人を知る

背中を押せる
人材になる

2018年度新卒入社

曽我 はるか

マーケティング担当

出身地:千葉県
出身学部:法学部

2018年新卒入社。入社して1年経たずして、新規事業の自社メディアの立ち上げを担当するなど、早々に頭角を現している期待の新人。自分の仕事だけでなく、会社全体の利益まで考えることのできる視野の広さで、社員全員の成長のために率先して業務に取り組んでいる。

一次面接で受けた
圧倒的な敗北感と衝撃

私は学生時代、予備校でアルバイトをしていました。大学進学を控える学生にとって、予備校は人生における重要な意思決定の場です。そうした重要な局面で背中を押すことに大きな責任も感じましたが、同時に大きなやりがいも感じていました。そこで、入学や入社、転職など人生を左右する大きな意思決定に携われる仕事がしたいと思い、人材業界の企業を探している中で出会ったのがギークリーでした。面接を受けていく中で、各面接官から漂う風格や質問の精緻さなど、「この人たちには絶対に敵わない・・・」と圧倒的な敗北感と衝撃を受けました。その後、同業他社も受けましたが、あの衝撃に勝るものはなく、ギークリーへの入社を決めました。

目的は数字達成ではなく
会社の成長

入社後は、転職を考えている求職者様へのマーケティングを主に担当しています。セグメント毎にペルソナを設定し、マーケティング戦略を立てては改善を繰り返す日々。地味に思われるかもしれませんが、そもそも転職を考えていらっしゃる求職者様が集まらなければマッチングができないため、会社の利益を大きく左右する仕事であり、やりがいを感じています。しかし、入社当初はやりがいどころではなく、チーム最下位の成績を取ったことも。最下位とはいえ目標は達成していたため「目標は達成しているし、次また頑張ろう」程度に思っていました。そんな時チームのマネージャーに「来月は雪辱を晴らそう」と言われ、「目標を達成していても最下位は最下位なんだ・・・」「合格点ではあるけど、”周りの期待を超える”ことはできていない」ということに気付きました。そこから奮起し、翌月では目標を150%上乗せで達成。以降は、目標を達成するのは前提で、それを踏まえて会社を成長させるためにという目線で考えるようになりました。私のチームプレー精神の原点です。

まずは、当社の成長を
後押しできる存在へ

今後はマーケティング業務と同時に携わっている新規事業のメディアの立ち上げに注力したいです。新規事業かつ、新卒2名で担当という状況なので、今は手探り状態で必死ですが、このメディアを軌道に乗せるのは当然として、自分が関わらずとも自走している状態を作れればと思っています。あとは、キャリアアドバイザーなど、他の職種も経験して幅広くスキルを磨いていきたいですね。様々な職種を経験したのち、最終的にやってみたいのが採用人事です。やっぱり今も誰かの背中を押せる存在になりたいという思いは変わっていません。それは、人に対しても、組織に対しても。だから、当社の成長をそっと後押しできる存在になりたい。私の中で、それに一番近い仕事が人事なんです。そのためにも、まずは目の前の仕事を精一杯頑張ります。

背負うのは、30年後の“あたりまえ”こだわりのプロフェッショナルへ