御されます。

センサーとモノ(機器)を繋ぐのが「組み込みエンジニア」の役割となるのです。

 

IoTの具体例

 

 

IoTは既に、私たちの生活の中に少しずつ入り込んでいるのです。その具体例としては、以下のようなものが挙げられます。

 

・家電の遠隔操作:スマートフォンを使ったIoTリモコン

・電池型IoT:スマートフォンで電池を直接コントロール

・空き状況の確認:会議室や公衆トイレの空き状況をリアルタイムモニタ

・建物のモニタリング:橋や建物の異常をモニタリング

 

などです。

 

家電から公共施設まで、あらゆるモノの情報をインターネットに繋げる具体例が、今実際に広がりつつあるのです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

4+