カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. ゲームデバッカーってどんな職種?仕事内容や必要スキルを紹介します!
  • 職種・ポジション

ゲームデバッカーってどんな職種?仕事内容や必要スキルを紹介します!

昨今スマホゲームなどが盛んで誰でも手軽にゲームができる時代になりました。ゲームデバッカーはスマホゲームや家庭用ゲームを作る上で重要な役割になります。ゲームデバッカーがいなければゲームの進行上不具合がああっても確認できない!
そんなスマホゲーム全盛期で活躍できるゲームデバッカーとはどういうお仕事なのかを紹介させていただきます。

アイキャッチ-デバッガーとは

ゲームデバッカーってどういう仕事?

 

 

ゲームのバグを見つける仕事

 

ゲームデバッカーとは、実際にゲームをプレイしている最中にバグがないかを確認する仕事です。

ゲームデバッカーがバグを見つけ、開発者に報告してゲームのバグを改善します。

もし、ゲームデバッカーがいないと、せっかく凄く良いゲームが出来たとしても、遊んでいる最中にバグなどでゲームが進行できない事態が起こり得ます。

ユーザーが快適にゲームをプレイする上でも、ゲームデバッガーは重要なお仕事になります。

 

ゲームデバッカーの仕事内容は?

 

単純作業が多い

 

ゲームデバッガーの仕事内容は単純作業をすることが多いです。

地味な作業ですが、ゲームのバグを発見するには必ず必要な作業です

壁に何回もぶつかったり、キャラクターをその場でぐるぐる操作したりと単純作業を繰り返します。

あらゆるパターンを想定し、バグがないかを入念にチェックします。そのような地道な作業を繰り返し、快適にプレイできるか確認するお仕事です。

よく、発売前のゲームをプレイできる!と思ってデバッカーに募集する方も多いですが、開発中のゲームをプレイするため、まともにゲームをプレイできるのは稀で、背景もキャラクターもあまり描かれていない状態で壁にぶつかったり、戦闘をしたりと意外に地味な作業になります。なので、期待値を持った上で発売前のゲームをプレイしたい!という方には向いていないかもしれません。

また、ゲームデバッカーを担当した人は、内容やシステムについて絶対に口外してはなりません。

 

ゲームデバッカーはこんな人に向いている

 

 

ゲームが好きな人

 

ゲームデバッカーの作業に向いている人は、単純作業が好きな人やゲームが好きな人、これからゲームを作っていきたいと考えている人に向いています。

やることが単純作業なので、飽きやすく集中力のない方では退屈に感じてしまうかもしれません。

ゲームデバッカーは根気強く、同じことを繰り返しても疲れない方が理想です。

ゲームデバッカーのおかげで私たちが快適にゲームをプレイすることができますので、集中力があり根気強いかたにはおすすめの仕事となっています。

また、これからゲーム制作に携わりたいという方にもおすすめです。

デバック作業はゲームを作るうえでかかせない作業なので、デバック作業をしたことがあるというだけでゲーム制作に有利になること間違いなしです。

「これから良いゲームを作りたい!」「ゲーム会社に就職したい」という方にもおすすめな仕事となっております。

 

ゲームデバッカーをやるには?

 

 

アルバイトなどが多い

 

ゲームデバッカーをやってみたいけどどこで応募しているのか分からない方も多いと思います。

ゲームデバッカーはアルバイト募集していることが多く、ネットで「ゲームデバッカー 募集」と検索すれば求人サイトなどで募集している求人を見つけることができるでしょう。

デバック作業は『テスター』などの名前で募集されていることも多いです。

実際に登録して採用された場合には在宅ではなく、オフィスで作業する場合がほとんどになります。

オフィスで用意されたパソコンで単純作業を繰り返すことが多いので、ゲーム制作に興味のある方は現場の雰囲気を少しでも体験することができます。

また、ゲーム制作をしている知人や友人がいらっしゃる方は直接デバック作業を募集していないか聞いてみるのも有効な手段です

 

ゲームデバッカーのお給料は?

 

1200円前後が多い

 

デバッカーはアルバイトとして募集されていることが多いので月給ではなく時給で支払われることが多く、相場は1200円前後となっております。

デバック作業募集でよく見かけるのは

週5日、1日8時間以上シフト自由。

勤務時間は9:00~19:00の間で実働8時間。

休憩時間は75分。休日は土日祝。交通費支給。

のように多くの時間費やせる人を募集する求人が多いようです。

ゲーム毎に移動、戦闘、アイテム、ムービー等と様々な場所でバグがないかを確認しなければならず、多くの時間を要します。その為、長期で契約している方も多いようです。

ゲーム開発に携わりたい、ゲーム会社に就職したいという方は、デバック作業のアルバイトを経験することで、ゲーム会社の方と親交を持つことができます。この親交を用いてゲーム会社に転職がしやすくりますし、お金も稼げて一石二鳥です。

 

ゲームデバッカーになるための必要なスキルは?

 

 

特別なスキルは必要ない

 

ゲームデバッカーになるために特別なスキルは必要ありません。

デバック作業は主に単純作業の繰り返しですので、持っていることで役だったり、有利に進む資格はほとんどありません。

必要なのは根気、集中力、ゲームへの愛だと思います。

ゲームを制作するわけではなく、製作途中のゲームのバグを発見するのがお仕事ですので、プログラミングスキルなどの専門的なスキルも特に必要ありません。

しかし、コミュニケーションスキルはある程度必要になります。

バグを発見した場合にはスムーズに報告する必要があるためです。あまり高度なコミュニケーションを求められる訳では無いので、人と喋ることが苦手な方でもある程度のコミュニケーション能力があればデバック作業は可能ですのでご安心ください。

 

ゲームデバッカーをすることで得られるものは?

 

思わぬヒントに出会うこともある

 

ゲームデバッカーになることで様々なバグを発見し、それが思わぬヒントになることもあります。

これからゲーム制作をしたいと思っている方は、色んなバグをみることによって斜め上な発想をすることが出来るようになるかもしれません。それを活かして面白いゲームを作れる可能性が充分にあります。

最近のゲームではあまりみないですが、ニンテンドー64のサッカーのゲームで頭だけを大きくする裏技があったり、昔のゲームはバグを裏技として紹介したりして人気を博していたことも事実です。

色んなバグを見ることで普通の人では思いつかないような発想で、ゲームに組み込んでいけば、今までにないオリジナルのゲームを作ることも夢ではありません。

デバッカーの仕事は単純作業だけではなく、様々なアイディアが転がっているということを意識しながら取り組むことも大切です。

 

良いゲームを作るためにもゲームデバッカーは必須

 

 

良作ゲームもゲームデバッカーがいてこそ

 

「ゲームデバッカーの仕事は単純作業でつまらなさそう。」という方もいらっしゃいますが、デバッグ作業は非常に重要な役割です。どんな超大作のゲームでも、これから人気作になるゲームでもバグだらけでは遊んでもらうことができません。

ゲームを快適にプレイすることができなければ、ゲームの内容の良し悪し問わず悪評を貰う可能性があります。

私たちが楽しく快適にゲームができるのもデバッカーの方の地道な単純作業でバグが起こるかを確認してくれているからです。

ゲームを作る、バグを見つける、バグを修正する、ゲームが完成される、ゲームが発売される。

この工程でどれが欠けてもゲームとして成り立たないのでデバッカーもゲーム制作において欠かせないポジションになります。

 

まとめ

 

 

ゲームデバッカーは素晴らしい仕事

 

ゲームデバッカーの仕事内容などについてご説明させていただきましたが、興味をもっていただけたでしょうか。

デバッカーは単純作業で根気、集中力のいる作業ですが、「これからゲーム会社に務めたい!」「ゲームを作ってみたい!」という方にはおススメです。

デバッグ作業をする上で、職場の雰囲気を見ることもでき、ゲーム制作者の方々と親密になる可能性もあるので、ゲームに関わりたいという方は是非一度デバッカーのお仕事を体験されてみてはいかがでしょうか。

これからの時代は今よりももっと楽しく、超大作のゲームが作られていくと思います。しかし、どれだけ素晴らしいゲームができてもバグがあれば評価は下がってしまい、本当に楽しいゲームだと伝わらない可能性があります。

「ゲームデバッカーの方々によるバグ発見」があることにより、完璧なゲームが出来上がります。完成度が高いゲームをもっと身近で手軽に遊んでもらえるようにしましょう!

おーちゃん

Geekly Media
ライター

アイキャッチ-デバッガーとは

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。