【徹底比較!】HTML vs CSS!両者の違いからJavascript、PHPとの関係性まで分かりやすく解説します!

インターネットとは切っても切れないWebサイト。Webサイトの多くがHTMLなどの言語で作られており、これらの言語で作られたWebサイトは日常的にpc、スマホ、タブレットなどで閲覧できます。今回はこれらの言語の名前の意味などの基礎を始め、仕組みや使い方、言語習得のコツやアドバイスまで紹介致します。

 

そもそもHTMLとCSSって?

 

「HTML」&「CSS」の2つを簡単に説明

 

 

そもそもこれらの意味がわからないなんて人が大半ですよね。簡単に大きく別けて説明していきます。

 

・HTML

「HTML」は『Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)』の略です。Webページを作るための最も基本的なプログラムの言語のひとつです。

・CSS

「CSS」は『Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)』の略です。ウェブページの文章のスタイルの指定をする言語です。

 

JavascriptとPHPとは?

 

「javascript」&「PHP」の2つを簡単に説明

 

 

・javascript

「Javascript(ジャバスクリプト)」は、有名な「java」と名前が似てますが全く別の言語です。

当時から人気があったjavaの良い波に乗りたいがために名前を「LiveScript」から「javaScript」に変更したと言われている言語。「javascript」の使い方はウェブページに動きをつける用途で使用されます。

・PHP

「PHP」は『PHP: Hypertext Preprocessor』の略。The PHP Groupによってコミュニティベースで開発されたオープンソースの公式汎用言語。主にサーバー側で使用

 

HTMLとCSSを簡単に説明

 

HTMLとCSS

 

 

・HTMLとは

HTML(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)はWebサイト作成で最も多く用いられる言語です。

これから「ハイパーテキスト」「マークアップ」「ランゲージ」3つに分けて説明していきます。

 

ハイパーテキスト

ハイパーテキスト(HyperText)とはハイパーリンク埋め込み高機能を搭載しているテキストのことを表します。Webページをクリックすると別のページに飛ぶURLリンクのことです。

ハイパーテキストにはハイパーリンク機能で音声データや画像、動画、などサイト内に埋め込みすることが可能。情報と情報を繋げ整理する機能が使えます。

 

マークアップ

マークアップは目印をつける意味を示します。見出し、リスト、段落、などの文章の各部分を要素といいます。検索エンジンがWebページの構造を理解し分析、関連しやすいように示す事を意味します。

 

ランゲージ

ランゲージの意味は言語。簡単に例えると、人とコンピューターにおける翻訳ルールがHTMLです。

・CSSとは

CSS(カスケーディング・スタイル・シート)はHTML、XMLなどの要素をどのように修飾表示するか示す事ができる言語。体裁と文の構成を分離させる事ができるのがCSSです。

 

これから「カスケーティング」「スタイルシート」に別けてIT単語の意味を説明していきます。

 

カスケーディング

連鎖的あるいは段階的に物事が数珠のように同じものが連なる様子を表す。例えるなら小さな滝。何段も連なった数字や文字が小さな滝の様に見えることからこの様に呼ばれています。

 

スタイルシート

文字の見栄えなどの文字の大きさや色、字体などの修飾表現をひとまとめにして捉えるデータファイルなどを示します。

 

javascriptとPHPを簡単に説明

 

JavascriptとPHP

 

 

・Javascriptとは

javascriptは主にクライアント側(サービス利用のユーザー側)で使用される言語。静的(クライアント側)動的(サーバー側)と業界では呼ばれます。

静的なWebページで用いられるのがjavascriptです。他にもマルチメディア管理などが可能なスクリプト言語です。

実はjavascriptはほぼ全ての日本人が一日何回も使っています。スマホやパソコンのデバイスに組み込まれています。このjavascriptは上記でも説明した通り、javaとは別の言語なので気おつけましょう

javascriptとは主にユーザーとネット内のWebページを円滑に作動させるため用いられます。実際にネット上の記事を閲覧可能にしているのはjavascriptのおかげなのです。

 

・PHPとは

PHPはHTMLに埋め込み可能なため好んで使われることが多いスプリクトの一つです。javascriptとPHPどちらもスクリプトですがその大きな違いとなるのが実行できる場所が違うことです。

PHPはサーバー側(パスワード読み込みなどサービス提供側)で実行できるコードができ、javascriptは誰でも閲覧可能なクライアント側がコードを受け取り作動する仕組みになっています。

簡単にPHPができることはデータベース連携、HTMLソースコード作成、クライアントから配信された情報を受ける事ができるのがPHP。

様々なデータベースとの連携が可能なWebサイトを作成可能。サイトでのパスワード入力情報をPHPで受け取る事が可能。受け取った情報をHTMLで表示したり、データベースに保存したりすることが可能。

 

『Laravel』について徹底解説!PHPとの関係性から利用するメリット、実現できることについて分かりやすく解説します!

今、世界的にも飛躍的に人気を博しているのが『Laravel』です。PHPを扱うエンジニアや、これからPHPを勉強する上でも必ず関わってくるものですので、しっかりと抑えておきましょう。今回はLaravelとは何なのか、PHPとの関わりやLaravelを利用する上で必要な知識を交えてわかりやすく解説します。

 

Laravelとは


 

PHPのフレームワークにはいくつか種類があり、以前から最も利用されているものが『CakePHP』です。PHPに一度でも触れたことがあれば、CakePHPを利用したことがあるはずです。

そして現在、『CakePHP』に代わり、世界でも人気急上昇のフレームワークが『Laravel』なのです。

LaravelはPHPのフレームワークで、PHPを効率的に開発でき、フレームワーク自体も比較的簡単に習得できます。

 

フレームワークとは

 

 

ソフトウェア開発を行う上ではフレームワークを理解しておく必要があります。さまざまな言語の解説にも出てくる用語ですよね。

フレームワークを一言でいえば「枠組み」です。プログラミングで何を開発するにしても、誰もが共通してコーディングする基礎があります。

それは「PHP」の基本となる形や、データベースとやりとりする機能などです。誰もが必ずコーディングするプログラムならば、ひとつの枠組み(ひな形)として形にしておけば、効率的な開発が行えますよね。

例えば鉄道であれば、土台となる「枕木」や「線路」、走る電車に通電する「電線」、人が乗り降りする「駅のホーム」です。これらは新しく鉄道を作る場合でも必ず必要な要素ですよね。いわば、鉄道という仕組みのひな形と言えます。

このように、誰が作る時にも必要となる要素を集めて、ひとつの枠組みとして形にしたものを「フレームワーク」と言います。

フレームワークにはさまざまな種類がありますので、自身が使いやすいフレームワークを選ぶことが可能で、PHPで言えば『CakePHP』や『Laravel』が当てはまります。その中でも世界で人気なものが『Laravel』ということです。

 

Laravelでできること

 

 

Laravelは、Webブラウザで動くシステムであればほとんどのものを作成できます

例えば、ショッピングサイトや予約システム、マッチングサイトやチャットサイトなどの作成も可能です。

また、業務で利用できる勤怠管理やメールサービスなども作成できますので、今欲しいシステムをLaravelで比較的素早く開発することができます。

 

Laravelに必要な知識

 

 

フレームワークは必要な機能を自動的に生成してくれますが、基本的なプログラミング知識やPHPの理解は必須です。

プログラムや開発に全く関わったことがない場合には、まず基礎的な知識を身につける必要があります。

 

PHP

 

主にWeb開発に利用されるプログラミング言語ですが、学習難易度は比較的低いので、仕組みや概要を理解するまでにそれほど時間はかからないでしょう。

参考書を利用して学習しても良いですし、今ならインターネット上の記事を参考にしながら、自分でプログラミングするというスタイルでも十分にPHPを理解することは可能です。

 

HTML5

 

HTML5は、Webページの基礎となるプログラミング言語「HTML」のバージョン5です。主に、動画や音声など、リッチコンテンツの扱いが簡単になりました。

HTML5についても、参考書は多く出版されていますし、インターネット上の情報でも十分に学習することが可能です。

 

CSS

 

CSSはスタイルシートのことで、Webページの体裁を整える役割を果たすプログラミング言語です。

Webサイト開発では必ず習得しなければならないものですが、PHPやHTML5を学習する際に必ず必要な知識ですので、同時に習得しておきましょう。

 

基本的なプログラミング

 

プログラミングは、自分でコーディングすることで身につきます。

コードを覚えることも大切ですが、何よりプログラミングの基本的な構造を大枠で理解しておくことが重要です。

システム開発では、正常な処理の流れやエラー処理、例外が起こった場合の処理など、ユーザーがどのような使い方をしても、システムが止まらないようにプログラミングをしなければなりません。

これらを理解しておかなければ、作成したプログラムで起こるエラー処理で挫折してしまう可能性もあります。

楽しくプログラミングを学ぶためにも、ある程度の「プログラミングの形」に慣れておくことが必要なのです。

 

【プログラミング言語】PHPってどんな言語?その仕様から将来性まで徹底解説!

プログラミング言語の中でも学びやすく、日常生活で最も触れるプログラミング言語のひとつがPHPです。あらゆるWebサイトに使われていますので、サイトで調べ物をする時も、ネットショップで買い物をする時もPHPを利用しているのです。そこで今回は、PHPとはどんな言語なのか、その将来性までを徹底解説します。

 

PHPとは

 

 

PHPとは、プログラミング言語のひとつです。主にクライアントであるWebサイト画面で発生するアクションを、サーバー側で処理して返すという機能を提供します。PHPが動作するのはサーバーサイドなのです。

日常生活に例えるならば、オートロックインターフォンをイメージしてください。あなたの家にAさんが訪ねて来たとします。Aさんはオートロックインターフォンを押してあなたを呼びます。

あなたは家の中で応答し、Aさんであることを確かめてオートロックを解除します。この時、Aさんが押すオートロックインターフォンがWeb画面のボタンです。

呼び出しに応答してオートロックを解除したあなたがPHPの役割を果たしています。Aさん側から見ると、Weボタンを押すとレスポンスとして返ってきた結果が“オートロックが解除されたこと”になるのです。

PHPはサーバーサイドで動くプログラミング言語ですが、非常に理解しやすい言語でもあります。独学でも学べるPHPは、プログラミングの学習を始めるには適している言語の一つです。

 

PHPの仕様

 

 

ここではPHPの動作を、上述の“オートロックインターフォン”の例を、もう少し細かく細分化して見ていきましょう。

 

PHPはサーバーでリクエストを受け取る

 

PHPはWeb画面にある“ボタン”や“テキストボックス”といったオブジェクトから、ユーザーが行ったリクエストをサーバーで受け取ります

これは、Aさんがオートロックインターフォン(Web画面)のボタンを押したことを、あなたが(PHPが)家の中で知る(サーバーの中で受け取る)というイメージと置き換えることができます。

あなたがインターフォンの音を聞くのは家の中ですよね。PHPがWebサーバーのボタンが押されたことを知るのはサーバーの中です。

このように、PHPはサーバーの中でユーザーのリクエストを受け取ります。

 

PHPはクライアントへレスポンスする

 

PHPは、サーバーでユーザーのリクエストを受けとると、プログラミングされたルール通りに、Web画面へ結果をレスポンスします。

これは、家の中で(サーバーで)、Aさんがオートロックインターフォンの音を聞く(ユーザーのリクエストを受けとる)と、オートロックを解除(ルール通りに結果をレスポンス)することに置き換えて考えることができます。

サーバーの中でPHPは、リクエスト通りの作業を行い、その結果をユーザーへ伝えるわけです。これが、PHPの大まかな役割と、主に動作する場所となります。

 

PHPのメリットとデメリット

 

PHPは非常に学びやすいプログラミング言語ですが、やはりメリットとデメリットがあります。

ここでは、PHPをプログラミング言語として学習するという観点から見ていきましょう。

 

メリット

 

 

PHPのメリットとしては以下の2点が挙げられます。

 

・情報が多い

・需要がある

 

情報が多い

 

PHPをプログラミングできるエンジニアは非常に多く、その分参考書やインターネット上の情報も多数存在ます。情報が多いという事実は、非常に学習がしやすい環境であることを示しているのです。

初級者から上級者までが、インターネット上で十分な情報を得られるほどの豊富な情報と、参考になるソースサンプルや、学習する上で加工せずに使えるソースもすぐに見つけることができるでしょう。

プログラミング言語において、情報が豊富に存在することは最大のメリットです。プログラムの設計段階やコーディングにおいても、実現したい機能の参考ソースがいつもで参照できるのです。

 

需要がある

 

インターネットが普及し、分からないことがあればネットで調べる時代、Webサイトは必要不可欠なコンテンツとなりました。個人や企業を問わず、情報を提供する窓口はWebサイトです。

また、生活必需品ですらECショップなどで購入する現代は、その入り口となるECサイトの構築やリニューアルも日々行われています。

インターネット上で見るこれらのWebサイトには、ほとんどの場合PHPが使われており、PHPが使えるエンジニアの需要がなくなることは今のところ考えられません。

需要があるということは、PHPを学習することにメリットがあるということです。その他の言語を学習するとしても、Web系のサイト構築をするならばPHPは外せないプログラミング言語なのです。

 

PHPフレームワークならコレ!人気フレームワークの種類からその内容まで徹底解説!

PHPフレームワークというものを聞いたことはありますか?近年アプリ開発を行うのに必要不可欠なアイテムとして、開発者に重宝されているシステムなのです。今回はそんなPHPフレームワークの人気種類の紹介や、そもそもPHPフレームワークとは何の事なのかという基本的なところから徹底に解説していきます。

 

アプリ開発にはPHPフレームワーク

 

 

PHPフレームワークとは?

 

プログラミングをするときに言われるフレームワークとは、アプリを開発する際の土台のようなものです。

 

アプリを開発する際にすべての動作を自分で書いていたら膨大な作業量になり、時間がいくらあっても足りません。

そこで、あらかじめ必要なコードが用意されているフレームワークと呼ばれる土台を使えば、あとはオリジナルのコードを書いていくだけで良いので、スムーズに作業を進めることができます。

 

アプリを開発する際は、このフレームワークを大量に使って業務の効率化を図っています。

 

PHPフレームワークでできる事

 

PHPフレームワークを使うことで、「開発時間の短縮」「多人数開発が可能」「フリーランスとしての活動に活かせる」といった3つのメリットが生まれます。

まず「開発時間の短縮」に関しては先ほどフレームワークの説明で話した通りです。

あらかじめ必要なコードを用意しておくことで、効率的に仕事ができるような状況を作っています。

 

次に「多人数開発が可能」になる事については、考え方の統一ができるためです。

アプリによって作り方が全く違ったり、人によってもコードの書き方が変わってきます。

そのため、まっさらな状況からアプリを開発するとなると統率するのが難しく、どのようにコードを書いていくのかルール作りをして共有するという手間がかかってしまいます。

 

しかし、PHPフレームワークで基礎の部分をあらかじめ作っておくことで、コードの書き方をプログラマー全員と共有することができます。

そのため、ルール作りや共有するという手間をかけることなく、コードを統一することができます。

 

最後に「フリーランスとしての活動に活かせる」については、先ほども話した通りフレームワークはアプリ開発の場面で多用されます。

しかし、プログラミング言語とフレームワークは全く別の知識になるので、プログラミングしかできない人ではなくフレームワークも使える人になれば、業界から重宝されるのです。

 

PHPフレームワークの種類

 

一口にPHPフレームワークといっても、その中にはいくつか種類があります。

 

・CakePHP

・Symfony

・CodeIgniter

・ZendFramework

・Phalcon

・Slim

・Laravel

・Yii

・FuelPHP

・Flight

・Silex

・BEAR.Sunday

・Kohana

・Ethna

・Ice Framework

 

主なフレームワークは記載した15種類であり、その中でも有名なのは「CakePHP」と「Codelgniter」でありよく使われているフレームワークです。

 

しかし、これだけPHPフレームワークがあるとどれを使っていいか分かりませんよね。

なので次はおススメのPHPフレームとその特性について紹介していきます。