【必見!】未経験からインフラエンジニアへのキャリアパスを徹底解説!どう準備をすればいいかまで分かりやすく解説します!

IT化された現代の根底を支えているのは、インフラエンジニアというIT技術のスペシャリストです。そんなインフラエンジニアという職業を目指したいと思った時、まず何から始めたら良いかが分からない人も少なくありません。そこで今回は、未経験からインフラエンジニアを目指す準備とキャリアパスについて、分かりやすく解説します!

 

インフラエンジニアはITサービスを支える

 

 

インフラエンジニアとは、ITシステムのサーバーやネットワークの設計や構築、保守や運用に至るまでを司るITエンジニアです。非常に専門性の高い業務でもありますので、いきなり「インフラエンジニアになる」ことは難しいかもしれません。

それはサーバーやネットワークの仕組みや役割を深く理解し、システム全体を把握するスキルが必要だからです。

インフラエンジニアは、大きく以下のように分類できます。

 

・サーバーエンジニア

・ネットワークエンジニア

・データベースエンジニア

 

全てインフラエンジニアの範疇にあり、それぞれの異なる技術が連携し一つになって、ITサービスを支えているのです。インフラエンジニアは、想像するよりも幅広い知識が必要とされます。

 

サーバーエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるインフラエンジニアと聞けば、まず思い浮かぶのがサーバーエンジニアではないでしょうか。ITサービスのほとんどは、サーバーに置かれたプログラムが、サーバー機能と連携して提供されています。

その役割には次のようなものがあります。

 

・サーバー選定

・サーバーキッティング

・サーバー設計

・サーバー構築

・サーバー運用・保守

 

などです。

 

ネットワークエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるほとんどのサービスは、ネットワークを通じて提供されています。このネットワーク通信が効率よく利用できるように設計・構築を行い、ネットワークトラブル時にも通信障害を最小限に抑えるのがネットワークエンジニアです。

その役割には次のようなものがあります。

 

・ネットワーク機器選定

・ネットワーク機器設定

・ケーブル配線

・ネットワーク設計

・ネットワーク構築

・ネットワーク運用・保守

 

などです。

どれか一つでもミスや障害が起これば、通信障害が起こり、大規模な事故に発展してしまいます。

 

データベースエンジニアの役割

 

 

データベースエンジニアは、ITシステム上のデータを効率よく運用するため、サーバー上にあるデータベースの設計や設定過負荷に合わせたチューニングなどを行います。

その役割には次のようなものがあります。

 

・データベースの選定

・データベース設計

・データベース構築

・データベースチューニング

 

などです。

データベースエンジニアは、特にソフトウェア開発との連携も多いエンジニアです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+