転職活動は離職後?在職中?それぞれのメリットデメリットを徹底解説します!

転職活動を始めようと思った時、離職後であるかであるかという立場に分かれます。転職をする際にはどちらの立場が有利であるかを考慮したり、あるいは転職を急がなければならない理由を持つ人も少なくないでしょう。そこで今回は、転職活動を行うタイミングについて、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

デメリット

 

 

在職中に転職活動をするデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

・転職活動の時間が限られる

・在籍中の企業に対して後ろめたさがある

 

転職活動には、どうしても時間の制限が出てしまいます。現職の仕事中にはもちろん活動はできませんし、大きな仕事を抱えていれば、その準備などで活動には集中できません。

また、在籍中の企業に対する後ろめたさはどうしても感じてしまいます。転職理由にもよりますが、長く働いているほど”情“というものが湧いてくるものです。

 

これらは、転職活動をする上でのデメリットとなります。

 

活動の時間が限られてしまうのは仕方ありませんし、それは応募先の企業も考慮してくれることが多いのであまり心配はいりません。有給休暇が残っている場合には、それらをうまく利用することも大切です。

 

在籍中の企業に対する後ろめたさは、転職すると決めた瞬間から割り切ることが大切です。それらを振り切ってでも転職をしたいという自分の意思を尊重しましょう。

 

転職活動の方法

 

離職後でもの転職でも、転職活動の方法はほとんど同じです。ただし、の転職においては時間制限などの調整をサポートしてくれる転職サイトや転職専門エージェントを利用した方が有利でしょう。

 

ハローワーク

 

 

離職後の転職活動では、ハローワークの利用が考えられます。活動に利用するか否かに関わらず、離職した時にはハローワークを訪れることになります。

 

離職後に経済面の不安を持つ場合にも、失業保険などの手続きはハローワークで行いますので、ついでに転職の情報収集に利用できます。

ただし、キャリアップや給与アップのための転職には不向きの可能性が高いと言えるでしょう。

 

企業のハローワークへの求人掲載は無料ですので、”とりあえず“求人を出しておくという企業も多いのです。

 

転職サイト

 

 

転職サイト求人を出す場合には、企業は有料で求人掲載をしている場合がほとんどです。

 

転職サイトの求人を活用する人は多いでしょう。特にで転職活動の最初の一歩としては、転職サイトへの登録から始める人がほとんどです。転職サイトは転職活動開始の第一歩と言えます。

 

転職専門エージェント

 

 

転職専門エージェントを利用することで、スケジュール調整のサポートを期待できます。

全ての活動を一人で行うのはかなりのエネルギーが必要ですし、転職が初めてという場合にも様々なアドバイスをもらえます。

 

もちろん、離職後でもでも、その人に合わせた活動のノウハウを持っていますので、転職専門エージェントを利用すれば、活動をスムーズに進めることができるでしょう。

 

企業のホームページ

 

 

オウンドメディアを持つことが珍しくない近年、自社のメディアに直接求人を掲載している企業も多くなりました。興味のある企業を自身で見つけて、独自に応募することで、ポイントを絞っての活動ができます。

 

特に、沢山の企業への応募が時間的に難しいの転職活動では、自分の希望する企業へ効率的にアプローチする手段の一つです。

 

転職活動の適切なタイミング

 

離職後でも在籍中でも、転職活動に必要なのは「手順を知ること」と「開始のタイミングをつかむこと」です。メリットとデメリットを把握すれば、離職後と在籍中で注意することがわかります。

 

離職後に転職活動をする場合は、経済面で生活を圧迫しないように期間を逆算して活動を始めましょう。転職先の企業をある程度定めて準備をすることがスムーズに活動をするコツです。

 

まとめ

 

 

離職後との転職活動では勝手が違いますし、どちらが転職に有利ということはありません。どちらにも利点があり、欠点も存在します。

 

当然ですが、経済面を重視すればの方が余裕がありますし、活動時間を重視するならば離職後の方が自由です。

 

ただし、できればに転職を決めてしまい、離職後に少しの期間でも休暇をとり、新たな職場での活躍を目指す方が”心の余裕“を持つことができるでしょう。

Geekly Media ライター

佐久森

1+