面接の準備を徹底解説!面接の準備には2種類の準備が必要だった!

ただでさえ緊張してしまう面接には、準備を万全にしておきたいですよね。いくら準備をしても安心できません。実は、面接の準備にはとても大切なポイントがあるのをご存じですか?この大切なポイントを知っているかどうかで採用の合否に大きく影響するのです。そこで本稿は面接での大切なポイントについて解説します。

 

面接を上手に「こなす人」と「こなせない人」

 

 

持っている資格や仕事の出来具合もあまり変わらないのに、妙に面接に強い人って周りにいませんか?

というよりも、実際の仕事の出来具合は自分のほうが上、なんてケースもあるでしょう。

 

履歴書をみても出身大学は上だし職務経歴書もひけを取らない内容なのに、面接に通過できないジレンマ。

少し嫉妬してしまうくらいの差が生まれています。

 

面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」の原因があるとしたら知りたくありませんか?

今回は面接で差が出る原因と準備するコツを解説します。

 

面接を上手に「こなせない人」のあるある

 

 

筆者が民間企業で勤めている時代に、総数でいうと2,000程度の人達を面接してきました。

1次面接の時もあれば、2次面接の時もあります。

 

これだけの面接をする件数を重ねていくと、次第に入室した瞬間に合否がわかるようになっていたのです。

不思議ですよね。まだ話もしていないのに内定を貰う人がわかるのです。

 

一瞬超能力でも身についたのかと考えましたが、そんなことがあるはずもなく単純に面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」にはある傾向がありました。

まずは、面接を上手に「こなせない人」の特徴から解説します。

 

本当に面接しに来たんだよね…

 

人の印象は初めて目にした姿で大半が決まるのは有名な話。

この有名な話は特に面接ではとても大切なことなのです。格好良い、可愛いなどの見た目のことではありません。

 

面接官も採用する立場の役割を演じて、応募する人達を迎え入れます。

筆者が民間企業で面接をしていた当時は、入室した瞬間に頭から足下まで一通りチェックしていました。

ここ最近はラフな服装でもOKである企業も出始めていますが、まだまだ日本はアメリカ式のビジネスマナーが重視されています。

一言でまとめると清潔感ある見た目が重要です。

2次会に来たわけではないのですから、髪型やネクタイ、シャツのボタン、靴で好印象を与えなければなりません。

 

採用担当者も面接する前は自分の身なりをチェックしているのですよ。

 

ガチガチの優等生回答

 

 

良く面接のマニュアル本などでとても勉強してきたのはわかるのですが、採用担当者が知りたいのは素のあなたです。

最低限のマナーさえあればマニュアルはかえって邪魔になります。

 

本人からしたら上手に受け答えしているつもりなのでしょうが、面接官からしたら音声録音を聞いているようなもの。

どの本で勉強したのかもわかってしまいます。

企業で働くようになれば、その組織のルールに従うのは当然のこと。

しかし、面接は人間性を確かめる場でもあります。決まり文句ほど面接官を退屈にさせるものはありません。

 

書類と異なる大きなギャップ

 

面接前に書類選考がありますよね。

この書類選考でチェックしている箇所は誤字脱字や経歴はもちろんのこと、如何に読みやすい書式であるかもみられています。

 

あなたが面接のアポイントをゲットできたのは、自信を持って良いことなのです。

それだけ上手な書式を作れているのに、問題になるのは履歴書の写真のこと。

 

これだけは覚えておいて欲しいのですが、履歴書の写真と面接時の印象を変えないでください

なぜかというと、履歴書の写真も書類選考の大切な判断要素だからです。

履歴書の写真は一般的に3か月程度の期間内に撮影されたものを使用するといわれています。

 

しかし、本命の企業なら履歴書を送付する直前に撮影した写真を送るのが無難です。

なるべくなら履歴書の写真とギャップを感じない気遣いをしましょう。

 

面接を上手に「こなせる人」のあるある

 

 

それでは面接を上手に「こなせる人」の特徴を解説します。

そんなの当たり前であるということの中にも、とても大切なポイントが隠されているのです。

 

採用担当者の心証を良くするためには、人とのかかわりにおける当たり前であることにしっかりと対応しなければなりません。

基本は人とのコミュニケーションということです。

 

そこで面接を上手に「こなせる人」となれるように、「清潔感」・「言葉」・「情報」をキーワードにしてお伝えします。

どのようなことがポイントなのか気になりますね。

 

清潔感のある見た目

 

あなたが面接する前に十分に気をつけて欲しい点が「清潔感のある見た目」です。

「清潔感のある見た目」となるために、具体的なポイントを紹介します。

 

まずは頭髪ですが七三分けにしろというわけではなくて、あなたの表情を面接官がしっかりと確認できるスタイルにまとめてください。

良い表情をみせると心証がグッと良くなります。

 

次は服装になります。スーツのシワはもちろんのこと、男性であればシャツのボタンを全てつけてネクタイの曲がりをチェックして、三角のバランスを研究してください。

 

最後は靴です。

新しい靴である必要はありませんが、キラキラと光るくらいに磨き上げてください。また靴下はビジネスでは黒が基本です。

間違ってもカラフルな靴下は避けてください。

 

自分の言葉で話せる

 

 

面接を上手に「こなせない人」では、音声録音を聞いているようだと表現しました。

採用担当者はあなたの人間性を確認するのに面接をしています。

マニュアル通りの受け答えでは、あなたという1人の個性が失われてしまいますよね。

マニュアル本は参考程度に確認して、それを元にどのような言葉に置き換えられるかを考えてください。

面接を上手に「こなせる人」は型にはまっているような受け答えだとしても、必ずその人の主張を感じられます。

この主張が採用担当者の心を動かすのです。

 

面接中の情報もプラスアルファ

 

募集要項には求めるスキルが書かれているケースがあります。

しかし、一体どの程度までの力量を求めているかまではわかりません。この点は面接のやり取りで判断できるでしょう。

 

たとえば「○○の営業経験者求む!」と募集要項にあったとします。

この1文では募集背景までは掴めません。もしかしたら新規事業の立ち上げの管理まで求めているかもしれないからです。

 

面接を上手に「こなす人」はこのような情報収集のアンテナを面接中でも敏感に張り巡らせています。

企業が求める人物像に近づくように、面接中で話の内容を変化させていきましょう。

 

面接は「1次」と「2次」で大きく変わる!

 

 

書類選考を通過して面接に入ると、規模の大きな会社であれば「1次」と「2次」が行われます。

これら2つの面接を同じように考えていませんか?

実は、同じように感じる2つの面接は、同じ企業であっても全く別物なのです。

この差を見誤ると大失敗してしまう可能性が高まります。

 

はたして2つの面接にはどのような差があるのでしょうか?

 

面接官の立場

 

まず2つの面接で大きく違う点は、面接官の役職の違いです。

「1次」で登場する面接官は、大抵課長クラスの人でしょう。「2次」では重役と呼ばれる人達が面接官です。

仕事には権限と裁量があるために、立場によっては答えられない質問もあります。

面接で張り切る気持ちもわかりますが、1次面接で核心に迫る質問は控えたほうが良いでしょう。

 

質問内容も違う?

 

 

実は、2つの面接でされる質問内容も違うのです。

たとえるならば「1次」は世界全体で、「2次」は日本という位に質問の質が変わります。

「2次」では、あなたがどれだけ自社に貢献できるのかという深い質問もされるでしょう。

「1次」よりも「2次」では、一層説得力のある回答が求められるということです。

 

「2次」はくせ者ぞろい

 

「2次」面接を担当したことがある筆者がいうのも何ですが、相当なくせ者ぞろいであると認識してください。

「2次」の面接官は自社や取引先などの、あらゆる人達を相手にしています。

うわべだけの回答は一瞬で見破られてしまうでしょう。

「1次」よりも「2次」の面接では、さらに熱のこもった回答を用意しておかなければなりません。

 

面接官の表情はあなたの表情

 

 

面接での感触を判断する方法として、採用担当者の表情をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

面接中のあなたの気持ちは、採用担当者の表情に映し出されています。

たとえ上手に言葉が出なかったとしても、あなたの気持ちが熱ければ伝わるでしょう。

面接の大切な最後のポイントは、あなたのハートです。

 

最後に

 

 

ここまで面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」、「1次」と「2次」の面接の違い、「ハート」について解説してきました。

上手に話ができるよりも大切なのは「ハート」です。

Geekly Media ライター

SHIN

転職面接の質問を徹底解説!回答方法のお手本とともに公開!

転職するのに面接でされる質問って緊張しますよね。ある程度質問を予想して面接にのぞみますが、結局考えていたことを上手に話せなかったなんて結果も。採用する側の企業の質問にも型があって、回答にも型があるのをご存じですか?そこで本稿では、転職の面接について、民間企業で人事採用経験がある筆者が徹底的に解説します。

 

転職面接で悩みやすい質問を上手に答えるには?

 

 

短い時間であなたの印象を決定づけるのが転職面接です。転職の面接にはどう答えて良いのかわからない質問もたくさんあります。どのような回答が正解なのか迷ってしまいますよね。

実は、企業が行う転職の面接にはある程度の型があるのです。短い時間のやり取りで採用するかどうかを決めるのですから、1つ1つの質問には意味があります。

そこで今回の内容は、転職の面接で良くある質問を序盤と中盤、終盤、最後に分けての解説です。答えにくい質問にはどう対処すれば良いのでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

 

転職面接の序盤にされる良くある質問

 

 

転職の面接序盤にほとんどの企業が行うであろう、代表的な質問について解説します。筆者も、全国展開をしている大手量販店での人事採用面接で必ずしていた質問です。

当たり障りのない質問のように感じますが、転職面接の序盤の質問は意外と重要なポイントになります。ここでのアピールの仕方次第で、転職の結果が変わるかもしれない大切なものです。

転職面接の序盤では、「自己紹介とPR」の質問は必ず聞かれます。採用側ではこれらの質問に、どのような意味を込めているのでしょうか。

 

自己紹介とPRは最高のチャンス!

 

「自己紹介とPR」は緊張をほぐすためのさわりの質問だと考えていませんか?実はさらっと序盤にされていますが、転職の採用の合否に関わるウェイトが大きい質問です。

面接自体が採用する企業の担当者から質問される流れであって、自ら積極的にアピールできるのは「自己紹介とPR」の質問のときだけです。

こんな絶好のチャンスを逃す訳にはいきません。対策をしっかりと練って、採用担当者の心を動かす「自己紹介とPR」にしたいものです。

 

自己紹介とPRに含まれる意味は何?

 

 

転職の面接で質問される「自己紹介とPR」では、簡潔にまとめる力と提案力、具体化する力をみています。「この質問でそこまで判断する?」と感じるかもしれませんが、これは事実です。

仕事ではクライアントや協力会社、社内に対しての連絡事項や重要な約束事を短く、わかりやすく伝えなければなりません。

また、企画や商品を売り込む提案力も求められます。採用側の企業は、あなたの現時点における能力を判断しているのです。

さらに、これら2つの能力が高ければ、面接のやり取りにも説得力が増します。これが最後の具体化する力ということです。自社でどのような働きをみせるのかを想像しやすいですよね。

 

上手な自己紹介とPRの仕方

 

あなたのことをアピールできる時間なので、たくさん内容を盛り込みたくなりませんか?しかし、あまりにもたくさん内容を盛り込んでも、採用担当者には伝わりにくくなってしまいます。

上手な「自己紹介とPR」の仕方にも型があるのです。その型は①アピールポイントを明確に、②どのような経験をしたか、③転職先にどう活かせるか、の3つになります。

まず転職先の状況を踏まえた、あなたのアピールポイントを1つまとめてください。そこに経験を話すことで説得力を高めて、企業に貢献できる内容で締めくくります。

 

転職面接の中盤にされる良くある質問

 

 

「自己紹介とPR」が一段落すると、企業の採用担当者が主導となる質問が開始されます。転職の面接の中盤にする回答は、あなたがアピールした内容に説得力を高める要素となるのです。

序盤のアピールが上手にできても、話を聞いていく内に首をかしげてしまうこともあります。あんなに上手にアピールできていたのに勿体ないと感じたケースが多々ありました。

そこでここからは、転職の面接中盤で核となる「志望動機」の質問について解説します。どうすれば上手に「志望動機」を話せるのでしょうか?

 

転職の面接では志望動機を必ず聞かれる!

 

「志望動機」も転職の面接では必ず聞かれる質問の1つです。必ず聞かれる質問だとわかっているのに、しどろもどろになってしまう人って意外とたくさんいます。

この質問にしどろもどろだと、本当に応募している企業の業種で仕事をしたいのか疑われても仕方ありません。仮に異業種から申し込んでいるなら尚更です。

申し込んでいる企業につながるように話をまとめると説得力のある回答ができるでしょう。質問の回答はあまり広い視野で考えてしまうと失敗します。

 

どうして自社なのかを知りたがっている

 

 

筆者が民間企業で面接官をしているときに、採用面接ってなんだか恋愛と似ていると感じていました。応募してくる人達は、好きな人に告白しようとしている姿と重なるのです。

告白相手になる企業は、「なんで私なの?」と不安に感じています。告白されたから「どこが好きなの?」と聞いてみて、「何となく…」といわれたらどう感じるでしょう。

恋愛も付き合うのだったらなるべく長く関係を保ちたいもの。採用する企業も長く勤めて欲しいと考えているのです。決め手に欠く回答だとガッカリしてしまいます。

 

上手な志望動機の答え方

 

「志望動機」の上手な答え方を伝える順番は「自己紹介とPR」と同じで構いません。ここではどこに着地点を置くのか、ということをテーマにします。

Geekly Media ライター

SHIN

転職経験者が教える「希望年収は?」に対する回答はコレ!年収アップ額の相場から履歴書での書き方まで徹底解説!

転職の目的の一つに、年収アップがあります。
給料が上がればその分生活も豊かになるので当然のことです。
しかし、面と向かって「希望年収は○○円です!」とは言いにくいもの…。
面接の場で聞かれても、答えにくくて回答に困ってしまうところです。
今回はそんな希望年収の伝え方について、解説していきます!

 

転職最大の目的が年収

 

 

給料は様々な要因で決まってきます。

お金はあなたのライフプランにも大きな影響を与えますので、簡単に譲歩できるものではないです。

あなたが転職する最大の目的が、年収額のアップならば、年収が上がる環境を選ばなければなりません。

実際にはどうでしょう?

あなたの転職の最大の目的は何でしょうか?

今一度見つめ直してみて下さい。

 

転職で年収はUPする?実際には・・・

 

 

転職での年収UPの可能性はある!

 

転職すると年収が下がるというのは一般的に言われていることです。

実際に転職して給与が下がったというのはよくある話ですし、私自身も転職して給料が下がった経験があります。

では、どうして給料が下がったのでしょうか?

大きな要因は、転職してキャリアチェンジしたからです。

転職を機に、今までのキャリアとは別のキャリアを積むことを決めて転職活動をします。

そうすると未経験での採用という形になり、今まで積んできたキャリアとは別のキャリアを積むことになります。

言ってみれば「新卒よりいくらかマシな人材を採用した」ということです。

これでは年収のアップは望めませんね、

しかし、キャリアアップを目的の一つとしていけば、即戦力として見ていただくことができるため、給料のアップも望めます。

要するに境遇次第では、年収アップの可能性は十分にあるということです!

 

企業の原資によってはアップの可能性も

 

転職先の企業規模によっては、年収アップの可能性も十分にあります。

原資が潤沢にある企業に転職して、今までと同じ仕事でも年収が上がったという話はよく聞きます。

中小企業よりも大企業のほうが、人件費に費用を割けるというものです。

ただその分、選考はかなり厳しくなると思われます。

大企業はいい人材を確保するために様々な手法を使います。

さらには費用もかけています。

また、応募者の数も大変多いと予想されます。すなわちライバルの数も多いということです。

大企業を志望しているライバルたちに勝って、年収アップが実現するのかもしれませんね。

 

年収アップ、年収ダウンはどのようにして起こるのか

 

 

キャリアチェンジでは年収アップの望みは薄い

 

先述した通り、キャリアチェンジでは年収アップの望みは薄いです。

今まで自分が積み上げてきたものの大部分が転職先で生かせないケースが非常に多いからです。

ビジネスマナー・ビジネススキルやパソコンスキルなどは前職で培ったものを活かせるのですが、仕事のノウハウなどは今までの経験とは違うものになるため、活かすことができないというケースが多いです。

キャリアチェンジしても企業の規模が大きく、原資がある場合には年収アップする可能性も十分にあります。

ただ、中途採用において採用した企業側が期待するのは、即戦力としての活躍が大きいです。

そのため、一般的にはキャリアチェンジでの年収アップは望みが薄いと言えます。

 

キャリアアップの転職ならば年収アップの可能性も大きい

 

前職での自身の経験をフルに生かし、転職先でさらなる成果を期待されているキャリアアップ転職においては年収アップの可能性はとても大きいです。

転職したことで新たに役職がついたり、転職先にはなかったノウハウを持ち込むのですから、その人の価値は高くなります。

バリバリの即戦力なわけです。

こういった転職をした人材には、ある程度の成果を保証できるだろうと見込みと期待を込めて、年収額をアップして採用をしてくれる企業も多いです。

 

「希望年収は?」に対する回答はコレ!

 

 

素直に答えてしまって問題ない!

 

面接の際に「希望年収は?」と聞かれることがあります。

一瞬「なんて答えればいいんだ?、どう答えるのが正解なんだ?」と悩んでしまうことってあると思います。

思っていても言うことができない日本人の風潮ですね。

でもこれ、本当に答えるのが難しいです。

「貴社のご評価に従います。」というほうがいいのかな?と考えてしまったり、少し多めに伝えて下げられるのか・・・。

こういう時は素直に「○○円です」と答えてしまって問題ありません。

ただし、その額が通るかはわかりません。

この段階で採用する企業側が想定している年収額なんてわかりません。

考えても仕方がないことです。それよりもきちんと自分の希望を伝えるほうがいいです。

 

伝え方が重要!希望は最低額と本当の希望額を伝える

 

素直に伝えていいとは言いましたが、実際には伝え方も大事です。

転職して年収がダウンすることは避けたいですよね?

ではどう伝えればいいのでしょうか?

まず、希望金額を伝えた上で、それでも最低この金額は保証してほしいという金額を伝えます。

「希望年収は○○円です。でも最低○○円はいただけるとありがたいです。」

このような伝え方で問題ないです。

後は企業が判断してくれます。

「この人は、この金額で採用するに相応しいかどうか・・・」というふうに。

希望を伝えておくことで、年収ダウンを防げる可能性があります。

下がるにしても、ダメでもともとのつもりできちんと自身の希望は伝えるのがいいのではないでしょうか。

 

給与交渉はどのようにすればいい?

 

 

 

希望年収額は面接で必ず聞かれるわけではない

 

ここまで希望年収額を聞かれる前提で話を進めてきていますが、必ず聞かれるわけではありません。

むしろ聞かれたら「ラッキー!」と思ったほうがいいかもしれません。

ただ、「聞かれなかったから・・・。」と交渉しないのは少しもったいないと思います。

聞かれなくても交渉はしたほうがいいです。

タイミングは大変難しいですが、内定前の条件提示の段階がいいでしょう。

ダイレクトに給与の話になる場面ですので、比較的切り出しやすいタイミングです。

 

転職エージェントから応募の場合はエージェント経由で交渉

 

 

転職エージェントから応募している場合には転職エージェントの担当の方に給与について話をしておくといいです。

転職エージェントの担当の方が企業と交渉してくれます。

交渉のノウハウを持っていることはもちろん、エージェントは成果報酬型が多いので、担当者の売り上げにも直結します。

エージェントによって異なりますが、一般的には採用した方の想定年収の30~35%といった報酬がエージェントに入るといわれています。ですので、年収額が高ければ高いほどエージェントも潤います。

 

履歴書の希望年収額 どう書けばいい?

 

 

書いてもOK!ただしリスクも伴う

 

履歴書へ希望年収額を書くことは問題ありません。

素直に記載していいです。ただ、リスクも伴います。

面接の機会をもらう前に、希望年収額と企業が想定している採用した人の想定人件費に大きな乖離があった場合には面接の機会もいただけずに、採用を見送られるケースもあります。

このリスクをはらんでも年収アップを図りたい人は、履歴書へも書くべきです。

こういったリスクを回避したい場合には「貴社規定に準じます。」と記載しておけば無難です。

 

最後に~最低希望額と希望額を伝えるべし!

 

 

転職において希望年収を伝えることは一つの交渉です。

この交渉をすることは年収アップの大事な要因になります。

伝え方は希望年収を伝えた上で、最低希望額を伝えるようにしましょう。

何度も言いますが、年収額のアップが目的で転職をするのであれば、年収額にこだわらないと、満足のいく転職になりません。

あなたの転職の目的は何ですか?

年収ならば、その金額はいくらでしょうか?

転職には必ず目的があり、その目的を達成して初めて満足のいく転職ができます。

あなたの目的を見失わないでください。

そして慎重に転職をしてください。

Geekly Media ライター

Terrace Factory