【ポータグルメ】リクルートが提案する、新しい『中食』のカタチを徹底解説!

ホットペッパーグルメなどの大手ライフスタイル企業のリクルートが、2019年の新たな食事のトレンドになるとしているのがポータグルメです。この記事では、新しい中食と定義されるポータグルメの定義や特徴、実用例などを紹介します。ポータグルメの利点を理解し、プライベートはもちろんビジネスにも活用されることをおすすめします。

 

すかいらーくグループテイクアウト専用ページを運営

 

2014年から、という比較的早い段階からポータグルメにマッチした取り組みを始めていたのが、すかいらーくグループです。

すかいらーくグループはいち早くテイクアウトの専用Webサイトを立ち上げ、宅配の売上を3年の平均が年7%成長させたという実績を誇っています。

今後もQRコード決済や専用サイトのリニューアルといった取り組みを行い、新しい中食市場での顧客確保を進める企業です。

 

バーミヤン伸びにくい麺でタイパをアップ

 

中華レストランとして知られるバーミヤンも、新たな技術でタイパを高めている企業の1つです。

バーミヤンは宅配をしても味のクオリティが落ちない、伸びにくい面の開発を進めており、今後も新しい技術の導入が予想されています。

お店でなくとも本格的な中華を味わえる、新しい中食としてのバーミヤンブランドの革新を進めているのです。

 

AKINAI銀座プロジェクトではキッチンカーが登場

 

2018年11月東銀座にオープンしたAKINAI 銀座プロジェクトでは、キッチンカーが新たな中食のカタチとして注目を集めました。

タイパの高さを望むユーザーに対して、東京餃子楼や坦坦混麺紅麗produced by麺処ほん田などの有名店がキッチンカーでの販売を行い、第3のポータグルメと言われるほどの実績を上げることに成功しています。

 

ポータグルメが2019年のトレンドになる

 

 

時代的背景だけでなく、さまざまな企業の努力からも2019年の食のトレンドがポータグルメになることはほぼ間違いないと言って良いでしょう。

また、2019年を皮切りに、さらに中食は加速度を増して変化していくと予想されます。

ホットペッパーグルメなどの大手ライフスタイル企業のリクルートが提案しているという信憑性はもちろん、タイパの高さを求めるユーザーのニーズと、そのニーズに応えようとする各企業の競争は熾烈になっていくことでしょう。

 

最後に〜ポータグルメを活用して高いタイパを実感しよう〜

 

 

この記事を読んでいるビジネスマンの方々には、知識としてのポータグルメだけでなく、実際にそのクオリティを体感されることをおすすめします。

リクルートはポータグルメという新しい中食のカタチで、ユーザーのニーズと企業の動きを表していますが、今後はタイパを重視するという考え方が、多くの業界の常識になると考えられます。

スピード感とクオリティを追求する姿勢を感じることは、ビジネスマンにとって数多くのメリットをもたらしてくれるはずです。

 

Geekly Media ライター

PuG88

7+