仕事を知る

キャリアアドバイザーとは

キャリアアドバイザーとは

一般的に人材紹介会社の職種は大きく、リクルーティングアドバイザーとキャリアアドバイザーの二つに分けられます。リクルーティングアドバイザーはクライアント(企業)側の対応を担うのに対して、キャリアアドバイザーはカスタマー(求職者)の対応を担い、転職成功までの様々なサポート業務を行います。具体的には、求人情報の提供や職務経歴書の書き方を指南、企業との面接セッティング、面接事前準備の支援、入社日や給与条件などの交渉、在籍企業の退職交渉アドバイスに至るまで、幅広くサポートします。支援範囲の広さから、求められるスキルも多岐に渡り、業界や企業に関する深い知識はもちろんのこと、それらをわかりやすく伝えるコミュニケーション能力、求職者の意向を丁寧にヒアリングする力を磨き続ける必要があります。求職者の人生を左右する転職に直接的に関わる職種であり、責任ある職種ですが、無事に転職が成功した暁には求職者と共に喜びを分かち合うことのできる、やりがいのある仕事でもあります。

Q.ギークリーの
キャリアアドバイザーとは

A.求職者の御用聞きではなく、プロの視点で提案し続けるプランナー。

キャリアアドバイザーとは、求職者のご要望通りの求人を紹介する人。そんなイメージがあるかもしれません。しかし、当社のキャリアアドバイザーは、求職者の視野に入っていない求人もご紹介します。それは、キャリアアドバイザーという「プロ」が介在する価値を最大限に発揮するためです。単なる御用聞きをするだけならシステム検索で解決されますし、人が介在する価値はありません。業界や企業への深い知見を活かして、求職者自身も気付いていない”好機”を提案し続ける。そして、求職者との対話を通して提案をブラッシュアップしていくことで、最高の転職をサポートする。それが、当社のキャリアアドバイザーです。

ギークリーのキャリアアドバイザーが
プロフェッショナルになる理由

ギークリーのキャリアアドバイザーが持つスキル

伴走力

ご要望を丁寧にヒアリングするだけでなく、親身なアドバイスやサポートを行いながら、求職者と同じ目線で伴奏し続けます。キャリアアドバイザーの最も大切なスキルとも言えます。

カウンセリング力

求職者の悩みや不満は、必ずしも求人の紹介で解決できるものばかりではありません。対話の中で不安を取り除き、心身共に万全の状態で転職活動が行えるようサポートします。

提案力

求職者のご要望は、あくまでご自身の持っている範囲での情報から出てきたものにすぎません。当然、希望は最大限に尊重しながらも、プロならではの視点から”気づきを与える”提案を行います。

業界や企業への圧倒的な知見

キャリアアドバイザーが介在する最大の価値は、圧倒的な知見をもとにしたアドバイスにあります。業界特化型の当社だからこそ身につけられるスキルでもあります。

背負うのは、30年後の“あたりまえ”こだわりのプロフェッショナルへ