カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 未経験でもプログラマーになれる!?気になる年齢の話から心構えまで徹底解説!
  • 転職準備

未経験でもプログラマーになれる!?気になる年齢の話から心構えまで徹底解説!

未経験だけど、IT業界でプログラマーとして働きたい!でも、フロントエンドってなに?サーバー?なにそれ美味しいの?年齢制限があるんじゃないの?そんな疑問を解消し、IT業界でプログラマーとして活躍できるための心構えをお伝えしていきます。

IT業界に年齢制限はあるの?

 

 

IT業界は比較的若いプログラマーが活躍しているイメージがありますよね、どこか先進的で、イケイケな若い人たちがギラついている……そんな想像を持っている方も多いと思います。

一口にIT業界と言ってもその内容は様々ですので年齢層やタイプも一概には言えません。

ですが一つだけ言えることとしては、未経験からプログラマーに転職する上で年齢による制限などは一切ありません。

確かに、web系と呼ばれる自社サービスを開発する会社は若い実力のあるプログラマーが多い傾向にありますが、そうした会社は実力主義であることが多いので年齢はあまり気にしません。

もちろん、若い人のほうが伸びしろがあったり、吸収が早かったりしますが、年齢を重ねていることがそのままハンデになるような業界ではないと断言できます。

 

年齢による制限はありません!

 

 

とはいえ、未経験からいきなり大手IT企業へプログラマーとして転職することは難しいです。これは年齢に限らず、スキルの問題として、です。

まずはSIerと呼ばれるシステム開発を他社から受注する企業へ入社し、プログラミングの基礎からみっちり勉強することをおすすめします。

そうした現場で経験を積めば業界内での転職もスムーズに進みますし、しっかりスキルが身についていれば年齢がネックになることもありません。

むしろ年を重ねたプログラマーはシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーとして重宝される傾向にあるので、積極的にステップアップを目指すこともできます。

 

SIerなら門扉も広いのでおすすめ

 

 

いきなりweb系のプログラマーとして転職することは難しいので、まずはSIerへ転職することを目指しましょう。

多くの企業がプログラミング未経験でも歓迎しているので、門扉はかなり広いと思います。

というのも、今はIT業界も人手不足なので需要に供給が追いついていない状況です。

未経験でも手厚い研修を用意していたり、OJTを導入して即戦力を育てるなどの施策を行う企業が増えていますので、まずはこうした企業を足がけとして、プログラマーに転職することをおすすめします。

 

どんなキャリアがあるの?

 

 

さきほど、ちらりと触れましたがプログラマーにはその先のキャリアが開かれています。

ここからは実際にプログラマーとしてIT業界に飛び込んだ後、どんなキャリアがあるのか、イメージしやすく家の建築に例えて説明していきます。

 

プログラマーは現場の大工さん

 

 

プログラマーが行う作業はコーディングと呼ばれる、システムを実現するために必要なプログラムを実際に記述していく仕事になります。

家を建てる場合を想定してみるとわかりやすいのですが、プログラマーは現場で作業を行う大工さんです。木を削ったり、釘を打ったりして骨組みから細部に至るまで実際に組み立てを行います。

その一つ上の工程にいるのが、システムエンジニアと呼ばれる職業です。

 

システムエンジニアは建築士

 

 

システムエンジニアはお客様と実際に会話をしたりして家の設計を担当している工程です。家の建設に例えるなら建築士にあたります。

建築士はお客様の求めるニーズを正確に汲み取り、知識をフルに活用してその希望に応えられる住居を考えますが、これをシステム(仕組み)に当てはめたものがシステムエンジニアです。

クライアントの抱える問題をヒアリングし、どんなシステムを作れば問題が解決されるのか考え、必要なプログラムを導き出します。

こうして用意されたプログラムをコーディングして実装していくのがプログラマーになります。

実はシステムエンジニアのさらに上流工程にはプロジェクトマネージャーと呼ばれる責任者が存在します。

 

プロジェクトマネージャーは営業部長

 

 

家を建てるためにはどれくらいの予算や期間が必要で、どこから材料を調達してくるのか考えて立案する責任者が存在します。これを営業部長だと仮定します。

システムの構築でも、こうした納期の設定を行ったり、顧客と費用の折衝を行う責任者が存在します。これをプロジェクトマネージャーと呼びます。

システムの運用、保守まで責任を持って行う立場になりますので、経験が豊富で実力のある人が担当することが多いです。

 

上流工程を目指すのがセオリー!

 

 

こうした上流工程を目指してキャリアアップをしていくのがプログラマーのセオリーになります。

実際に多くのプログラマーがこうしたキャリアを実現し、最終的には独立したり起業したりしています。

しかし、IT業界の面白さは必ずしも上流工程を担当しなくても独立、起業を目指せる自由さにあります。

 

キャリアアップするためには?

 

 

キャリアアップするためには、まずプログラマーとしてスタートしコーダーとしての知識を取得します。

はじめはわけの分からない文字の羅列に思えるでしょうが、それも仕方ありません。

プログラム「言語」ですから、他国の言語をイチから勉強しているのと変わりません。

英語を勉強するのと同じように、何度も繰り返し使っていることで「この場面ではこれを使うべきだ」という感覚が身についてきますので、とにかくまずはコーディングを覚えます。

次第にプログラム全体が見えるようになってきますが、そのあたりで自分が欲しいサービスなどを開発してみると良いでしょう。

 

ニーズに合ったサービスを提供する

 

 

コーディングを身につけると「実現できること」が増えていきます。

つまり自分が欲しいものを自分で作ったり、ニーズを調査して誰かにウケるものを作ったりすることができます。

世の中にある全てのテクノロジーはこうした「技術」と「ニーズ」が出会った先にあるものでした。

まだここにないものを作るためにも、自分にできることを増やし、ニーズを調査する嗅覚を備えることは重要です。

そこでポイントになるのは自分の感覚です。

自分がほしいと思ったものは、他の誰かも欲しいと思っている可能性があります。

まずは自分が「あったらいいな」と思うものを想像し、作り上げる技術を身に着けましょう。

 

独立も視野に入れられる魅力的なIT業界、向いてる人は?

 

 

大体の案件では、プログラマーとして二年以上の経験を積めばフリーランスとして仕事を受注することができます。

こんなに早いスパンで独立できる仕事はなかなかありません、また実力次第では自分でプロジェクトを組み、システム設計からコーディングまで行うことも可能です。

高報酬も期待できる、夢のある業界と言えますが、技術の流行り廃りが早くたゆまぬ努力が必要な分野ですのでもちろん向き不向きがあります。

では、プログラマーに向いている人とは具体的にどのような人なのでしょうか。

 

好奇心旺盛な人

 

 

絶えずなにか新しいものを開発したり、知らないことを知って糧にしたいという好奇心を持っている人は向いています。

数年前は主流だった技術がすでに時代遅れと笑われてしまうほどサイクルが早い世界なので、いつでも高いアンテナを張って情報収集を続けられる人が好ましいです。

若い人のほうが吸収が早いので向いているといわれがちですが、歳をとっても好奇心を忘れずにいる方にとっては天職となるでしょう。

 

野心がある人

 

 

独立、起業がしやすい分野ですので野心を持った方にはかなり輝いて見える業界でしょう。

実際、エネルギッシュな方や野心家がおおくいる業界ですので、良い刺激を受けながら独立や起業に向けて動くことができます。

 

誰かのためになる仕事がしたい人

 

 

システムやプログラムはクライアントのためにあります。

使う人がこれまでよりも良い生活を送るためにテクノロジーは存在していますので、自分の力で誰かに良い変化を起こしたいという気持ちが強い方には向いている仕事です。

 

未経験からでも十分転職のチャンスがある

 

 

未経験では転職しづらいと思われがちなプログラマーですが、実はそんなことありません。

どうしてIT業界へ飛び込もうと思ったのか、どんな特徴があって、どんな仕事をするのか。

そこでどのような貢献がしたいのかをちゃんと自分の言葉で話せる人には門扉が十分に開かれている業界ですので、年齢を理由に諦めるのはもったいないです。

geeklyでは年齢不問で未経験でも就業可能な案件をたくさんご用意して、あなたが一歩を踏み出すことをお待ちしています。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。