人を知る

1番に
なると決めた

2017年度新卒入社

梅谷 亮

リクルーティングアドバイザー
(法人営業/採用支援)

出身地:兵庫県
出身学部:法学部

新卒で入社し、常に1位の成績を収めてきた期待の若手。目標に対し貪欲に努力し、結果だけでなくプロセスにまでこだわっている。2年目にしてリクルーティングアドバイザーとなり、早期のうちに成果を出している。

大手から内定をもらっても
モヤモヤが残った

人材業界を志望したのは、仕事選びという人生を左右する機会で大きな影響を与えられる仕事だから。中でも転職は人生の中での大きな意思決定の場であると考え、人材業界の中でも転職支援に力を入れている企業を探しました。その中で大手人材会社からも内定をもらいましたが、何かモヤモヤした思いがありました。このモヤモヤは何だろうと考え抜いた時、今まで”本気で頑張った経験がないから”と気づいたんです。学生時代、いつもいつも居心地の良い2番手で、1番の後ろに隠れていて、1番になった経験がない。でもこれからは1番を目指したいと思い、もう一度企業探しを始めた時に出会ったのがギークリーでした。面接は業界トップの実績の方が担当してくださり、1番になると決意して実際にトップの成績を出している姿に感銘を受け、入社を決めました。

1番になると決めた、
1番であり続けた

入社初日のあいさつで、「担当領域で1番にこだわります」と宣言をして、1番にならなければいけない状況に自分を追い込みました。1年目はマーケティングチームで集客を担当していたのですが、どういった文言にエンジニアの方は興味を持つのかなど、返信率や開封率を徹底的に分析。各業務の細かなプロセスにも目標を設け、その全てを必ず達成するためにコミットし続けました。結果、マーケティング成績1位の座を1年間キープし続けました。プロセスへのこだわりはリクルーティングアドバイザーになった今でも生かされています。例えば企業からいただいた求人を、必ず3営業日以内に、求人票に書き起こすなど細かくて当たり前のことを高い水準で徹底するよう、今も意識しています。

笑顔で働ける社会を築きたい

これからは自分が1番になるだけでなく、”次の1番を目指せる人材”を育てていきたいと思っています。それは、この会社の生産性を落としたくないからです。生産性を高めることでプライベートも楽しむことができる。そんな社会を当社から社会へ広げていくことで、皆が笑顔で楽しむことができる社会を築くことが将来の目標です。そのためにもマネジメントに注力して、会社がどれだけ大きくなっても社員全員が生産的であり続けるようにしたいです。そして、マネジメントという領域でも1番になれるよう挑戦していきたいと思っています。

背負うのは、30年後の“あたりまえ”こだわりのプロフェッショナルへ