エンジニアに英語力は必要?英語ができるとどんなメリットがあるかを紹介します!

エンジニアに英語が必要かどうか?日本人にとって悩ましいのが英語が苦手なことですよね。単語を覚えるのも難しいですし、リスニングは何を言っているかわからない。もし、そんな状態であったとしても英語は身につけたほうが絶対にメリットがあります。エンジニアと英語はこれから切っても切り離せなくなるかもしれませんよ。

 

ビジネス英会話スクールに通う

 

 

手っ取り早いのは英会話スクールに通うことです。メールでのやり取りやビジネスマナーなどを考えるとビジネス英会話専門のスクールに通うのが最善です。仕事に合った英語の習得ができるので会社帰りや休日を利用して活用してみましょう。

 

外国人との交流会に参加する

 

英語は習うより慣れよです。単純に英語の環境に身を投じることができれば、少なくとも日常会話レベルであれば何とかなります。TOEICやTOEFLの勉強をしている時にもっとも難しい問題がリスニングです。日本語と英語では発音の違いがあり、リスニングが苦手な日本人がほとんどです。しかし、人間は環境に適応する動物でもあるので、英語の環境を多く作ることでリスニングができるようになります。

そのためにも外国人が集う交流会やパブなどに行くのが適しています。新しい人脈を作れば、そこから新しい縁が生まれて仕事やプライベートの充実が図れることでしょう。

 

TOEICTOEFLの本を読んで勉強

 

資格系の本を読んで勉強するのもいいでしょう。転職を考えている場合は資格があると有利に働くことがあります。英語が話せますとアピールしても資格がなければ、どのくらいのレベルかもわかりません。TOEICやTOEFLは文法やリスニングなどの勉強ができるので本を読んでの勉強が可能です。

 

英語を習得するのにかかる時間

 

 

英語を習う上で気になるのが、どのくらいの時間がかかるかどうかです。答えを言ってしまうと「正確に答えることができない」が回答になってしまいます。個々人のスキルや言語能力に依存することがありますので正確に答えられません。ただし、目安として多く言われているのは初心者レベルで100時間、日常会話レベルで1000時間、マスターレベルで1万時間と言われています。

 

英語力があるエンジニアは大きな可能性と選択肢を持つことができる

 

 

日本で働いているから英語はいらないと思っていた人もいるかもしれませんが、今回で英語の重要性がわかったのではないでしょうか?もちろん、人それぞれの思い描くキャリアがあるので英語が絶対に必須というわけではありません。しかし、エンジニアが英語力をつけることで広がる可能性と選択肢があることは事実です。

英語の勉強をすることは努力も必要ですし、大変かもしれません。しかし、それに相当するメリットも得られます。年収を大幅に上げることも可能ですし、世界を見渡す仕事も可能です。ITは世界共通で需要があることからも、英語力を身につけて自身の可能性を広げてみてください。

 

Geekly Media ライター

gibson

3+