【徹底比較!】HTML vs CSS!両者の違いからJavascript、PHPとの関係性まで分かりやすく解説します!

インターネットとは切っても切れないWebサイト。Webサイトの多くがHTMLなどの言語で作られており、これらの言語で作られたWebサイトは日常的にpc、スマホ、タブレットなどで閲覧できます。今回はこれらの言語の名前の意味などの基礎を始め、仕組みや使い方、言語習得のコツやアドバイスまで紹介致します。

 

そもそもHTMLとCSSって?

 

「HTML」&「CSS」の2つを簡単に説明

 

 

そもそもこれらの意味がわからないなんて人が大半ですよね。簡単に大きく別けて説明していきます。

 

・HTML

「HTML」は『Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)』の略です。Webページを作るための最も基本的なプログラムの言語のひとつです。

・CSS

「CSS」は『Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)』の略です。ウェブページの文章のスタイルの指定をする言語です。

 

JavascriptとPHPとは?

 

「javascript」&「PHP」の2つを簡単に説明

 

 

・javascript

「Javascript(ジャバスクリプト)」は、有名な「java」と名前が似てますが全く別の言語です。

当時から人気があったjavaの良い波に乗りたいがために名前を「LiveScript」から「javaScript」に変更したと言われている言語。「javascript」の使い方はウェブページに動きをつける用途で使用されます。

・PHP

「PHP」は『PHP: Hypertext Preprocessor』の略。The PHP Groupによってコミュニティベースで開発されたオープンソースの公式汎用言語。主にサーバー側で使用

 

HTMLとCSSを簡単に説明

 

HTMLとCSS

 

 

・HTMLとは

HTML(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)はWebサイト作成で最も多く用いられる言語です。

これから「ハイパーテキスト」「マークアップ」「ランゲージ」3つに分けて説明していきます。

 

ハイパーテキスト

ハイパーテキスト(HyperText)とはハイパーリンク埋め込み高機能を搭載しているテキストのことを表します。Webページをクリックすると別のページに飛ぶURLリンクのことです。

ハイパーテキストにはハイパーリンク機能で音声データや画像、動画、などサイト内に埋め込みすることが可能。情報と情報を繋げ整理する機能が使えます。

 

マークアップ

マークアップは目印をつける意味を示します。見出し、リスト、段落、などの文章の各部分を要素といいます。検索エンジンがWebページの構造を理解し分析、関連しやすいように示す事を意味します。

 

ランゲージ

ランゲージの意味は言語。簡単に例えると、人とコンピューターにおける翻訳ルールがHTMLです。

・CSSとは

CSS(カスケーディング・スタイル・シート)はHTML、XMLなどの要素をどのように修飾表示するか示す事ができる言語。体裁と文の構成を分離させる事ができるのがCSSです。

 

これから「カスケーティング」「スタイルシート」に別けてIT単語の意味を説明していきます。

 

カスケーディング

連鎖的あるいは段階的に物事が数珠のように同じものが連なる様子を表す。例えるなら小さな滝。何段も連なった数字や文字が小さな滝の様に見えることからこの様に呼ばれています。

 

スタイルシート

文字の見栄えなどの文字の大きさや色、字体などの修飾表現をひとまとめにして捉えるデータファイルなどを示します。

 

javascriptとPHPを簡単に説明

 

JavascriptとPHP

 

 

・Javascriptとは

javascriptは主にクライアント側(サービス利用のユーザー側)で使用される言語。静的(クライアント側)動的(サーバー側)と業界では呼ばれます。

静的なWebページで用いられるのがjavascriptです。他にもマルチメディア管理などが可能なスクリプト言語です。

実はjavascriptはほぼ全ての日本人が一日何回も使っています。スマホやパソコンのデバイスに組み込まれています。このjavascriptは上記でも説明した通り、javaとは別の言語なので気おつけましょう

javascriptとは主にユーザーとネット内のWebページを円滑に作動させるため用いられます。実際にネット上の記事を閲覧可能にしているのはjavascriptのおかげなのです。

 

・PHPとは

PHPはHTMLに埋め込み可能なため好んで使われることが多いスプリクトの一つです。javascriptとPHPどちらもスクリプトですがその大きな違いとなるのが実行できる場所が違うことです。

PHPはサーバー側(パスワード読み込みなどサービス提供側)で実行できるコードができ、javascriptは誰でも閲覧可能なクライアント側がコードを受け取り作動する仕組みになっています。

簡単にPHPができることはデータベース連携、HTMLソースコード作成、クライアントから配信された情報を受ける事ができるのがPHP。

様々なデータベースとの連携が可能なWebサイトを作成可能。サイトでのパスワード入力情報をPHPで受け取る事が可能。受け取った情報をHTMLで表示したり、データベースに保存したりすることが可能。

 

【徹底比較!】Azure vs AWS!両者の特徴の違いから使い分け方まで分かりやすく解説します!

AzureとAWSの情報の気になっている情報を模索し解説します!Webサービスとして比較した時に何が異なってきたり、どんな機能が付いていて同じ所と違った所を説明。他にも今後の両者はどうなっていくかの予測や、利用を考えている人にアドバイスもあります!特徴、違い、コスト、使い分け方など比較し解説します!

 

AzureとAWSとは?

 

 

AzureとAWSは、どちらもインターネット上でサービスを提供する「Webサービス」と言うカテゴリに入ります。Webサービスの中でも「クラウドコンピューティングサービス」と言うインターネットなどのコンピューター経由サービスに区分されます。

クラウドコンピューティングサービスは、情報や利用する際の形式などのベース基盤を提供し、ネットワーク内でのシステムのことを示しています。

その中でも有名なのが、Microsoftの「Azure」と、Amazonの「AWS」です。

AzureとAWSの徹底比較

①【Azure】マイクロソフト・アジュール

 

 

Azureとは、「Microsoft Azure(マイクロソフト・アジュール)」の略語になります。

Amazonが提供しているAWSのシェアはクラウド分野で、33%前後の高い数値を出して世界1位のクラウドサービスとして有名ですが、Azureもまた多くのユーザーに利用されているサービスです。世界的シェア率は13%前後でMicrosoftのAzureは大差をつけられての2位になっています。

ですが、AWSが49%前後で、Azureが89%前後という成長調査増加率の比較をすると、Microsoft Azureの成長率はダントツで1位のWebサービスと言えます。2020年には、1位を狙える急成長を測る明確なビジョンと目標を発表しており、逆転を狙っているのがMicrosoft社となります。

今はAWSにシェア率という側面で後れを取っていますが、この2社の先行きが今後どうなるかは誰にも予測ができません。

AzureはIT業界以外に製造、電力などのエネルギー領域、金融サービス、政府系、航空などの特定の分野に強みを発揮しています。こういった専門性&外に漏れないセキュリティ面を前提とした情報管理がAzureのウリと言えるでしょう。

 

②【AWS】アマゾン・ウェブ・サービス

 

 

AWSとは「Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス)」の略語になります。

ECサービスが有名なAmazon.comがサービスを提供しているAWSの魅力としては、幅広い分野に接点があるため、多くの利用用途が見込めることです。幅広い分野に対応できることで、実際に導入する際には過去の導入事例も見つかりやすいでしょうから、導入へ踏み切る精神ハードルも下がりやすいのではないのでしょうか。

更に、利用したいサービスだけに特化できる利用が可能なため、1ライセンス(1サービスの課金)からのサービス利用が可能であることも。Azureの大きな強みになっています。

 

特徴と違い

 

【Azure】と【AWS】の特徴

 

 

・Microsoft提供【Azure】

見えないところで技術と生産性を高め、利用者に良い技術やサービスを提供するため、開発者のレベルは高く向上し続けていることが、Azureの急成長の裏付けとなる理由でもあり現在の特徴です。

更に、最新人工知能とデータを活用し、インテリジェントの次世代アプリを生み出すことが可能です。このような特徴からAzureの秘めた可能性は高く、IT業界のAI分野を促進すると予測されます。

 

・Amazon提供【AWS】

最速で世界中の豊富な情報とグローバルに接しており、数多くの分野で利用が可能です。

多様な分野に対応するためにも、豊富なサービスを数多く展開しているため、Azureに比べて統一しスッキリと円滑にすすめることが難しい部分もあるのは難点ですが、Microsoftの手が届かない分野のサービスを提供できます。

使いたいシステムだけ課金することができるため、必要な部分だけの利用が可能。そのため柔軟かつ的確にコストが抑えられ、効率的、円滑に利用することが可能で特徴の1つです。

 

【Azure】違い

 

 

他にも、自社内の構築がしやすいという強い理由から、自社製品の共有やサービスをスムーズに利用できることがメリットになります。

その上、特定の業界特化に強い特徴を持つため、専門性の高い分野で独占利用することにより、特化型サービスとしては、非常に魅力的な一面があるのはAWSとの大きな違いになります。

Microsoft製品の連携と一部の業界に特化する事に強い傾向があるのがAzureです。

 

【AWS】違い

 

 

安定したサービス提供実績は十年以上続いているため、さまざまなエラーやトラブルを解消してきた実績と経験があり、安心して利用ができます。また、自然災害にも対応できるクラウド構成設計が可能なため、大きな自然災害にも対応策を万全に完備しています。

更に、サービスは一つ一つ利用したいサービスのみを利用することができ、少ない資金から大きな構成を徐々に作ることが可能です。AWSは多くの分野に広くサービスを利用し、展開、運用することができ、世界を視野に入れ活動する人に向いている傾向にあります。

 

【徹底比較!】確定拠出年金 vs 退職金!両者の違いから、受け取り方まで分かりやすく解説します。

定年退職をする際にもらえる退職金。今まではこの退職金が主流でしたが、最近では退職金ではなく確定拠出年金として退職時に支給する企業が増えています。一見似たような両者ですが、実はさまざまな面で大きく異なります。今回は今だからこそ知っておきたい退職金と確定拠出年金の違いについて解説していきます。

そもそも確定拠出年金って?

 

会社などに依存しない積み立てタイプの退職金

 

ある程度の年齢に達したりさまざまな事情で退職をするとき、ほとんどの会社は退職する人に対して退職金を払います。この退職金が、老後の人生において欠かせない生活費となります。一昔前までは会社で退職金を用意するというのが一般的でしたが、ここ最近は退職金の代わりに確定拠出年金を採用する企業が増えています。

さてこの確定拠出年金、言葉では聞いたことがあってもどういうものかはわからない、という人も多いはずです。確定拠出年金というのは、会社や個人で個人口座に積み立てていく新しい退職金制度です。個人の口座に積み立てていくので、会社に万が一のことがあっても必ずもらえます。

 

企業型と個人型の2種類が存在する

 

この確定拠出年金というのは2種類あります。ひとつは企業型、そしてもうひとつは個人型です。確定拠出年金を採用している企業のほとんどは企業型です。この企業型確定拠出年金というのは、掛金は会社が出し、運用するのは従業員や社員に任せるものです。会社が掛金を出すところは、今までの退職金の方式と類似しています。ちなみに会社によってはマッチング拠出というものを採用しており、こちらは企業はもちろん、個人でも追加で積み立てることができるタイプもあります。

一方個人型確定拠出年金というのは、その名の通り個人で積み立てるのが基本です。個人型確定拠出年金は別名iDecoと呼ばれており、確定拠出年金と金融商品がセットになっていることが多いです。すべて自分で管理をする必要がある分、うまく運用できれば老後の生活はかなり豊かになります。

 

確定拠出年金vs退職金四番勝負:お金はどうしている?

 

会社の資産から退職金が出ている?

 

 

確定拠出年金について解説したところで、従来の退職金とはどう違うのかについてここからは解説します。先ほどの部分で企業型確定拠出年金は退職金と似ていると説明しましたが、細かい部分を見ると実は大きく異なります。

従来の退職金は、基本的に会社が事前に用意します。どのくらい用意するかなどは退職する人の勤務年数、そして社内の規定を基に決まってきます。会社によっては退職金としてこのくらい渡すというように、金額が決まっているところもあります。

 

会社と社員でお金を出し合うのが確定拠出年金

 

 

では確定拠出年金の場合はどうなのでしょうか。最初に紹介した企業型確定拠出年金では会社が掛金を支払ってくれます。しかし退職金とは違い、社員からも掛金を出して追加で積み立てることが可能です。これが退職金と異なる部分のひとつです。

そして確定拠出年金が退職金と異なる部分はもうひとつあります。それは社員が資産運用した際に発生した利益も、受給時に積立金と一緒にもらえることです。つまり、社員の運用実績がよければよいほど、将来退職金としてもらえる金額も大きく増えることとなります。

 

確定拠出年金vs退職金四番勝負:節税のしやすさ

 

退職金は節税しづらい?

 

皆さんは普段から税金について気にしていますか。多くの人は消費税にしか目がいきませんが、実は意外にも多くの人が税金で損をしているのです。特に退職金などをもらうとき、税金について知らないといろいろ損をしてしまいます。

従来の退職金も実は税金の面ではかなり不利です。基本的に退職金の場合、受給時に退職所得控除の対象とはなりますが、それ以外の所得控除などの対象とはなりません。そのためあまり節税をすることができず、さらには退職金などの主導権は会社に委ねられるため、かなり不利です。

 

確定拠出年金は税金面でお得?

 

 

確定拠出年金のなかでも個人型確定拠出年金といわれているiDecoは、退職金と比べると税金の部分でかなり有利です。個人型確定拠出年金は先ほども説明したとおり、金融商品とセットで扱うことが多いです。そのため積み立てをしつつも資産運用をしている扱いとなり、掛金は全額所得控除の対象となります。

もちろん受給時は退職所得控除の対象となりますが、受け取り方によっては公的年金等控除の対象となり、さらには運用で得られた利益などは非課税となります。自分で老後の資金を増やすことができて、さらには節税ができる個人型確定拠出年金は、まさにベストなものです。

 

確定拠出年金vs退職金四番勝負:どうやって受け取る?

 

受け取り方はどちらも実は同じ

 

 

ここまで従来の退職金と確定拠出年金には大きな違いがあることを説明しましたが、実は受け取り方は両者ともに一緒なのです。積み立て方などの仕組みは違えど、60歳になるまでもらえないというルールはそれぞれ共通です。

そして受け取り方についても両者一緒であり、いずれも一時金でもらう年金でもらうか、もしくは両方を併用するかを選択することができます。次の部分で税金について解説しますが、どのようにしてもらうかは自分で前もって決めておきましょう。

 

【知っておきたい!】クラウドゲームを徹底解説!!その特徴から流行りの理由、将来性も含めて分かりやすく解説します。

「STADIA」や「G-cluster」などのクラウドゲームが最近話題になっています。クラウドゲームは、従来の据え置き型ゲーム機を使用したゲームよりも気軽に始められるとあって、興味のある人も多いでしょう。そこでこの記事では、クラウドゲームの特徴や流行りになっている理由、そしてクラウドゲームの将来性について紹介します。

 

クラウドゲームとは

 

クラウドゲームの特徴

 

 

クラウドゲームとは、ゲームをストリーミング方式で受信しプレイするゲームです。ストリーミングとは、インターネットを通じて音や映像などのデジタルコンテンツをダウンロードしながら再生する技術のこと。

ゲームの処理・実行は全てサーバー側で行い、私たちは手元の端末でゲームデータをストリーミングしながらプレイするので、従来のようなゲームを処理・実行するためのゲーム機や高性能なパソコンは必要ありません。

クラウドゲームと聞くと、簡単なトランプゲームやパズルなどしかできないのでは?と思う人もいるでしょう。

しかし、Googleのクラウドゲームサービス「STADIA」では『ファイナルファンタジーXV』や『トゥームレイダー』など従来ではハイスペックなゲーム機やパソコンが必要だったゲームもプレイできます。

 

クラウドゲームの仕組み

 

クラウドゲームの処理や実行はゲームサーバーが行います。ユーザー側の端末には、ゲームをプレイするためのソフトやアプリをダウンロードするだけです。そして、ゲームを構成するのに重要となる映像や音声データはゲームサーバーからユーザーの端末へ送信されます。

ユーザーは受信したゲーム映像を観ながら手元のコントローラーで操作し、ユーザーの操作内容はゲームサーバーへ送信されます。そして、ユーザーの操作に従いゲームサーバーからデータが配信され、ゲームが進行していく仕組みです。

 

クラウドゲームが流行る理由

 

ゲーム機・ソフトが必要ない

 

 

クラウドゲームが世界中で流行っている理由は、やはりプレイの手軽さ。クラウドゲームは「プレイステーション4」や「Xbox」のような据え置き型ゲーム機をわざわざ購入する必要がないので、ゲームをやりたい時にすぐプレイできます。

従来のゲームのように遊びたいゲームがあった時に家電量販店やネット通販で毎回ソフトを購入する手間もなく、インストールやアップデート作業もする必要はありません。

 

従来のゲームよりお金がかからない

 

クラウドゲームはゲームデータをすべてインターネット上で配信できるため、企業は従来の据え置き型ゲーム機やソフトのように製造のための材料や店舗に並べるための製品を輸送するコストがかかりません。

ゲームを販売するための輸送コストが必要ない分、私たちは低価格でゲームをプレイできます。例えば先ほどの「STADIA」なら月額約1,000円でフリープレイのゲームが遊びたい放題です。

 

高性能な端末が必要ない

 

 

サーバー側でゲームの処理や実行が完結するので、私たちの手元にゲーム機やハイスペックパソコンが必要ありません。そのため、ストリーミングできるパソコンさえあれば気軽にゲームを始められます。

新しいゲームが配信されたら、すぐにプレイできるのがクラウドゲームの大きなメリット。さらに電力をたくさん消費するゲーム機やハイスペックパソコンなしでゲームをプレイできるので従来のゲームよりも電気代を気にしなくてよいのも人気の理由です。

 

クラウドゲームサービス

 

Googleのクラウドゲームサービス「STADIA

 

 

Googleのクラウドゲームサービス「STADIA」は残念ながら日本での配信は未定ですが、2019年11月から14ヵ国でサービス開始します。このサービスをテレビで利用するには、専用のコントローラーとテレビにゲームを映すための「Chromecast Ultra」の2点が必要です。

専用コントローラーは、サーバーから配信されるゲームデータを自宅のWi-Fiを使って受信します。そして、「Chromecast Ultra」でテレビにゲーム画面を映し出します。近い将来、パソコンやスマートフォンでもプレイできるようになる予定です。

 

G-cluster(ジークラスタ)

 

G-cluster(ジークラスタ)は現在、日本でもプレイできるクラウドゲームサービスです。専用ゲーム機やG-clusterを搭載したテレビで遊べます。スマートフォンよりもサイズの小さい専用ゲーム機(本体重量45g)を使うと、家にあるテレビで簡単にゲームが始められるのが魅力です。

また、ゲームの操作には動作確認済みのゲームパッドやスマートフォンをコントローラーとして使用できます。複数のゲームコントローラーを用意すると家族や友達とワイワイプレイできるのも人気の理由です。

 

『.NET フレームワーク』を徹底解説!!その特徴からできることまで、分かりやすくご紹介します。

『.NET フレームワーク』の本来の意味合い(過去の意味合い)と現在の意味合いまでわかりやすく解説。.NET フレームワークの特徴&できることまで徹底解説!難しいIT用語をある程度意味合いが伝わるように変換!知識ゼロから.NET フレームワークの知識、理解、関心が得られ、IT世界の仕組みが見えてきます!

 

.NET フレームワークとは?

 

過去と現在で意味合いが異なる

 

  

『.NET フレームワーク』とは、「Microsoft .NET Framework(マイクロソフト ドットネット フレームワーク)」と言うアプリケーションです。

Microsoft社が提供している開発&実行ができるプラットフォームになります。Windowsのプログラム実行環境などとして推進します。

当時は「Microsoft.NET」と呼ばれていましたが現在では意味が少し異なり、「.NET」をテーマにして専門的な人と対談する場合話が噛み合わないといった状態が現在では発生してるため、過去と現在の.NETを説明します。

簡単に要約すると「Microsoft.NET」 の過去のビジョンが失われ、現在は異なったビジョンになっていることが理由に挙げられます。

XML Webサービスに力を入れていたMicrosoftは経済の流れ乗るために、代わりにRESTスタイルへの力を注ぐ様になったことにより意味合いが変わりました。

過去の呼び名「Microsoft .NET(マイクロソフト ドットネット)」から現在の呼び名「.NET Framework(ドットネット フレームワーク)」に呼び名が変わりました。

結果的に「Microsoft .NET」と「.NET Framework」では意味が異なり「.NET」は「.NET Framework」の略語で現在の意味合いも「.NET Framework」を示しています。

開発&実行環境をアプリケーション経由でサービスを提供するプラットフォームを開発したのがMicrosoftです。

他にも主にXML、ウェブサービス、ウェブアプリケーションなどインターネットのウェブをベースにした環境にも対応しており様々な開発&実行が可能な環境を提供

.NETフレームワークで対応している言語は数多くあり23カ国に対応しています。

 

開発者側とユーザー側

 

 

.NET フレームワークは開発者側とユーザー側で知識や経験、理解度の度合いが大きく関わってきます。つまり、立場が変化するだけで見方、操作性や使用用途も変わってくるのが.NET フレームワークです。

簡単に下記で開発者とユーザー側で説明します。

・開発者側

.NET フレームワークで使用できる開発言語を活用し、アプリケーションの開発ができます。開発で使用した言語以外にも後から対話が可能なため、さまざまなコンピュータ機器やソフトウェアと連携して開発が可能です。

・ユーザー側

.NET フレームワークでの言語開発を行わなくても利用することが可能なため、多くのユーザーは知識や経験、スキルがなくても利用が可能です。

上記のような開発側とユーザー側で.NET フレームワークの認識や知識の有無などが大きく変動します。2つの味方ができる事により、これから話す内容は開発者側の内容を深堀りして解説して行きます。

 

システムの論理的構造

 

共通言語基盤

 

 

.NET フレームワークにおいて主に使用される行動の流れについて解説します。

この行動の中で最も本質をしめているのがCLI(共通中間基盤)です。この意味を簡単に説明すると開発環境で実行環境時の単体言語に依存しないと言う意味です。

Microsoftで主に用いられているのがCLR(共通語ランタイム)と呼ばれている5つの項目です。

・CTS (共通型システム)

定義は様々ありますが、Microsoftが開発した人とネットフレームワークに対応したプログラミング言語でデータを統一するためのシステム。

・CLS (共通言語仕様)

共通言語ランタイムでサポートされている言語機能のサブセットに該当します。CLSはCTSのサブセット。 結果、CTSにもCLSは適用されます。ただし厳しい制限が設けられていない場合に限ります。

・CIL (共通中間言語)

人間が解読可能なプログラミング言語に変換。様々な言語をCIL (共通中間言語)で特定のOSや機種に依存しないプログラミング「マネージドコード(CLRに対応できる形式に変換)」にします

・JIT (ジャストインタイムコンパイラ)

結構環境のOSや機種に依存しない中間コードをプログラム実行する時点の工程で実行可能な言語にソースコードからオブジェクトコードに変換することができるのがJIT (ジャストインタイムコンパイラ)。

・VES (仮想実行システム)

メタデータを活用して動的要素を持つプログラミング言語を生成することができるシステム。CIL (共通中間言語)で読み込みと実行を実現することが可能なシステム。

 

ユニケージ開発手法とは!その特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

ユニケージ開発手法はどんな特徴があるのか、この手法のメリット・デメリットを分かりやすく解説。難しい専門用語を極力使わず説明しています。なので、他のサイトの説明が専門的な用語ばかりで、理解に時間が必要だと思っている方に読んでい頂ければ幸いです!ユニケージ開発手法の内容を分かりやすくまとめました!

 

ユニケージ開発手法とは!

 

 

「ユニケージ開発手法」とは、オペレーティングシステム (OS)でのUnix系コンピューター(コマンド)とスクリプト言語(シェルスクリプト)でシステムを開発する意味を持つ開発手法の1つです。

ユニケージ開発の一般的な考え方は、コード修正が少なくて済む場合の考え方を保持します。更に、経年劣化しないハードウェアを起用し、その仕組の基本的な物事の核を選択し実行しているのが、基本となります。

この方法により、ソフトウェアのクッション性と、ハードウェアのスピードの特徴を一緒に得ることができるのがこのユニケージ開発の手法になります。

 

特徴3つ

 

【幅広い対応性】

 

 

1つ目は、開発環境はさまざまなUnix系統OSであればスクリプト言語と組み合わせて開発可能です。理由はUnix系のOSとスクリプト言語で開発可能なのが「ユニケージ開発手法」です。

つまり、スクリプト言語とUnix系OSと言う条件でなければいけませんが、この条件下であればさまざまなUnix系のOSでの開発が可能となるため、幅広い開発がおこなえることが特徴として挙げられます。

 

【難しくない開発】

 

 

2つ目は、スクリプト言語を活用するソフトウェアを使用するためには、コンピューター(コマンド)が必要になります。従来のコンピューターの言語処理では、現代の情報社会についていけず機能や操作性に衰えが生じてきます。

その問題を解消するのがUnixとなり、独自のコンピューター内部で作成ができると言う点で楽しめます。効率的に単純化したシステムを作り上げることができ、作れるコマンドの個数は開発する人により無限に作成が可能です。

ユニケージ開発手法で開発したコンピューター内部のスクリプト言語を、数十個にまとめ集約することが基本となります。

大きな特徴としては、単純に見える簡単なソースプログラムを使用します。ソースプログラムを用いて多くの人が独自に書き換えることが可能です。

 

ですが、単純な見た目だからといって、はじめの段階から簡単に作成することができたということでもありません。長年の経験の中からシンプルで簡単な形式に纏め上げることができるようになりました。

長年の積み重ねで簡単に快適に言語を扱えるシステムが生まれ、その後の開発が誰でも簡単に利用することができるのが現代です。

つまり、ユニケージ開発の本質は、開発者の高度な技術による開発システムではありません。複雑なコードを構成したり、といった難しい開発手法で行うことをせずに開発できます。

結論、アイディア次第では誰でもシンプルな技術とシンプルな理解で開発を実現できることがユニケージ開発の特徴になります。

そこに経験を加えることによって、磨き上げられ高い技術や知識が身に付くのがユニケージ開発手法です。

 

【正しく証明できる】

 

 

3つ目は、ユニケージ開発の特徴として、一般的な人でも理解しやすいテキスト形式での実行を中心として開発できます。単純明確な基本的な機能の行列形式、ヘッダー、タグ形式など幅広い範囲をサポートしています。

Unixの構成に従って配置することが可能な、一般的なテキストファイル類を小さい単位に1つずつ置き換えます。そして、大きいデータで一括して蓄積すること無く、小さいデータ単位の積み上げで構成保存できます。

このような形式でデータを処理することにより、小型のデータで簡単に取り扱いができ、効率よく処理することが可能となります。

発生したデータをそのままファイルに保存する手法をとり、データを消去する事はありません。つまり、入力作業を行った場合1エディターにつき1ファイルが生成されます。

ファイル数の数は膨大になり、増え続けることが懸念されますが、現代ではその心配はありません。最近のデータの扱える機能性はとても優秀で無限に保存や管理が可能です。

それにより、修正されていない無修正のデータでしっかり信用性での評価となる重要点からこのような手法をとっています。

理由としては、データを正しく証明できるため、小さいファイルを生成することが、基本的な考えとその考え処理方法となります。

上記の信頼性や情報データの正式な証明を軸に置いているのがユニケージ開発の特徴になります。

 

内容

 

【内容の作業手順】

 

 

・手順1

非同期で発生することが多くあり、テキスト形式とは限らないことが特徴に挙げられます。

・手順2

手順1のデータを秒、分、時、日のように期間的にシステムを情報処理します。この時にイレギュラーデータが取り除かれ、一般的に手順2がテキストデータ化されます。

・手順3

業務上で行うようなファイルに分類や整理したデータなどを時系列に処理します。この時手順2のデータを発生種類ごとに項目を分類して整理します。

・手順4

データは、アプリケーションと呼ばれることもあり、単位、出力に便利な構成されたファイルで構築する作業が手順4です。

・手順5

出力データを扱います。システムをユーザが操作したときに、動作する発生データを示しています。この発生データを保存しておくことにより、出力データの検査やシステムを管理する業務などにも利用されることがあります。

 

【完全分散処理】

 

 

ユニケージのシステムはサーバー、ソフトウェア、データ配置に反映されます。この時サーバー内では「理解」と「分類」が同じ意味として認識されます。

サーバー、ソフトウェア、データ配置を分けることにより、各役割事に明確な役割に特化し、他の無駄な機能の処理を行わないことにより、シンプルで無駄のない早い処理が可能となります。

単純特化された機能を積み上げることにより、良いものができると言う発想から生まれたシステムです。

また各サーバーごとに自立可能なシステムを採用しているため、必要に応じて違う場合にもシステムを実行することが可能。つまり、自立可能な各サーバーは出た結果を交換し合い仕事をしていくことが可能です。

このような形式でのサーバーネットワークを表す言葉として「コンピューターズ・コミュニティー」と呼ばれています。

ユニケージ開発の特徴として、データ加工やアレンジを加えることができる自由で現代に対応できる開発システムのことを可能にしたのがユニケージ開発手法になります。

 

【まとめ】プロモーションは4種類!戦略の立て方からその効果まで徹底解説!

マーケティングにおいて重要な要素であるプロモーション。商品をより多くの人に広めるには、マーケティングの戦略と効果を理解するのが一番です。とはいえ、どのような方法があるのかについては意外にも知られていません。今回はそんなプロモーションの種類や効果、そして戦略の立て方まで徹底解説していきます。

 

プロモーションについてまずは知ろう

 

プロモーションはマーケティングに重要な要素のひとつ

 

 

私たちの生活において必要な食べ物や家電製品、服や車などは基本的にお店で購入します。しかしただお店に並べるだけでは商品は売れません。より多くの人に購入してもらうためには、広告を出さなければいけません。こうした商品を多くの人に届ける一連の流れのことをマーケティングといいます。そしてその中でも広告などを出して宣伝することを、プロモーションといいます。

マーケティングというのは基本的にマーケティングミックスという4つの要素でできています。この4つの要素はすべてPから始まっており、商品という意味のProduct、価格を意味するPrice、販売チャネルを意味するPlace、そして広告宣伝活動を意味するPromotionから成り立ちます。したがってプロモーションというのは、マーケティングにおいて商品を多くの人に広めるという重要な役割があるのです。

 

プロモーション=PRではない?!

 

さてこのプロモーションという言葉、多くの人はPRと混同して考える人が多いはずです。確かにPRはプロモーションと似ていますが、実はまったくの別物です。プロモーションといってもその種類はさまざまであり、広告や販促、人的販売などを総称してプロモーションというのです。

PRというのはこのプロモーションの種類のひとつであり、パブリックリレーションズという言葉の略称なのです。本来のパブリックリレーションズの意味は、企業とそこに住む人々の間で良好な関係を築く、という意味です。しかし最近では広告と同じ意味と捉える企業などが増え、結果的にプロモーションとPRが混同してしまうようになったのです。プロモーションは広告宣伝活動、PRは企業とそこに住む人々でよい関係を築くこと、この違いがあることを忘れないようにしましょう。

 

最低限知っておきたいプロモーション手法:試用手法

 

 

商品の魅力をフル活用できる!

 

ではここからは、プロモーションによく用いられている種類について紹介していきます。たまに化粧品などで無料サンプルをプレゼント、というような宣伝を見かける人もいるはずです。このように無料サンプルをプレゼントしたり無料モニターを募集してプロモーションする方法を、試用手法といいます。家電量販店などでたまに行われる実演販売も、実はこの試用手法の一つなのです。

この手法の最大の効果は、商品を実際に見て触れて実感できるところです。百聞は一見に如かず、ということわざがあるように、実際に見たり使ったりしないとわからない商品も当然ながらあります。そのような商品を実際に使用しているところを見せたり自分で使ってみる機会を与えることで、購買意欲をあげたりリピーターをつけたりすることができるのです。

 

ターゲットと方法さえ気をつければ問題なし!

 

試用手法は商品を使ってみたり実演することがメインとなります。そのため商品ごとに適切な方法を取る必要があります。店頭でサンプルを手渡しするか郵送するかで、必要な費用は大きく変わってきます。広めたい商品に適した適切な方法をとることで、コストを抑えつつも顧客を獲得することができるのです。

そしてこれは試用手法に限ったことではありませんが、ターゲットを決めることが何よりも大切です。この商品はどのような年代の人に使ってほしいか、どのようなことをしている人にすすめたいかをしっかりと決めましょう。ターゲットと無料体験などの機会を与える方法を間違えなければ、確実に効果を発揮することができます。

 

最低限知っておきたいプロモーション手法:プレミアム手法

 

 

お得をプラスして顧客を増やす!

 

プロテインやダイエット食品などの健康食品で、今なら便利なシェーカーをプレゼントします、というようなキャンペーンをすることがあります。食べ物の場合は高級数の子に今なら塩辛もおつけします、というようなこともします。このように一番購入してほしい商品に何かをプラスして、お得感を出す手法のことをプレミアム手法といいます。

健康食品やダイエット器具、さらには食べ物など幅広い商品で使う事ができる手法であり、新規の顧客を獲得したりリピーターを増やしたりなど、やり方次第でさまざまな効果を出すことができる手法です。幅広い商品で活用することができ、食品系や家電製品、健康用品などでは特に多く用いられている手法です。

 

事前準備は入念に

 

多くの企業などで用いている手法なら簡単にできるのでは、という甘い考えを持つ人もいるかもしれません。しかし、そう簡単にいかないのがプレミアム手法です。いくら良い特典や景品をつけても、場合によってはその景品目当てで購入する人が出てきてしまいます。

そのため、特典として付ける景品のチョイスや内容など、事前の準備や計画が最も重要となります。プロテインとシェーカーの組み合わせであれば、必然的にプロテインを購入するリピーターを作ることができます。このように一番売りたい商品は何かをしっかりと確認し、あえて新規顧客を取り入れることに重点を置いた特典のチョイスをすることが最大のコツです。シェーカー目当てでプロテインを購入するという人はそうそういないはずです。

 

最低限知っておきたいプロモーション手法:プライス手法

 

手軽さでは圧倒的に有利!

 

 

スーパーなどのタイムセール、ショッピングモールなどのバーゲンセールの特徴といえば、普段より値段が安いことです。この値段を下げるという安易な方法も、実はプライス手法という立派なプロモーション手法の一つなのです。

プライス手法の最大の効果は、新製品だけでなく既存の製品でも効果があるところです。プロモーションをするのは決して新しい製品とは限りません。既存の製品でもプロモーションをすることもよくあります。何よりどこでも手軽にすぐできる手法のため、臨機応変に対応できるのもメリットです。

 

値段の下げすぎに注意

 

 

手軽にすぐできる手法であるプライズ手法。しかしその分、注意しなければいけないことは多くあります。その中でも特に注意すべきことは、値段を下げすぎないことです。確かに値段は下がれば下がるほど多くの人が手に取りやすくなります。だからといって下げすぎてしまうと逆効果です。あまりにも安すぎる商品は裏に何かあるのではないのかと消費者が感じてしまい、その結果売れなくなってしまうのです。

また価格を下げるということは、それだけお店に入る利益も減ってしまう可能性もあります。薄利多売のスタンスは一見良いことのように聞こえますが、一歩間違えると売り上げが減少してしまうというリスキーな面もあります。最悪の場合原価割れを引き起こすこともあります。プライス手法をするときは、自重するということを意識して行いましょう。

 

【知っておきたい!】『みなし残業』のメリット・デメリットを徹底解説!その仕組みから現状まで分かりやすく解説します。

「みなし残業」を聞いたことある人は多いのではないでしょうか?自分に関係ないと思っている人ほど要注意です!残業関係で、なんとく把握しているという方も多いこの「みなし残業」。言葉的にもマイナスなイメージを持たれがちですが、実は私たちの働き方にもメリットがあります。私たちの仕事に必ず関係してくる「みなし残業」。一体どんな内容なのか知っておきたいですよね。今回は「みなし残業」の仕組みと、メリット・デメリットを通じて詳しく紹介していきます。

 

みなし残業とは?

 

 

「みなし残業」を取り入れている企業も多く、誰しも一度は見たことや、ニュースなどで聞いたことはあるかと思います。

早速「みなし残業」がどうしてあるのか、その仕組みと一緒に紹介しますので、ぜひチェックしてください。

 

みなし残業の仕組み

 

「みなし残業」と言われることが一般的ですが、正式名称「固定残業代」と言います。

これは、残業をしたと“みなし”て支給されるから「みなし残業」とも言われるようですが、名称は企業によって異なることもあります。

この「固定残業代」とは、本来ならば残業代として支給しなければならない時間外・休日・深夜労働の割増賃金をあらかじめ定額で支払われることを言います。

なので「固定残業代」で契約している企業は、スタッフが固定残業代分の時間を働いた・働いていいないに関わらず、固定残業代をスタッフに支払う義務が発生します。

 

みなし残業のメリット

 

 

みなし残業のメリット① 定時に帰れば得になる

 

みなし残業は、残業しなくても一定時間の残業時間分の給与が振り込まれます。

なので、実際に残業せずに定時で業務を終了し帰ればその分の時間を自分の好きな事ができますよね。

なので、固定残業代の時間分はしっかり支給され、且つ定時に帰ればその時間分だけ自由に使えるため、お得になると言えますね。

 

みなし残業のメリット② 不公平がない

 

就業時間中にしっかりと効率的に業務を行い、定時に退社するスタッフと残業代を目当てに残業する、いわゆるダラダラ残業するスタッフでは、後者に別途残業代を支給するとなれば不公平ですよね。

スタッフ同士の不公平さ、ダラダラ残業をなくし業務効率を図れるメリットがあります。

 

みなし残業のメリット③ 企業側にとっては給与計算が楽

 

残業代の支給の為に、個々人の残業時間に応じて給与計算を行うと企業側にとって負担になります。

なのであらかじめ、みなし残業代として残業時間を定めてその超過分を支給すると給与計算が楽になりますよね。

しかし、給与計算が楽になると言っても、企業側がスタッフの残業時間を把握しなくて良いというわけではありません。

みなし残業の規定されている時間を超過した場合は、別途残業代・割増賃金代を支給されます。

 

みなし残業のメリット④ 安定した収入

 

 

残業時間をするかどうか、また時間数に応じて残業代の支給が変わり、給与額に変動が出てしまいますよね。

そうなると毎月の収入が不安定になる可能性もあります。

みなし残業を導入することで、残業時間の有無に関わらず支給されること。

また、残業時間が規定時間分を超過した場合別途プラスで支給され、よりスタッフが安定した収入が得られることがメリットと言えるでしょう。

 

みなし残業のデメリット

 

 

みなし残業のデメリット① みなし残業時間分の勤務

 

みなし残業時間分の給与があらかじめ設定されているため、企業によっては「残業時間分は働かなければ」という雰囲気があるかも知れません。

結果「なんとなく帰りにくい雰囲気…」と気疲れをおこしてしまったり、明らか就業時間以上の業務量を任される可能性もあります。

しかし、業務に問題なければ、残業勤務をする必要はありません。

 

みなし残業のデメリット② 基本給が低くなることも

 

支給はみなし残業代が多く設定されていて基本給が低くなっている。ということはありませんか?

一般的に賞与や社会保障の手当金の算定は、基本給から算出されることが多く、基本給が低いとその分、金額が低くなる傾向があります。

なので、トータルの支給額が高くても、みなし残業代が多いと全体の整合性を取るために、基本給を低く設定する可能性もあります。契約時の支給明細には注意が必要です。

 

みなし残業のデメリット③ 残業がある程度多い

 

 

「みなし残業が設定されている=その時間分の残業発生する可能性が高い。」とも取れます。

自分が希望する仕事内容・残業時間を踏まえて、どれほど調節できるのか。よく考える必要があります。

また、残業時間があまりにも長い時間で設定されていると、サービス残業を助長される風土もあるかも知れません。

 

みなし残業のデメリット④ あまりに時間が長いと心身負担に

 

一般的に、45時間以上の残業は禁止されています。

なので、もし45時間以上のみなし残業が設定されている場合にはその企業はいわゆるブラックの可能性が高いです。

あまりに長い残業を行うことで精神的・身体的に負担になるため、一度労働基準監督署に相談すると良いでしょう。

 

Sansan株式会社 ~ビジネスにおける「出会いの証」、名刺からイノベーションを生み出す~

「名刺からイノベーションを生み出す?」と思われる方も多いと思います。Sansanが提供しているのは、「Sansan」と「Eight」という法人向け・個人向けの2つのプロダクト。これらのサービスは、「ビジネスの出会い」、つまり名刺を正確にデータ化し、そのデータを起点とした様々な機能を活用できるクラウドサービスです。そんなSansanで得られる経験や働く環境、採用事情まで、幅広くご紹介します!

 

 

金 明正さん

入社前は業務委託としてSansanの中途採用に携わっており、ご縁があって、2018年9月中途採用マネージャーとして正式入社。2019年8月からは、新卒採用マネージャーも兼務。Sansanの採用部門全体のマネジメントを行い、組織強化・採用力強化に取り組んでいらっしゃいます。

 

 

Sansanが手掛けるビジネスの全貌

 

 

名刺でなくていい。市場はこれから作り出していく

 

本多

御社は、年間約22億枚交換されると言われている「名刺」を切り口としたソリューションをベースとした事業展開をされています。今後この市場は伸びていくのでしょうか?

 

金さん

実は、我々は「紙の名刺を単にデータ化すること」のみを行なっているわけではありません。我々は、名刺交換、すなわち「ビジネスの出会い」のデータとテクノロジーを掛けあわせることで、顧客の企業活動を横断的に後押しし、ビジネスそのものの成長を促進させることを目指しています。名刺をデータ化してビジネスに活用することに本気で取り組んだのは、手前味噌ではありますが、我々が世界で初めてと言えるくらいではないかと思っています。そういった観点から、「市場規模がどのぐらいあるから」という話ではなくて、そもそもそういった市場を我々が一から作ってきた、という意識でいます。

 

本多

名刺管理市場におけるシェアは80%以上、契約件数は6,000件以上(注)と、圧倒的な存在感ですね。

 

金さん

「世界のビジネスシーンにSansanがイノベーションを起こす」という観点からすると、世の中を変える程のインパクトは、まだ何も与えられていないと考えています。日本国内だけでも400万社近い企業があると言われていますので、その数字から見てもまだまだ大きな余地があります。また、すでに導入して頂いているクライアント様に対しても、もっとSansanを効果的・効率的に活用いただき、ビジネス成長に繋げていただくことができると思っています。まだまだ課題だらけですが、それが弊社の成長可能性だと考えています。

先日のインタビュー記事で、弊社社長の寺田が、Sansanは「フェーズ3」に入ったと話しています。創業から最初の5年がフェーズ1。積極的な投資を行い広告宣伝で露出が増えると共に、お客様が増えて、成長が加速してきたフェーズ2。そして、それを基盤として多角的に事業を成長させていく新たなフェーズ、それが現状のフェーズ3です。

 

(注)クラウド名刺管理サービス「Sansan」および名刺アプリ「Eight」の企業向けサービス「Eight 企業向けプレミアム」をご利用いただいている契約数の合計。

 

「出会い」からイノベーションを生み出す

 

本多

御社のミッションは「出会いからイノベーションを生み出す」です。ここについて、詳しくお話頂けますでしょうか?

 

金さん

いつの時代も、世の中を変えてきたのは人と人との「出会い」です。テクノロジーの力で出会いの可能性を最大化し、ビジネスにイノベーションを起こしたい、ひいては名刺からはじまる出会いそのものを変えていきたい、という思いを表しています。

ビジネスにおける「出会い」の際に交換する「名刺」を正確にデータ化することで、資産として活用できるようにする。名刺をデータ化し管理する方法は、もちろんSansanができる以前にもありましたが、共有し、さらに様々な企業活動へ応用させようという発想はこれまでになく、先ほどお伝えしたように前例のない挑戦ということになります。

現在、法人向けのSansanは、「名刺管理から、ビジネスがはじまる」というコンセプトのもと、動画を見る時はまずYouTubeを見る、買い物をする時はまずAmazonを見るといったように、「ビジネスを始める時にはまずSansanを見る」という、ビジネスパーソンにとって欠かせないプラットフォームとしての価値を確立するための機能拡充を行なっています。

 

カスタマーサクセスという役割

 

 

本多

続いて、「カスタマーサクセス」について教えてください。御社のビジネスモデルにおいて、とても重要な役割を担っていると思いますが、具体的にどのようなことを行なっているのでしょうか?

 

金さん

そうですね。導入支援を皮切りに、実際の運用についてのコンサルティングを行います。その会社の事業課題・営業課題を、Sansanというプロダクトを活用することでいかに解決するかを提案することも役割の一つです。「こういう状況だと、Sansanが役に立ちます」「営業先に訪問する前に、必ずSansanの情報を見ておくといいです」など、Sansan導入後にお客様と並走し、Sansanの利用メリットを実感していただくための様々な提案をさせていただきます。

潜在化した課題を顕在化し、それをいかにSansanというプロダクトを活用して解決するかを提案することができるか、ということも求められるので、難易度はかなり高いと思います。Sansanで名刺情報を共有することで「便利だな」と思って頂けても、それ以上の価値を見いだすことは、最初はなかなか難しいでしょう。そこに踏み込んでしっかりと並走することで、Sansanというプロダクトの価値を100%理解いただくことが役割になっています。

 

「名刺のデータ化」の根幹を担うDSOC

 

本多

「DSOC」は、御社のビジネスにおいてどのような役割を担っているのでしょうか?

 

金さん

DSOCには、画像処理やAI、データサイエンスなど、多様な分野の研究スペシャリストが在籍しており、データ化業務の自動化・精度向上、サービス向上のためのデータ分析・活用を担っています。ほとんどを人力で行なっていた名刺のデータ化を独自にシステム化することで、より大量のデータを低コストで処理できることを実現しました。そして、そのように正確に処理されたデータを分析し、どのようにサービスに活用できるかを日々研究しています。

 

本多

今では、名刺のデータ化は、すべて自動化されているのでしょうか?

 

金さん

手入力と画像認識技術の組み合わせで、99.9%の正確さをキープしています。手入力に委ねる割合が大きくなるとそれだけコストが高くなってしまうので、いかに自動化の割合を高めていくかがポイントになってきます。

このように、技術力が試されるDSOCは、エンジニアにとってはとても刺激的な環境ですし、Sansanのビジネスを支えている、根幹といえる部門です。

 

【知っておきたい!】上流工程のエンジニアに求められるスキルを徹底解説!そのなり方も含めて分かりやすく解説します。

エンジニアは上流と下流に別けられどちらも大切な仕事になります。主にイメージしやすいエンジニアのコーディング作業型は下流工程。上流工程はそのエンジニアたちの作業のスケジュールや、クライアントの打ち合わせなど、調整管理職のような立ち位置の職種。この職種のスキルやなり方などに注目し分かりやすく徹底解説していきます。

 

上流工程のエンジニアとは?

 

 

 まずエンジニアの仕事は上流工程と下流工程に別けられます

上流工程は仕事のスケジュールや業務の企画から完了までの業務工程を調整する仕事が主な仕事です。

下流工程はプログラミングの打ち込みなどのコーディング作業が中心で、エンジニア本来のイメージの仕事が主な作業になります。

上流工程のエンジニアは下流工程のエンジニアたちをまとめあげ仕事を整理し、調整するのが大きな役割となります。主にプロジェクトなどの仕事の始まりを担う大切な役職と仕事の完了までの流れを調整する職種になります。

下流工程のエンジニアが激務になるかどうかは、上流工程のエンジニアに左右されることが大きいため、その分、本来のエンジニアとしての仕事は少なくなる反面圧倒的な重役とプレッシャーがのしかかってくる重要な役職です。

 

求められるスキル

 

①【技術面+経営面】

 

 

大まかな結論からいうと「技術面+経営面」のスキルが求められてきます。最も必要不可欠なスキルとしてはエンジニアの技術的なスキルが1番の大切なスキルとなるでしょう。

それに加えてあらゆる企業と商談を重ねる立場から、経営面での知識や企業の視点からエンジニアの求められる要素などを独自に把握するスキルが必要なため、おのずと広い意味での経営者視点の思考スキルが必要になってきます。

上記の内容をまとめるとエンジニアとしての技術的スキルとビジネス面での経営者視点の思考スキルが求められます。

②【柔軟性】

 

 

上記のようなスキルが必要となり、エンジニアの仕事をしっかりわかっている優れた技術者が主に付ける役職となります。営業の知識を蓄えることにより商談での有利な立ち位置を獲得することができるため、それによりエンジニアの負担を減らせ激務を避けることができます。

それに加えてコミュニケーションのスキルと先読みする思考スキルが求められてきます。

クライアントの要望に答えるために仕事を請け負う際の条件から目的を予想し、予想した結果に上手くクライアントの求めるビジョンにコミットするスキルが必要です。

他にもスケジュール管理やエンジニアたちのレベル把握&エンジニアに合わせて難易度の調整など、管理業務をこなせなければならない柔軟性が必要です。

さらに思わぬ仕事のトラブルなども上流工程のエンジニアが責任者となって対応に追われるため、対応力が必要になります。

上記の内容をまとめるとコミュニケーションと先読み思考力&論理的な対応力などが必要で大まかにまとめてしまうと柔軟性が必要不可欠な職種です。

 

上流工程エンジニアのなり方

 

①技術をまず身に付ける

  

 

上流工程のシステムエンジニアになるためには、まずエンジニアの技術を習得しなければなりません。そのためにエンジニアの技術を学べる会社に就職するなどして未経験の人は「0」から技術を習得する必要があります。

すでに技術をお持ちの人はワンランク上の企業に勤めるなどして、技術の向上のステップを踏んでいって技能も知識も上位の立ち位置にいけるように努めていきましょう!

上記の術を見つけたら次は下記に記載してあるスキルを身に付けましょう!

 

②技術以外のノウハウを勉強する

 

 

方法は独学でもスクールに通うでもむしろそういった技術が身に付けられる職種に変えてしまうなどしてエンジニア以外の知識を蓄えることが大切となります。

ですが闇雲に勉強しても身に付くものではありませんので、しっかりと軸を抑え勉強をすることをおすすめします。ビジネスの本などやコミュニケーション能力の本、心理学、脳科学などの本を主に読むことを推奨します。本を読む方法であれば仕事を変えずにエンジニアの仕事も続けて勉強できますし、一流の技術を持っている人が書いた本が書店に並んでいます。いってしまえば読書はさまざまなジャンルのトップクラスの思考の集まりなので会社に就職してノウハウを学ぶよりも遥かに早く効率と質が保証されます。

学びたい人がすることは膨大な情報から必要な情報だけを抜粋する作業とスキルを身につければ学べます。有益な情報の宝庫ですので、欲しい情報だけを読み取得することができるとてもオススメな方法となります。

上記のような本を読んで勉強する方法が1番現実的で実現性が高い方法と思いますのでおすすめします。

 

【知っておきたい!】上流工程の情報

 

①知っておきたい知識と情報【オラクルマスター】

 

 

オラクルマスターといわれるオラクル認定資格制度を取得することで、世界的に自分の技術を示せる技術の資格があります。

難易度は最大で4段階あり、Bronze(ブロンズ)、Silver(シルバー)、Gold(ゴールド)、Platinum(プラチナ)の順に難しくなっており、Silver(シルバー)以降の認定を受けると世界共通として技術が認められるのがオラクルマスター資格です。

資格のレベルが上がれば自然と年収も向上するので年収を上げたい人が取ることを推奨します。

Bronze(ブロンズ)は比較的簡単な業務経験での取得が可能ですので、業務の経験がある人は詳しく調べてみるのもよいでしょう。