Webマスターってどんな職種?仕事内容からWebディレクターとの違いまで、徹底解説します!

Webマスターという職業をご存じでしょうか。名前だけだと具体的に何をする仕事なのかわかりにくいですよね。本記事では、Webマスターの仕事内容や必要なスキルを紹介します。また、Webマスターに似ている職業のWebディレクターと何が違うのかを実際の仕事内容や仕事の立ち位置を比較しながら解説していきます!

 

Webマスターとは?

 

 

Webマスターとは、Webサイトの運営と管理を行う職業です。ただし、実際にはWebマスターの仕事は明確に定まっておらず、会社の規模やサイトの種類によって変わります。

基本的には、サイトの情報更新、メンテナンス、コンテンツの編集、サイトの管理などが主な仕事です。

さらに、規模の大きいサイトになると、リニューアルや宣伝の際の販売業者とのマネジメントも仕事に含まれます。

 

サイトの目標を達成する役割

 

Webマスターは、運営しているWebサイトのかかげた目標の達成(会員登録、資料請求、商品の販売など)を目指します。

Webマスターはこのような目標を達成するために必要な仕事を滞りなく完遂する役割を課せられます。

 

サイトの目的や規模に応じて必要なスキルは異なる

 

先ほども説明したようにWebマスターには、明確な仕事内容というものはありません。そのため、必要なスキルや経験などもわからず、サイトの目的や規模に応じて企業の求める人材が異なります。

 

Webディレクターとは?

 

 

Webディレクターとは、Webサイトを作成するプロジェクトを監督する責任者のことを指し、クライアントからの要望に適したWebコンテンツを作成することが仕事となります。

Webディレクターの仕事は、スケジュールの管理、コンテンツの管理、プロジェクトメンバーの選定、クライアントの要望の聞き取りなど様々です。

 

プロジェクト全体の指揮をとる役割

 

WebディレクターはWebライター、Webプランナー、SEOエンジニア、Webデザイナーなどのプロジェクトメンバーをまとめ、意見を聞き、コンテンツの作成を滞りなく進めることが重要となります。

他にも、必要に応じてプロジェクトメンバーに対して、指導や指示を行うこともあります。

 

幅広いスキルが求められる

 

Webディレクターは、プロジェクトの進行、予算を管理するスキルを始め、コミュニケーションスキル、リーダーシップが求められます。

さらに、直接作成に関わりませんが、プロジェクトメンバーに指示を出すために最低限度のプログラミングやSEO、デザインの知識なども必要です。

 

Webマスターの具体的な仕事内容

 

 

WebマスターはWebサイト全体にかかわるため、仕事内容は多岐にわたります。以下が一例ですが、大まかな仕事内容です。

 

商品の仕入れと準備

 

・商品の仕入れと価格の設定

・仕入れ先ルートの交渉

・ラッピングや梱包の資材収集

・宅配業者との交渉

・代金回収、クレジット会社との交渉

・レンタルサーバーの選択

・マーケット調査

 

商品の販売促進・サイトの更新

 

・季節/目的に合わせた商品のキャンペーン計画

・商品.キャンペーンページ作成とアップロード

・掲示板やお問い合わせの対応

・SEO対策

・サイトにアクセスした顧客の動向分析

 

Webディレクターとは?!仕事内容からなり方、年収、将来性まで徹底解説!

Webディレクターという職業をどの程度知っているでしょうか?Webディレクターはみなさんが利用しているWebサイトの作成を行っているクリエイター達の統率やクライアントの求めるWebサイトの制作を企画、クライアントへの提案などの責任者を担う重要な仕事です。今回は、Webディレクターの仕事内容や年収、将来性、なり方までご紹介します。

 

Webディレクターとは

 

 

Webディレクターとは、『ディレクター』の意味と同じく『監督/責任者』という役割を担う職業です。

主に、Web上のコンテンツ作成/編集を行う、スタッフやクリエイターの指揮を撮る立場の仕事となります。

 

Webプロジェクトの責任者

 

 

Webディレクターは、Webプロジェクトを一緒に行うプログラマー、ライター、デザイナーなどのクリエイターをまとめ、滞りなく作業を進行させてプロジェクトを成功させる責任者です。

そのため、記事を担当するライターやサイトの作成や画像の選出を行うデザイナー達をまとめ、サポートしつつ自分の仕事を中立的な立場から同時進行で行う必要があります。

 

クライアントとの架橋の役割

 

 

Webディレクターは外部のクライアントとの『サイトの作成/改修』などの依頼を受ける場合があります。

その際に、Webディレクターは商品やサービスの売り上げ数や課題をクライアントと相談して、課題の解決策を提案する必要があります。

また、解決策にはクライアントの予算、納期などの様々な要素を全て考慮して、デザイナーやプログラマー、ライターを統率してWebサイトの作成を行います。

 

仕事内容

 

Webサイトの製作スケジュール設定/進行管理

 

 

Webディレクターは個人のスケジュール管理だけでなく、Webプロジェクトのスケジュール管理を行う必要があります。

特に、クライアント先から依頼を受けたプロジェクトの納期を厳守し、それに伴う指示を各製作スタッフに行う必要があります。

また、Webプロジェクトは一つのみ担当する場合だけでなく、複数のWebプロジェクトを同時に進めていく場合もあります。

そのため、WebディレクターはWebプロジェクトの優先順位などを考慮した上でスケジュールの管理に勤める必要があります。

 

Webディレクターの年収

 

 

日本におけるWebディレクターの平均年収は『452万円』と言われています。中には、年収で1000万円を超える方もいらっしゃいます。

20代の平均年収は300~400万円と他の業種と比較するとやや高めの年収となっています。

また、30代では、450~500万円が平均年収で、これも他の業種と比較すると、高い年収となっています。

 

実績を積むことで収入が増加する

 

小規模の会社では、WebディレクターがWebプロデューサーの代わりの役割をこなします。

また、スキルを高めることでクライアントからの要望を受けるだけでなく、逆に提案できるレベルの人材は重宝されます。

昇給が期待できる会社に長期間勤めて、コンサルティングなどの他の分野まで、行えるようになるのが、収入を増加させる方法の一つです。

 

転職やフリーになって収入が増加させる

 

転職は収入を増加させるのに有効な手段です。中でも、未経験でWebディレクターとして採用された場合は、その環境でスキルを磨き、スキルアップを目指しましょう。

その後、自分のスキルが一定以上になったと実感できた際には、転職エージェント(※)などに登録して、新しく企業への転職や、フリーのWebディレクターの道を歩む方法があります。

中でも、同じ業界・職種への転職は、即戦力と歓迎されるため年収が増加するケースが多いと言われています。

※転職エージェントとは、人材紹介サービスの別称で、転職サイトとは違い登録者の一人一人に担当が付き様々な相談に乗ってくれるサービスです。