ニュース

お知らせ

2022.03.16

IT転職エージェント「ギークリー」 2022年2月度【IT転職市場レポート】を公開「DX化のニーズは中小企業でも加速し、IT採用はさらに加熱」

IT/Web/ゲーム業界専門の転職エージェントである株式会社ギークリー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:奥山貴広)は、2022年2月度にギークリーを利用していただいた企業と転職希望者のデータからIT転職市場の動向を調査し、レポートにまとめました。

概要

※内容は一部抜粋しております。
全文は下記URLより閲覧可能です。
https://www.geekly.co.jp/column/cat-geeklycolumn/geeklyreport_202202/

 

<IT採用ニーズトピックス>

中小規模の事業会社でもDX化のニーズが高まる

 

先月に引き続き、事業会社 (非IT業種)での内定数増加の傾向が加速、特に社内SEの内定数が増加しています。これまで内定の多かった従業員数200名以上の企業に加えて、従業員数100名前後の企業での内定数が4倍に増加しています。このことから、大手企業以外でもDX化のニーズが高まっていることがうかがえます。

 

インターネット広告代理店とSaaS企業が営業職の採用を強化

インターネット関連業界の営業職にて、内定数が前月の2倍に伸長しました。その中でもインターネット広告企業とSaaS企業が内定数の増加を牽引しています。インターネット広告企業では、EC領域の広告出稿量の増加にともない広告営業のポジションで採用が進んでいます。また、業績が好調なSaaS企業では来期の採用計画を前倒して活動するほど採用ニーズが高まっており、内定数が増加しています。 

 

<IT人材集客トピックス>

エンジニアの集客比率は引き続き上昇(昨年同月対比)

面談者の職種を分類した結果、昨年2月に比べ2022年2月はエンジニア比率が57%から64%へと大幅に増加しました。エンジニア比率64%は、1月に続いて2か月連続で今年度の最高値を更新する結果となっています。
企業のDX化やシステム開発の内製化のニーズが継続的に高くなっていることから、ギークリーは引き続きエンジニア経験者の集客を強化しています。 

 

25歳以下の第二新卒・ポテンシャル層の採用も進む

エンジニアの面談者を年齢ごとに分類した結果、昨年2月に比べ2022年2月は25歳以下の若手層が13%から17%に増加しました。エンジニアの中でも特に、開発エンジニアやインフラエンジニアの集客の割合が伸びています。 求人企業側での若手層への採用ニーズの高まりに合わせて、2021年新卒など微経験層やポテンシャル層の集客も拡大しています。

 

システムの営業経験者・Webマーケターの集客が増加

営業・マーケティング職の経験がある面談者を細かく分類した結果、昨年2月と比較した際の集客に占める割合が、システムの営業経験者は9%から19%に、Webマーケターは42%から46%に、それぞれ増加しました。特に20代と30代を中心に集客が好調です。インターネット企業を中心に営業・マーケ職の採用ニーズが高まっているため、今後もこの職種の集客に注力します。

 

———————————————
▼調査について
調査目的 :求職者の集客および 求人情報の掲載状況からIT業界の転職市場を知る
調査期間 :2022年2月1日~2月28日
調査対象者:当社をご利用いただいた求職者および企業
———————————————

ギークリーについて

ギークリーは2011年8月創業の「IT/Web/ゲーム業界専門特化」の転職エージェントです。一般的な転職エージェントは業種や職種に「専門化」していないため、理想的なマッチングが実現せず「早期離職」が起きてしまうことも多々あります。そうなると、採用企業様にも求職者様にも余計な負担がかかってしまいます。

それに対して当社は「専門化」することで、IT分野に対する求人企業様と求職者様の多様なニーズに対して、より深く多角的な情報提供が可能な体制を整えております。その結果として、他社よりも高い決定率を実現しております。  

本件に関するお問い合わせ