PG(プログラマー)とSE(システムエンジニア)って何が違うの?職務内容や必要なスキルなどを徹底比較!

本記事ではPG(プログラマー)とSE(システムエンジニア)の違いについて解説していきます。PGとSEは似たような職種なので同じような仕事を行っているイメージを持っている方もいると思います。しかし、SEとPGは職務内容や必要なスキルなど様々な面で異なっています。今回は、両者の相違点を比較しながらわかりやすく解説していきます。

 

SE(システムエンジニア)ってどんな職業?

 

SEとは、簡単に言うとプログラムの設計を担当する役職のことを指します。

システム開発には、要件定義→システム設計→システム製造→テストの流れで進行します。この中でSEは要件定義からシステム設計を担当します。

他にも、SEは複数のプログラムを連携させたテストやシステム全体の動作をチェックするテストも行います。

そのため、要件定義や、テスト、システム設計を行うSEは、ITスキルだけでなく設計書・試験項目表を作成するドキュメント作成スキル、システム開発に関する知識が求められます。

また、クライアントと話し合う機会もあるためコミュニケーションスキルが必要です。

しかし、SEの仕事内容は曖昧となっており、PG(プログラマー)、Webデザイナー、コーダーなどの職種の人材を組み合わせ、チームとして構成する場合があります。

これらの仕事の分担は会社によって異なるため、SEが担う仕事の量も会社次第で変化するので注意が必要です。

 

PG(プログラマー)ってどんな職業?

 

 

PGとは、SEが作成したシステムの設計書通りにプログラミングを行う役職です。下流工程と言われる、システム開発の製造工程は、PGが担当している仕事です。

ただし、システムの設計書には最低限の内容のみ書かれているため、必要とされる動作をコードで実行するにはPGの腕が重要となります。

一見同じ動作のプログラムであっても、コードの出来不出来で動作の遅延の原因となったり、バグが発生しやすかったりします。

他にも、プログラマーはコーディングしたプログラムの単体テストまで担当しています。これは今後の作業の進行に重要な作業となっています。

これらのことから、プログラミングスキルだけでなく、自分のプログラムに責任を持ちきちんと細かな部分までチェックする必要があります。

 

SE(システムエンジニア)の仕事内容とは?

 

 

要件分析・定義

 

SEの基本的な仕事としては、システム開発全体の業務のマネジメントを行う必要があります。

その工程の最初に行われる、要件分析と呼ばれる作業工程では、クライアントの求めるシステムをヒアリングする役割を担う、重要なSEの仕事となっています。

また、要件定義はクライアントからの要求を分析して、システムやソフトウェアの開発の中で必要な機能を明確にする作業のことを指し、これも重要なSEの仕事です。

 

基本設計

 

基本設計とは、クライアントからの要求分析を行い必要な機能を明確化した後に、システムをどのように構成するかを定めるSEの仕事です。

 

詳細設計

 

詳細設計とは、開発するシステムを基本設計で大方決めた後に、実際に開発するプログラミングの工程に必要な詳細な設計を行う仕事です。

 

論理的思考力

 

担当している仕事内容にかかわらず、SEは物事を論理的に考えるスキルは重要です。

複数の物事の法則性を素早く読み解き、正しい方法で実行するスキルが求められるため、未経験者であっても論理的思考力があればSEとして採用されやすい傾向があります。