【まとめ】フリーランスの仕事の種類は何種類?!それぞれの将来性・資格・スキルなども併せてご紹介します!

フリーランスの成果には「どのような仕事の種類に着手するか」が重要です。この記事では、フリーランスとしての活動を開始する前に把握しておくべき、仕事の種類をまとめて紹介します。それぞれの将来性や、求められる資格やスキルを把握することで、効率的に成果を残せるフリーランスを目指すことが可能になります。

 

フリーランスという仕事の仕方を考える意味

 

 

副業元年と呼ばれる2015年から2018年までの間に、1,119万人もの方々がフリーランスという仕事の仕方を選択しています。また、クラウドソーシングサービスを提供する企業であるTHELANCERSは、以下のような推移を公表しています。

フリーランスが2015年の913万人から2018年は1,119万人と4年間で約23%の増加。経済規模で14.3兆円から20.1兆円と約41%の増加が見られています。日本の労働系KPIが軒並み右肩下がりの中、このフリーランスの経済規模20兆円は、総給与支払額200兆円の10%となり、決して無視できない規模となってきました。

(参照:https://www.lancers.jp/magazine/31221)

 

政府が働き方の変革を推進している現在では、企業に所属しないフリーランスという仕事の仕方を検討すること自体に大きな意味があると言えるでしょう。

 

フリーランスの仕事は多種多様!

 

 

2015年から4年ほどが経過した現在では、フリーランスの仕事の種類は挙げ始めれば切りがないほど多様化しています。まずは、すでにフリーランスがこなしている仕事の種類を、ITエンジニア系、デザイナー系、ライター系の3つにわけで紹介していきます。

 

ITエンジニア系の仕事の種類

 

すでにフリーランスがこなしている、ITエンジニア系の仕事には10以上の種類があるとされています。代表的な仕事の種類には以下のようなものがありますが、テクノロジーの進歩に応じて今後も増加すると考えられます。

コーダー・アプリケーションエンジニア・インフラエンジニア・ゲームエンジニア・サーバーエンジニア・スマートフォンエンジニア・データベースエンジニア・ネットワークエンジニア・フラッシュエンジニア・プロジェクトマネージャ・フロントエンドエンジニア

 

デザイナー系の仕事の種類

 

一昔前まではプロだけがおこなうものと考えられていたデザイナーという仕事も、フリーランスがこなすようになっています。細かく分類すると以下のような種類で、現在のフリーランスが活躍しています。

3Dデザイナー・Webデザイナー・イラストレーター・グラフィックデザイナー・ロゴデザイナー・キャラクターデザイナー

 

ライター系の仕事の種類

 

Webメディアが一般化したことで、ライターという仕事もフリーランスがその役割を担うようになっています。一口にライターといってもその文体に応じて、以下のように分類されます。

Webライター・編集者・翻訳者・テクニカルライター・コピーライター・記者・コラムニスト

 

フリーランスに求められる将来性のある仕事3種類

 

 

フリーランスという仕事の仕方を選択する方が増えるのと比例するように、フリーランスが着手する仕事の種類も増加しています。しかし、着手できる仕事が増加している一方で、将来性のある仕事を選択することも難しくなっている点には注意が必要です。。ここからは、フリーランスに求められる将来性のある仕事を3つ紹介します。

 

アプリケーションエンジニアの将来性と求められる資格やスキル

 

 

すでに企業に属さないフリーランスへと仕事が割り振られ、今後もその数が増加していくと予想されるのがアプリケーションエンジニアです。JavaやRuby、PHPといった言語を使用し、クライアントが求めるシステムを構築することが、アプリケーションエンジニアの仕事であり、求められるスキルです。

先ほど触れたように、ITエンジニア系の仕事にはインフラエンジニアやサーバーエンジニアといった種類もあります。ただし、フリーランスにはアプリケーションを1つの作品として納品でき、そのあとの対応まで求められないという働き方がおすすめのポイントです。

 

Geekly Media ライター

PuG88

0

キャッシュレス決済がアツい!日本国内での普及度は?注目のサービスも紹介します!

キャッシュレス決済は日本政府が推進していることでもあり、現在多くの企業がサービスを展開しています。日本ではなかなかキャッシュレスの文化はないのですが便利であり、お得に買い物できるサービスが多いので注目してみるといいでしょう。今回はその中でも注目のサービスを紹介します。

 

日本のキャッシュレス決済の進捗率は?

 

 

経済産業省がまとめたデータキャッシュレスビジョン」によると日本のキャッシュレス決済比率は約18%(2015年)という結果です。つまり5人に1人ほどしかキャッシュレス決済を行っていないということになります。ここでいうキャッシュレスとはクレジットカードも含まれており、スマホ決済や電子マネー決済はこの数字よりも更に低い結果になることがわかります。

 

日本はキャッシュレス文化がないのはなぜ?

 

 

キャッシュレス決済比率は韓国で約89%、中国約60%、アメリカ約45%という結果になり日本よりも大きく進んでいる印象があります。日本も先進国の一つであるにもかかわらず、なぜキャッシュレス文化がないのでしょうか?その理由を項目ごとに見ていきましょう。

 

現金主義だから

 

 

クレジットカード決済自体が嫌いという理由で現金を使わない層が一定いることが大きな要因です。その理由として「お金を使っている感覚がないから」や「使いすぎてしまう」という声が多く挙げられています。一時期のドラマでもクレジットカードを使いすぎてしまい、破産してしまうなどの内容がありました。その影響があるのかどうかは不明ですが、クレジットカード=使いすぎてしまうというイメージから脱却できていないのかもしれません

 

セキュリティに関する懸念

 

 

クレジットカードやスマホなどを利用したキャッシュレス決済は一部でセキュリティに関する懸念もささやかれています。今の時代は個人情報が流れやすく、簡単に自身の情報が見知らぬ相手に伝わることも多くあります。たとえば自身の携帯番号やメールアドレスも知らないうちに第三者に知られて迷惑メールという形で来た方は多くいるのではないでしょうか?

どこで誰に何が漏れているのかわからないのであれば、クレジットカードやスマホで決済をするのはコワイと思っても仕方のないことかもしれません

 

決済手段が多すぎる

 

キャッシュレス決済はクレジットカード、電子マネー、スマホなど多岐にわたる決済方法があります。消費者からすればどれを使えばいいのかわからないと言うのが本音でしょう。結局は複数に自身のお金が分散してしまい、どこに何があるのかわからなくなるという声も出てきています。

 

電気が使えないときにピンチになる

 

キャッシュレス決済の多くは電気を使うことが前提とされています。大規模な停電や災害が起きた場合は決済ができなくなるのでピンチになる可能性も考えられます。そういう意味ではある程度の現金はいくらか持っていた方が確かではあるでしょう。ただし、ATMも電気で動いていますので、あくまでも手待ちにいくらか持っているのが前提となります。

 

キャッシュレス決済のメリット

 

 

キャッシュレス決済は主に4つのメリットがあります。

 

お金を持たなくてもいい

 

お金を持たなくていいと言うのは非常にスマートです。小銭は多く持つと財布を圧迫しますし、重くなります。お札も多く入れれば財布としての見た目も良くありません。お金をおろすために銀行やコンビニに寄ることもなくなるので便利です。

 

支払いがスムーズになる

 

支払い時に財布を取り出して、金額を見ながら数えて支払うのも面倒です。キャッシュレス決済を利用すれば、カード1枚もしくはスマホだけで決済できます。スムーズな決済はレジの遅延を解消できますし、店側にしても消費者側にしても大きいメリットです。

 

決済ミスがない

 

お店側のメリットになりますが、これほど大きいメリットはないでしょう。人間は注意していてもミスをしてしまうものです。お釣りを渡す時に計算を間違えてしまう、間違って効果を余分もしくは少ない金額分を手渡ししてしまうことも十分に考えられます。消費者側としても、決済ミスがないほうがいいに決まっています。

 

実は管理しやすい

 

何を購入したのかを履歴として残せるのがキャッシュレス決済のいいところです。現金でもレシート管理すれば問題ないかもしれませんが、レシート自体はかさばりますし管理も面倒です。キャッシュレス決済でデータとして持っている方がお金をどう使ったのかわかりやすいのです。しかも、アプリによってはキャッシュレス決済したデータをそのまま家計簿にしてくれるものもあるので注目してみるといいでしょう。

 

Geekly Media ライター

gibson

0

【徹底比較!】正社員 vs 契約社員!両者の違いからメリット・デメリット含めて分かりやすく解説します!

社会に出て働くと言われて真っ先に思い浮かぶのが正社員として就職するという道です。しかし最近では契約社員という形でしか新規採用をしていない企業も増えています。ただ正社員と契約社員の違いが分からないという人も多く困惑する人も多いです。今回は正社員と契約社員の違いや双方のメリットデメリットについて説明していきます

 

そもそも契約社員とは?

 

 

働き方の方法として最も知られているのが正社員とアルバイトです。特に社会人として生活しようと思うとどうしても正社員を連想する人が多いはずです。

そもそも正社員とは他の契約形態との違いから雇用期間を定めない雇用方法と言われています。本人が退職を希望する、会社が倒産してしまうような事が無い限り働き続けられるのです。

 

それに対して契約社員とは一定期間毎に契約を更新する雇用方法です。契約更新のタイミングで契約を継続するか、破棄するかを双方の話し合いによって決める事が出来ます。

 

ちなみに同じような仕組みを持つ雇用方法として「派遣社員」がありますが契約社員が働く企業に直接雇われるのに対し派遣社員はあくまでも派遣会社の社員という違いがあります。

 

つまり契約社員とは一定期間毎に契約を更新を更新する企業に直接雇われている雇用方法という事です。

契約社員は他に「準社員」「有期契約労働者」「非正社員」などと言われる事もあります。これらは会社によってどのように使っているかが異なり会社によっては並列して使われている事もあります。

 

基本的には契約内容で変更される事が多いですがそれらの契約内容に関しては会社毎に違いが大きい部分で明確な区分けはされていません。

 

待遇面における契約社員と正社員の違い

 

雇用の安定

 


 

正社員最大のメリットと言えるのが雇用の安定です。本人が希望したり社会的に問題になるような行動をしない限りクビになるような事はありません。雇用が安定するという事は収入が安定するという事なのでそれだけ安心した生活を送る事が出来ます。

 

一方で契約社員の場合、働き方や能力次第では契約更新の際に会社に契約を打ち切られてしまう可能性があります。どれだけ能力を持っていても、現在の仕事内容が気に入っていても会社の資金繰りが苦しい時にはなかなか契約更新してもらえません。

もちろん契約期間中に一方的に契約を打ち切られるような事はありませんがそれでも正社員と比較すれば安定しているとは言えない状態です。

 

+αの収入面

 

 

収入面については毎月の支払いという意味合いにおいてはどちらが上になるかは状況によって異なります。一般的には正社員の方が上である場合が多いですが、契約社員はその道のスペシャリストになると正社員よりも破格の報酬を受け取る場合もあります。

ただ明確に差が出やすいのがボーナスや賞与と言った毎月の給与に対して+αの収入部分です。多くの場合、契約社員はこれらの+αの部分は正社員よりも低く設定されている事が多いです。会社によってはボーナスが全く無いという会社もあります。

 

出世の有無

 

 

特に大企業の正社員の場合、役職の変更や異動などを含めて出世する可能性というのが必ず存在します。出世すれば収入面でプラスがある場合が多く、基本的には正社員のメリットの1つです。

一方で契約社員は仕事内容に関しても契約以上の事をする事がないので当然出世するという事もありません。

 

福利厚生の充実

 

 

正社員と契約社員で差が生まれやすい大きな部分の1つと言われるのが福利厚生です。正社員は様々な形でより働きやすいように補助を受ける事が出来ますが契約社員はそれらの一部が制限されている、或いは存在しない場合が多いです。

近年では働き方改革の一貫もあって契約社員であってもある程度の福利厚生が用意されている場合が多いですが、正社員と全く同じ福利厚生が受けられる例は稀です。

 

契約社員になるメリット

 

 

ここまでの解説した部分ではどうしても正社員の方が有利であるように思える部分が多いです。正社員のメリットが大きいのも事実ですが、契約社員に全くメリットがないわけではありません。ここからは契約社員のメリットをピックアップして紹介していきます。

 

契約毎に内容を見直せる

 

 

契約社員の最大のメリットと言えるのが契約毎に内容を見直せる事にあります。正社員であれば基本的に昇給、出世のほぼ全権が会社側にありますが、契約社員は双方の納得の上で契約をする形なので自身の能力に見合った契約をする事が出来ます。

能力次第ではそれまでの契約になかった要素を組み込んだり、報酬の増加を打診したりなど正社員には出来ない働きかけが出来るのが契約社員のメリットです。

 

転勤がない

 

 

正社員の場合、特に大企業ではどうしても免れる事が出来ないのが転勤です。独り身の間であればまだ良いですが、結婚してお子さんもいる状態では大きな決断を迫られる事になります。

契約社員の場合、基本的に契約内容の中に勤務地も含まれているので転勤が発生する事はありません。これは契約社員の大きなメリットの1つです。

 

やりたい仕事が出来る可能性が高い

 

 

正社員の場合、入社の時点でどれだけやりたい事を説いたとしても実際にその仕事を行う事が出来るかは会社次第です。

やりたい仕事以外の場所に配属になった場合には、異動願いなどを提出しながら転属を指示されるのを待つしかありません。また例えやりたい仕事に就いたとしても配属替えや異動などで違う仕事に移されてしまう場合もあります。

 

しかし契約社員は基本的に仕事の内容まで全て契約に含まれているので契約以上の事を任される事はないです。その為しっかり契約内容を詰めておきさえすれば自身のやりたい事を行う事ができます。

もちろん異動などもないので契約期間中ずっと同じ仕事を行う事でスキルアップも可能です。

 

Geekly Media ライター

Lotus0

0

『SNSマーケティング』のメリット・デメリットを徹底解説!なぜ有効なマーケティング手法なのか?

現代の情報伝達は、テレビやラジオよりもSNSの方が圧倒的に速く伝わります。それは新たなマーケティング手法となりました。またSNSへの期待は、利用方法の手軽さやコスト面など様々です。そこで今回は、SNSマーケティングのメリットやデメリットを交えながら、SNSマーケティングがなぜ有効な手法とされているのかを徹底解説します。

 

SNSマーケティングとは

 

 

SNSマーケティングとは、個人アカウントから始まったソーシャルメディアをビジネスに活用するというマーケティング手法です。

これまでのマーケティングは、テレビやラジオといった公共の電波を通したCMや、紙媒体の広告を新聞などに挟んで配るいわゆるチラシでした。その後、インターネットが主流になった頃からは、WEBページに広告するといった手法がメインになっていきました。

しかし、TwitterやFacebookといったSNSが普及したことにより、多くの人の目に触れる広告方法から、個人のアカウントへ広告するというマーケティングが効果を上げ始めました。

現在では、利用者個人の興味に合わせた広告や宣伝文句が、個人アカウントに流れます。また、SNSを通して収集された個人的な興味や生活リズムなどもマーケティングに活用されるようになり、SNSの利用者も必要な情報を的確に収集することができるようになったのです。

そして、SNSマーケティングにおいて期待されることは、世界を繋ぐインターネット上での“大規模な口コミ”による“収益”なのです。

 

SNSマーケティングの方法

 

SNSマーケティングは、企業が単にSNSアカウントを持って宣伝するだけではありません。

もちろん、新商品やキャンペーンなどを周知する際には、企業のSNSアカウントを使って広告することで、コスト削減などにも繋がります。しかし、SNSマーケティングの真髄は、SNSを利用する個人の趣向がフィードバックされたデータにあります。

主に対象となるのが、私たち消費者の利用が多い以下のようなSNSです。

 

・Facebook

・Twitter

・Instagram

・LINE

・TikTok

などです。

 

これら全てに企業自身がアカウントを作成し、インパクトのあるワードを爆発的に広めることも可能です。しかし、SNSマーケティングでは、これらSNSを利用する消費者の“繋がり”を基に、個人の関心に対してピンポイントに広告することが重要なのです。

また、広告を見たユーザーがSNSを通して情報を拡散し、対象コンテンツへのアクセスに繋げることこそ、SNSマーケティングの目的となります。

 

SNSマーケティングのメリット

情報の伝播が早い

 

 

SNSマーケティングの最も大きなメリットとして挙げられるのが伝播の速さです。いかに速く情報を周知するかという点においては、SNSは群を抜いています。

特に、個人のアカウントに関しては主にスマートフォンを活用している場合が多いです。そのため、新しい情報の通知機能や、それをいつでも確認できる手軽さ、そして情報をシェアする手順の単純化により、想像を超えるスピードで情報が伝わります。

また、情報が拡散する時間帯も、多数のユーザーの行動に左右されるため、意図的に操作せずともまんべんなく拡散される利点もあるのです。

 

ブランディング効果

 

 

企業のSNSアカウントを持つことで、自社やその製品自体に対するブランディング効果を得ることもできます。

信頼あるインフルエンサーが情報を拡散する、あるいは多くの評価(「いいね」や「リツイート」の数)を得ることで、その価値は飛躍的に上がり、国内外に限らず周知されることになります。

企業のアカウントが有用な情報を流し続けることで、信頼性のあるアカウントとして確立すれば、それも企業のブランディングとして成り立つのです。

SNSマーケティングは、商品の広報だけではなく、企業自体の市場価値を上げるブランディングにまで影響するということですね。

 

関心や信頼度が高まる

 

 

SNSを利用したマーケティングでは、利用者の趣向にマッチした情報を広告するため、その情報に対する関心は比較的高く保つことができます。

また、拡散先となるユーザーも、拡散元と何かしらの繋がりがあるユーザーが対象であり、その情報に対する「いいね」や「リツイート」などの数も影響し、情報の信頼度も高まります。関心のある情報が、比較的信頼度の高いユーザーから拡散されることにより、広告自体の信頼度を保つ結果となるのです。

SNSを使ったマーケティングでは、ユーザーの関心とその繋がりが非常に重要な要素となり、マーケティングにおけるメリットへ直結しています。

 

広告コストの削減ができる

 

SNSを利用したマーケティングでは、テレビCMや看板広告といったものに比べ、圧倒的にコストを削減することができます。更には、その伝播速度から認知度の広がりも期待できるのです。

コストを抑えて認知度を高められるSNSマーケティングは、これまでのマーケティングの在り方すら変えてしまったといっても過言ではないでしょう。

 

対象のコンテンツへの誘導効果

 

 

SNSマーケティングでは、個人のSNSに対して関心のある広告をピンポイントで提供できるメリットもあり、それは対象のサイトや商品への大きな誘導効果を生みます。これは、自社サイトへの流入をうながし、販売促進に大きな効果を期待できるのです。

 

効果を可視化しやすい

 

 

マーケティングの効果を確認するためには“数値化”が必要です。つまり、マーケティングに対しての収益を目に見える形にするのです。SNSマーケティングでは、その可視化が非常に容易で、また正確な値を確認することが可能となります。

例えば、自社サイトへの流入元を分析することで、どのSNSからのアクセスが多いのか、年齢層から地域に至るまで、詳細なSNSマーケティング効果を確認することができるのです。

この分析から、ターゲットの変更や集約、あるいはサイト構成や製品改良など、様々な分野に効果的なデータを得ることができます。

 

SNSマーケティングのデメリット

 

悪い評判も伝播が速い

 

 

SNSマーケティングにおいてのデメリットは、いわゆる悪い評判の伝播も早いということです。情報発信元が、そもそも間違った情報を流してしまうといったミスももちろんですが、受け手であるユーザーの勘違いから悪評が広がってしまうということも日常茶飯事です。

このような事態は、企業や商品のブランディングどころか、関連する情報の全ての信頼を一瞬で失うことになってしまうのです。

 

訂正が容易ではない

 

 

万が一悪評が拡散されてしまえば、それを訂正することは容易ではありません。SNSではネガティブな情報ほど拡散が速く、更には伝言ゲームのように尾ひれの付いた状態で拡散され続けます。いわゆる“炎上”ですね。

一度炎上すると、それはほとんどの場合、時間の経過を待つしかなく、話題が消えると同時に信頼性も失ってしまうのです。

一部では、この炎上を利用したSNSマーケティングとして“炎上商法”とも呼ばれるマーケティングがありますが、真摯にユーザーを相手取る企業が利用する方法ではありませんね。

とは言え、炎上商法もSNSマーケティングという分野においては、あるいみ有効な手段との認識もあるようです。

 

SNSが有効なマーケティング手法である理由

 

SNSが有効なマーケティング手法である理由は、以下のようにまとめることができます。

 

・情報伝播が速い

・ブランディング効果を狙える

・個人の趣味趣向にあった宣伝が可能

・マーケティングにおけるコスト削減が可能

・コンテンツへの誘導効果が高い

・数値化による分析が容易

 

SNSが登場する前の、テレビCMやチラシによる広告よりも、圧倒的に有効な手段がSNSマーケティングと言えますね。

 

まとめ

 

 

インターネットを基盤としたSNSが、個人レベルで活用されることで、マーケティング手法は変わりました。テレビやラジオよりも圧倒的に使い勝手の良いスマートフォンやタブレットは、SNS利用を加速させ、個人レベルでの情報戦も繰り広げられています。

SNSマーケティングにおいて拡散する情報は、より速く情報を得たいユーザーにとっても“戦利品”となるのです。こういった面でも、伝播の速さを利用したSNSマーケティングが、とても有効な手段であることが分かります。

また、SNSマーケティングを続けていくということは、企業や商品に対する情報がインターネット上に残っていくことになります。それはいずれ、ただの広告ではなく“歴史”や“資産”としても貴重な存在となっていくでしょう。

Geekly Media ライター

佐久森

1+

『IoTセキュリティ』を徹底解説!その実際の課題から公式のガイドラインまで幅広くご紹介します!

従来のパソコンやスマートフォンに加えて、近年ではあらゆるモノがインターネットに接続されるようになりました。必要な情報が何時でもどこでもインターネットを介して取得できることは便利ではありますが、一方でセキュリティ面の課題も存在します。そこで今回は、IoTセキュリティについて、課題と公式のガイドラインを紹介します。

 

IoTセキュリティの課題

 

①IoT機器の増加

 

 

以前はインターネットに接続されている機器といえば、パソコンやサーバーがメインでした。しかし現在では、冷蔵庫や電子レンジなど一般家庭で使われる家電もIoT化が進んでおり、世界のIoT機器台数は急速に増加しています。

総務省・経済産業省の「IoT セキュリティガイドラインver 1.0」によると、2020年にはIoT機器が530億個にまで達すると予想されています。しかし、インターネットに接続されている機器が増えるということは、それだけサイバー攻撃の対象となる機器が多数存在することになってしまいます。

 

②長期間使用できるIoT機器

 

現在IoT化されている機器の中には、工場の制御装置など一度設置すると10~20年使い続けるものが多くあります。また、近年IoT化が進んでいる家庭用の冷蔵庫や電子レンジなどの家電も10年程度は使い続ける人が多いでしょう。

長期間使い続ける家電などは、セキュリティ対策も不十分になりがちです。そのため、セキュリティに弱点のあるIoT機器にウィルスやマルウェアが入り込み、数年間感染し続けてしまうリスクも考えられます。

 

③異常に気づきにくい

 

パソコンやスマートフォンであれば、ウィルスソフトが異常を検知した場合、ディスプレイにその旨が表示されます。しかし、冷蔵庫や電子レンジなどの家電では故障などの異常は表示されても、ウィルスやマルウェアの感染まではユーザーが気づくことは難しいでしょう。

また、工場の制御装置も内部にIoT機器が組み込まれていることも多く、人間による監視は十分に行き届きません。誰も気づかないまま数十年もウィルスやマルウェアに感染し続けていた、ということも起き得るわけです。

 

IoTセキュリティに関する公式ガイドライン

 

 

総務省および経済産業省では、IoTセキュリティに関するガイドライン「IoT セキュリティガイドラインver 1.0」を策定しています。IoTは近年急速に発展していますが、同時にインターネットを介したモノへのサイバー攻撃の脅威も増大します。

「IoT セキュリティガイドラインver 1.0」では、IoTの性質と課題を踏まえてセキュリティ対策を行うための取り組みを解説。具体的にセキュリティ対策方法が記載されているものではなく、IoT機器を取り扱う人がリスクを踏まえて適切なセキュリティ対策の認識を促すものです。

ガイドラインにはIoTセキュリティ対策の5つの指針が示され、開発段階からIoTサービスを提供するまでの注意点とポイントが記載されています。法令や規則も踏まえて対策例も挙げられているので、これからIoTセキュリティ対策を検討する人は目を通しましょう。

 

IoTセキュリティ対策の方針・分析・設計

 

指針①IoTの性質を考慮する

 

 

IoT機器は、家電や工場設備だけではなく、ヘルスケア・医療分野でも活用されます。そのため、IoT機器に危害が及ぶと人の命に係わる事態も起こり得るのです。そこで、経営者自身がサイバーセキュリティに関するガイドラインを踏まえて、リスクの認知と問題解決のための人材育成を行う必要があります。

しかし、外部からの攻撃への対策だけでは不十分ということも理解しておかなければなりません。なぜなら、悪意の有無に関わらず内部からIoT機器をウィルス感染させてしまうリスクもあるからです。例え内部からのミスが起きた場合でも、安全を維持するための対策が必要となります。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

0

【必見!】未経験からデータサイエンティストへのキャリアパスを徹底解説!必要な素養から難しさまで分かりやすく解説します。

データサイエンティストは世界的に需要が高まっている職種のひとつです。グローバルに活躍できるスキルを習得できることもあり、未経験からでもデータサイエンティストを目指したい人もいるでしょう。そこで今回は、未経験からデータサイエンティストを目指すためのキャリアパスと必要な素養、そして難しさを解説します。

 

未経験でもデータサイエンティストを目指せる

 

 

データサイエンティストとは、企業が持っている多量のデータを整理・解析し、企業にとって有益な情報を導き出す職業です。近年では、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の発展により、インターネット上には膨大なデータ(ビッグデータ)が氾濫しています。

そんな膨大なデータも、きちんと整理し適切な分析を行うことで、企業の道筋を指し示す重要な情報となるのです。そのため、世界中の多くの企業が有能なデータサイエンティストが求めています。

「データサイエンティスト」になるには特別な資格は必要ないので、データサイエンスの経験がない人でもデータサイエンティストを目指すことは可能です。ただし、資格が必須でない代わりに重要なのが「経験」と「スキル」です。

 

データサイエンティストへのキャリアパス

 

まずは未経験からデータサイエンティストになるために必要な「経験」を紹介します。少し時間はかかりますが、データサイエンティストを目指せる経験をしっかりと積んでいきましょう。

 

データ分析の経験を積む

 

 

多量のデータを取り扱うデータサイエンティストには、データ分析のスキルは必須です。データ分析の経験を積むことで、データサイエンティストへ一歩近づくことは間違いありません。

データ分析の仕事内容は、業種によっても異なります。例えばウェブアンケートを実施しているメディアでは、アンケート結果の集計と分析が主な業務です。アンケート結果を分析することで、どんなユーザーがどのようなサービスを望んでいるかが分かります。

このようなデータ分析の仕事は未経験でも可能な場合が多いので、積極的に応募してみるとよいでしょう。簡単な業務からスタートして、徐々にデータサイエンティストが行うような高度なデータ分析の経験を積んでいくのが近道です。

 

エンジニアの経験を積む

 

データサイエンティストはプログラミングスキルを駆使してデータ分析を行う業務も多いため、エンジニアとしての経験も役に立ちます。もしもプログラミングスキルを持っているならば、まずはエンジニアの経験を積んでみましょう。

エンジニアが取り扱うプログラミング言語は多くありますが、データサイエンティストはAI(人工知能)を活用してビッグデータを解析します。そのため、AIの研究・開発の経験を積むと良いでしょう。

特に、AIの開発に使われる「Python」というプログラミング言語の勉強会や研修の充実している企業で業務実績を積むのがおすすめです。

 

データサイエンティストに必要な素養

 

データ分析のスキルは必須

 

 

未経験からデータサイエンティストを目指すには、データ分析のスキルが必要です。データ分析のスキルは実務経験がない場合でも、書籍やセミナーを利用して身につけられます。そして、データ分析の知識はデータサイエンティストだけではなく、ビジネス全般に役立つスキル

もしもキャリアチェンジしたいと思った場合でも、ビジネスパーソンであればデータ分析のスキルは必ず役立ちます。例えば、収益管理や在庫確認、新規事業の開発においても知識が活用できます。勉強しておくと自分の力となるスキルなので、積極的に学習を進めましょう。

 

プログラミングスキルは重要

 

 

データサイエンティストはビッグデータを扱うためにディープラーニングを活用する場合があります。ディープラーニングはAIの中でも大量のデータを処理する時に役立ちます。そして、AIのプログラミングによく使われる言語が「Python」です。

Pythonは書籍の他にも、オンライン学習サイトを利用して初学者でも楽しみながら学習が進められます。Pythonを扱えるようになると、AIの研究開発の仕事に携われるチャンスも増えるのでキャリアアップも見込めるでしょう。

 

統計学の知識は大きな武器

 

データ分析で非常に役立つスキルが統計学です。統計学とは、データの個数を数えたり、平均値を計算したりするデータ分析における基本のスキルのこと。統計学の知識を持っていると、バラツキのあるデータの性質を見出せるようになります。

つまり、あらゆる方法を用いてデータ分析を行えるわけです。この素養は、データサイエンティストの業務も非常に効率化できるので、書籍やオンライン講座を活用して必ず学習しておきましょう。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

0

CMS(コンテンツ管理システム)とは!導入によるメリットから具体的なサービスまで、わかりやすく解説!

多くのメディアやWebサイト運用で用いられているCMS。コストの削減やコンテンツの更新頻度の向上、さらにはより自由度の高いデザインを実現できるなど、これからメディアなどを運営する人にとってはまさに必需品です。今回はそんなコンテンツ管理システム、通称CMSについて、わかりやすく丁寧に解説していきます。

 

CMSってどんなもの?

 

コンテンツ管理システムのこと

 

 

私達が普段閲覧しているブログやメディアは、常に誰かの手によって運用されています。もちろんそれは会社で運用していることもあれば、個人で運用しているということもあります。そのWebサイトの管理や運用で用いられているシステムCMSです。CMSはコンテンツ管理システムの略称であり、基本的にはCMSという言葉が使われています。

CMSはその名のとおり、ブログやメディアの記事をはじめとするコンテンツを管理するためのシステムです。現在公開されているWebサイトの多くは、このCMSによって管理しています。では、一体なぜこれほどまでにCMSが広がったのでしょうか。

 

現在のWebサイト運営には必須アイテム

 

 

一昔前まではFTP、ファイルトランスファープロトコルというものを使ってサーバーにアクセスしなければ更新できませんでした。そしてその際用いるファイルについても、HTMLなどのプログラミング言語で構成されたファイルしか使うことができませんでした。そのためWebサイトを更新するとなると、かなり手間がかかってしまいました

CMSはそのような面倒なことを限りなくなくし、HTMLなどの専門的なプログラミング言語を知らなくてもコンテンツを作ることができるようになっています。もちろんコンテンツを更新するときも簡単であり、特にブログなどの更新頻度が重要になるオウンドメディアの場合、高い更新頻度を実現することができます。

 

CMSのメリット

 

運用コストを大幅削減

 

多くの企業やWebサイト設計者がCMSを使うようになった理由はいくつかあります。その中でも特に多い理由として、導入や運用に関するコストを大幅に削減することができるという理由です。一昔前まではコンテンツの更新に時間がかかることはもちろん、コストもかなりかかりました。特にWebサイトの更新のたびにWeb制作会社に委託している場合は、かなり費用がかかりました

CMSの場合、特別な知識がなくても簡単に更新できるため、運用コストを大幅に削減することができます。さらにCMSの導入にかかるコストもかなり低いため、これから自社でメディアなどを運用しようとなった場合でも、気軽に導入することが可能です。

 

Webサイトの管理運用が簡単

 

 

Webサイトで最も大変なことは、完成したWebサイトの管理運用です。ただコンテンツを更新すれば良いわけではありません。毎日どのくらいの人がサイトに訪れるか、どのくらいの人がコンテンツ内のリンクに進んでくれているか、という部分もサイト運営においてはかなり重要です。

CMSの中にははコンテンツ管理はもちろん、サイトのアクセス数などの細かい部分の管理も可能です。アクセス数などが分かれば、どのようなものが今人気なのかがわかります。その上でどのような内容のコンテンツを展開すべきか、そしてどのような商品を紹介すべきかもわかります。さらに、サイトにアクセスする権限の管理も簡単です。外注でライターを雇っているなど、複数人でサイト運営をしている場合、CMSはかなり便利です。

 

CMSでできることは?

 

ホームページなどの構築と管理

 

 

通常Webサイトというのは、HTMLというプログラミング言語で構成されたファイルをサーバーに送信することで、自分が作成したWebサイトが公開されます。当然ファイルを作る場合は、別のソフトなどが必要になるなど、いろいろなものを準備する必要があります。

しかしCMSは、サーバーとドメインさえ別に用意するだけで大丈夫です。理由としては、ホームページ作成などに必要なものが揃っているためです。予めサイトのデザインなどをCMSで構築し、あとはサーバーやドメインの設定でサイト管理に用いるCMSと連携させるだけで、すぐにサイト運営を始めることができます。

 

アクセス権限の管理

 

ブログやメディアというのは、基本的にだれでも自由に書き足したりすることができません。そうしてしまうと、せっかく自分たちで作ったコンテンツが第三者によっておかしくなってしまいます。そのようなことを防ぐために、CMSではサイトにアクセスする人ごとに権限を割り振ることが可能となっています。

権限を割り振ることによって、複数人でメディアなどを運営するときの効率がかなり良くなります。メディアの編集長やライターなど、役割や担当に合わせて権限を付与することで、サイトの安全性は大幅に向上します。もちろんコンテンツの更新の際も、安心して実行することができます。

 

最低限知っておきたい超有名CMS

 

無料CMSでは最強!WordPress

 

 

CMSといっても、現在では様々な種類があります。有料のCMSがある一方で、無料で使用することができるCMSもあります。そんな無料のCMSの中でも絶対的な人気を誇るCMSが、WordPressです。無料のCMSとしての知名度も高く、個人でのサイト運営から企業のメディア運営まで、幅広いところで使われています

WordPressの特徴は、なんといってもその拡張性の高さです。プラグインが数多く用意されており、自分好みにカスタマイズすれば、使い勝手もかなり良くなります。また、ブログなどのメディア向けにテンプレートも用意されており、こちらも数多くのラインナップが用意されています。

 

Webで天下を取るならCloudCMO

 

無料のCMSの場合サポートが基本的にないため、いろいろなものを自分で準備しなければいけないというデメリットがあります。一方で有料のCMSの場合、サーバーなども予め用意されていることが多いため、企業が運営するメディアの多くは有料のCMSを用いていることが多いです。その有料CMSの中でも多機能なものが、CloudCMOです。

通常のCMSと同じくコンテンツの作成や管理などの基本的な機能はもちろん、アクセス解析などのマーケティングに関する機能もセットになっています。自社の商品を宣伝したいという場合や、マーケティングのことも考えたメディアを運営したいという人におすすめです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

0

【必見!】企業がもとめる即戦力とは?!その意味から身に付け方まで幅広く徹底解説!

多くの人が履歴書の志望動機や面接のときに使ったり、さらには企業の採用担当者も使うことが多い即戦力という言葉。しかし皆さんは即戦力とはどういうものか理解していますか。即戦力といっても、会社の思う即戦力は企業によって様々です。今回はそんな即戦力の意味から、本当の意味での即戦力を身につける術まで解説していきます。

 

その即戦力の使い方合ってる?

 

即戦力の意味

 

 

多くの人は、即戦力という言葉を聞いたことがあるはずです。特に転職の際、履歴書などに即戦力という言葉を使ったり、面接のときに貴社の即戦力となるよう全力を尽くしたい、というようなことを言ったことのある人も多いはずです。しかし中には、その即戦力の使い方は本当に合っているのか、と感じてしまう使い方をする人も少なくありません。

本来即戦力という言葉の意味は、特別な訓練を受けなくてもすぐに戦力となる存在、という意味があります。つまり、あれこれ教えなくても参加したその日に周りと同じように仕事をこなし、あっという間に成果を上げてしまう人のことを言います。

 

戦力とはどういう意味か

 

とはいえ今働いている全ての人が即戦力であるのかと言うと、そうでもありません。中には入社して間もない頃は即戦力とは言えない人でも、仕事をこなしていくうちに会社を支える大きな戦力として君臨している、という人も居ます。

戦力というのは、戦争に関わる全ての作業を総合的に遂行する能力を言います。現在は昔ほど戦争は起こっていないため、主にスポーツの世界や仕事などにおいて、会社やチームに大きく貢献してくれている人のことを戦力としていることが多いです。

 

企業の求める即戦力とは

 

企業にとっての即戦力の意味

 

 

なぜ多くの人が志望動機や面接のときに即戦力という言葉を使用するのか、それは企業が即戦力となる人を募集しているためです。この即戦力という言葉は、多くの企業でも求人を出す際などに用いています。では企業が求める即戦力とはどういうものでしょうか。

結論から言いますと、先程説明した意味と同じような人材です。つまり、研修などをしなくてもすぐに仕事を任せることができる人を企業は募集しています。ではなぜ企業はそのような人材を欲しているのでしょうか。その理由については次の部分で解説します。

 

なぜ企業は即戦力を求めるのか

 

なぜ多くの企業は即戦力となる人材を求めるのか、その理由は主に2つあります。一つは会社の負担を最小限に抑えたいためです。企業によっては未経験者のために研修期間を設ける企業もあります。しかし研修を設けるとなると、時間や手間、そして人員を研修に割く必要が出てきてしまうため、それだけ企業にとっては負担となってしまいます

そしてもう一つの理由は、企業間の競争が激化しているためです。IT業界を始め、毎年多くの企業が参入しています。当然参入する企業が増えれば増えるほど、競争も激化していきます。そのような時代において、入社してすぐ戦力となる人材というのは企業にとってかなり強力な武器となるのです。

 

即戦力となるものは?

 

資格や実務経験

 

 

即戦力となるよう全力を尽くします、と言って本当に即戦力となった人というのはかなり少ないです。そもそも即戦力となる要素としてどのようなものがあるのか、知っている人はかなり少ないのが現状です。

即戦力となるものとして最も多いものが、資格や実務経験です。よく資格は持っているといろいろ有利になるということが言われています。それは資格があるということは、専門的な分野についてかなり詳しいという証明になるためです。そして実務経験は、実際にその業務を経験したことがあるという証になります。これら2つの要素があるだけでも、かなり差をつけることができます。

 

基本的な人間力

 

 

しかし、資格と実務経験だけでは即戦力とはなれません。その他にも根本的に必要なものがあります。それこそが人間力です。具体的に説明しますと、コミュニケーション能力適応性が最も重要です。資格や実務経験もかなり強力な武器とはなりますが、最終的にはこの基本的な人間力が最も重要です。

例え資格取得のために学んで来たことが、全ての企業の業務で通用するのかというと、残念ながらそうでもありません。実務経験もいくら経験があるからと言っても、企業ごとに業務の進み方というのは異なるものです。そのため、最終的にはその企業に適応する力とコミュニケーション能力が必須となるのです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+

【知っておきたい】「就活ルール廃止」に伴う影響とは?!メリット・デメリット含めて徹底解説!

今まで経団連が制定していた就活ルールが、この度廃止となりました。これについて現在様々な懸念がされていますが、そもそも就活ルールとはどういうものなのか、そして就活ルール廃止によってどのように変化するのかが注目されています。今回は就活ルール廃止のメリットやデメリットなどについて徹底解説していきます。

 

そもそも就活ルールってどんなもの?

 

内定日や面接日などが決まっていること

 

 

昨年10月、経団連会長である中西宏明氏就活ルールの廃止を発表しました。この発表は多くの企業はもちろん、就活を控える大学生にとっても大きな影響を与えました。そもそも就活ルールというのはどういうものなのでしょうか。

就活ルールというのは、経団連の会員となっている企業に対して、経団連が定めた内定日や面接日、解禁日などを元に就活を進めるというルールです。大学生の就活というのはこの就活ルールを元に就活をし、企業はこの就活ルールを元に新卒を一括で採用しています。

 

罰則とかある?

 

 

就活ルールという名前になっていますが、万が一そのルールを破ってしまったらどうなるのでしょうか。実はこの就活ルールというのは、必ず守らなければいけないというわけではありません。あくまで対象となっているのは経団連に加盟している企業であり、逆に加盟していない企業についてはルールは遵守しなくても良いということになっています。

また会員として加盟している企業でも、あくまで内定日などは決まっていても、それ以外の日程などについては会社独自で決めても問題ありません。あくまで企業団体として、新卒の大学生を一括で募集するための一環として企業間の足並みを揃えるためのルール、という表現が正しいです。

 

なぜ就活ルール廃止となったのか

 

若者が少ない

 

 

経団連が就活ルールを制定してから60年以上たった現在、この就活ルールそのものを廃止することとなりました。ではなぜ廃止となったのか気になる人も多いはずです。いくつか原因はあげられますが、最も多いものとしては若者の人口が少ないという理由です。

ここ数年で日本は少子高齢化が進んでおり、高齢者が増えていく一方で若者の人口というのは年々減少しています。そのため就活ルールを元に新卒を一括採用するとなっても、そのタイミングで入社してくる若者が年々少なくなっている、というのが一番の原因です。

 

外資企業の日本進出

 

就活ルールが廃止となった原因は、決して若者が少なくなったからというわけでもありません。外国企業がどんどん日本に進出しているというのも理由の一つです。アマゾンGoogleをはじめとする外資系企業の多くは、経団連が定めた就活ルールに関係なく、独自のスケジュールで採用をしています。

その結果早い段階で外資系企業が新卒の学生などを取り込んでしまい、結果的に就活シーズンに入社する学生がさらに少なくなっている、という事態になっています。就活ルールというのは、外資系企業が日本進出し始めた時点ですでに機能していなかった、ということになるのです。

 

就活ルール廃止のメリット

 

通年採用が可能に?

 

 

では就活ルールが廃止となった場合、どのようなメリットが出てくるのかということについてここでは解説します。就活ルールが定められていた今までは、どのような企業でも採用時期というのは決まっていました。しかし就活ルールが廃止されることにより、企業によっては通年採用をする企業も出てくるのではないかと言われています。

通年採用するということは、それだけ好きなタイミングで面接を受けたりすることが可能になるということです。そのため、就活シーズンのピークが過ぎてしまったという人や、早い段階で内定がほしいという人にとっては大きなチャンスとなります。

 

自由な採用活動ができる

 

先程の通年採用になるということに関連していますが、就活ルール廃止によって、企業独自の採用活動をすることが可能となっています。内定日はもちろん、採用開始時期や面接日も企業で決めることができるため、企業にとってはより有利に採用活動を進めることができます。

また、外資系企業に多いインターンシップということも容易にできます。実際に働きながらその人の仕事ぶりなどを見て、その上で採用するかどうかを決めるインターンシップは、世界的な企業の採用活動ではスタンダードとなっています。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+

プロビジョニングとは!言葉の意味から種類、クラウドとの関係性まで、基礎から徹底解説!

昨今のIT業界で使われているプロビジョニング。聞いたことはあるものの意味などはまったくわからないという人も多いはずです。しかし、徐々に普及しているクラウドなどと深い関係にあります。今回は、これからのITにおいて重要なものとなるプロビジョニングとはどういうものかについて、徹底的に解説していきます。

 

プロビジョニングって何?

 

必要に応じてネットワークなどの設備を予測し準備する

 

 

ITの流行り廃りのサイクルは、他の業界と比べるとかなり早いです。特にここ最近は、そのサイクルがさらに早くなっています。そんな目まぐるしく変わるIT業界において、必要なときに応じてネットワークやコンピュータなどの設備を予測し、需要に合わせて事前に用意することプロビジョニングと言います。

プロビジョンというのは設備や供給という意味があります。どのくらいの需要があるかを予め予測し、その予測を元に事前に用意するというのが、プロビジョニングの基本的なスタンスとなっています。

 

通信の分野ではすでに用いられている

 

最近プロビジョニングという言葉が使われるようになっていますが、実は通信の分野ではすでに用いられています。インターネットが普及しはじめて間もない頃、通信というのはかなり重要なものでした。新たなる時代に乗り遅れないために、プロビジョニングというものが誕生しました。

やがてプロビジョニングはいくつかの種類に分かれ、そして現在ではIT業界全体にプロビジョニングが広まっています。ではプロビジョニングにはどのようなものがあるのか、これについては次の部分で説明します。

 

プロビジョニングの種類

 

サーバープロビジョニング

 

 

プロビジョニングといっても、その種類は様々です。その一つであるサーバープロビジョニングというのは、その名の通りサーバーを需要に合わせて設定を変更して供給することです。基本的に利用可能なサーバーを選出し、その上で需要のある企業などに合わせて設定を変更し、利用可能な状態にするまでがサーバープロビジョニングの役割です。

このサーバープロビジョニングは、インターネットサービスプロバイダホスティングサービスが主に利用しており、IBMなどからはその需要に合わせた設定変更を自動で行うソフトウェアを販売しています。

 

サービスプロビジョニング

 

 

サービスプロビジョニングも、プロビジョニングの一つです。一見難しい言葉のように聞こえますが、実は私達の生活と関係があります。例えばインターネット回線を契約した後に送られるパスワードや電子メールのアドレスは、サービスプロビジョニングの一環でもあります。

サービスプロビジョニングというのは、プロバイダが利用者に電子メールアドレスやDNSの設定などをすることです。自らサイト運営などをしているという場合は、DNSの設定などは運営者で行うことが多いのですが、インターネット回線の場合はプロバイダ側で行うことが多いです。

 

ユーザプロビジョニング

 

サイトやアプリの中には、会員登録をした上で利用するアプリなどがあります。その会員登録時に入力した情報を元にアカウントを生成したり、保守したりすることユーザープロビジョニングと言います。電子メールはもちろん、会員登録をした上で利用するアプリやサイトの多くはユーザープロビジョニングとされています。

ユーザプロビジョニングには2種類存在し、一つは完全に自動化されたものそうでないものに分かれています。とはいえ、基本的な流れについては自動化されていてもそうでないものでも同じです。このように普段何気なく使用しているものにもプロビジョニングというのは用いられているのです。

 

プロビジョニングとIT

 

最近ではITの世界にも進出

 

 

先程少し触れましたが、プロビジョニングというのはITの世界にも広がっています。そしてITの世界に広がるに連れて、プロビジョニングの種類も増えています。特に最近は、スマートフォンの普及もあり、モバイルに関連するプロビジョニングが増えています。

例えばモバイルサブスクライバープロビジョニングというのは、スマートフォンをはじめとする携帯電話に特化したプロビジョニングであり、MMSなどの携帯電話ならではの機能を供給しています。

 

日々進化するプロビジョニング

 

プロビジョニングというのは最初はネットワークやコンピュータなどの設備や環境を供給することから始まりました。それから時代とともに供給するものも増えてきて、今では数多くの種類のプロビジョニングが存在します。

そして現在、プロビジョニングは新たなステージへと進もうとしています。このようにプロビジョニングというのは、時代の流れとともに変わるニーズに合わせて、様々なものを提供できるものへと日々進化しているのです。

 

シン・プロビジョニングとは

 

ストレージ仮想化技術

 

 

突然ですが、皆さんはクラウドストレージを利用したことがありますか。ストレージは記憶領域のことであり、大切な写真や音楽などのデータはそこに格納されています。基本的にスマートフォンそれぞれにストレージというものがありますが、それでも足りない場合に利用するのが、iCloudをはじめとするオンラインストレージなどのクラウドです。

シン・プロビジョニングというのは、主にストレージ仮想化技術を用いてストレージを供給するプロビジョニングです。ここ最近出てきているオンラインストレージなどの多くは、このシン・プロビジョニングにあたります。

 

2つのストレージのリスクを解消

 

 

ストレージというのは言うなれば記憶できる量です。とはいえ、人によってストレージの使用量は異なります。あまり写真などを撮影したりしないという人もいれば、逆に音楽などが好きで多くのストレージが必要だという人もいます。それは企業も一緒です。

シン・プロビジョニングというのは、ストレージにおいて厄介な2つのリスクを回避するにはうってつけなのです。時代の流れとともに情報量というのは変わります。情報量が多ければストレージが逼迫し、逆に少なければ多くのストレージが余剰となります。シン・プロビジョニングはストレージを常に多すぎず少なすぎないちょうどよい容量を確保することが可能です。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+