「企業分析」は効率よく行うべし!絶対に外せない項目からおススメの手法まで徹底解説!

転職活動の中で絶対に外せない項目といえば企業分析です。
企業のことをより詳しく知ることで、企業の求めている人材や、企業の現状や課題を知ることができ、転職成功につながりやすくなります。
また、採用された後も求められていることが明確に見えて、成果につながりやすくなります。
今回は企業分析の手法など徹底解説していきます。

 

企業分析の目的とその重要性

 

 

 

目的は自分に合う企業を見つけること

 

転職において企業分析をする最大の目的は、『応募しようと思っている企業が、自分にマッチする企業かどうかを知るため』です。

どういった事業をしている会社なのか、どの程度の規模の会社なのか、また業界内でどのような立ち位置なのかなどを知ることで、理解を深め、自分に合っているかを見極めていきます。

また、企業分析を行うことで、自分がいかにその企業で働きたいかの熱意もアピールできます。

企業理解を深め、自身の強みを生かせるポイントを見つけ、企業側に「こういった人材は弊社の求める人材だ」と思わせることもできます。

自分にマッチする企業なのかどうかを見極めるために、また企業に熱意をアピールすることが、企業分析の目的です。

 

企業分析でミスマッチを防ぐことが重要

 

 

転職した後に、「やっぱり少し違ったな・・・。」とならないためにも、企業分析は重要です。

今の日本においては、転職は何回もするものではないという風潮があります。

もちろん自分自身にとっても、大変労力がかかるし、費用もかかるものになるので何回も転職活動をすることは歓迎できないと思います。

ミスマッチを防ぎ、満足いく転職をするために、企業分析は重要なことです。

 

企業分析だけではない!業界分析も忘れないで!

 

 

企業分析の目的や重要性はご理解いただけたと思います。

しかし企業分析だけでは十分ではありません。ここで忘れてはいけないのが、業界の分析です!

では、なぜ業界分析が必要なのでしょうか?その目的、分析方法を紹介します。

 

業界分析の目的は志望企業のことをより理解するため

 

業界分析をする最大の目的は志望企業への理解をより深めることです。

志望企業は業界の中でどの程度のシェアを占めているのか、競合他社にはどのような特徴があるのかなどを知ることが重要です。

この業界分析を行うことで、自分に合う企業が実は業界内の別の会社ではないかということに気づくきっかけにもなります。

 

業界分析はインターネットでの情報収集が効率的

 

業界分析はどの世に行うのが効率的なのでしょうか?

新聞などで日ごろから情報収集をしておくと業界内のニュースなどを知ることができていいのですが、この方法では大変時間がかかり、効率的ではありません。

そこでインターネットを活用して業界研究をしましょう。

最近は就職情報サイトが業界研究用のサイトを運営しています。

非常に効率的に業界研究をすることができます。

またここで得た情報から志望企業の競合他社の情報を得て、企業のホームページを見ることもいいでしょう。

効率的に業界分析を行うためには、インターネットの活用が大事です!

 

企業分析のやり方 志望企業のホームページ

 

 

志望企業のホームページではここを確認!

 

志望企業のホームページはどこを見ればいいのでしょうか?

多くの方が悩むところだと思います。

実は見るべき項目は結構あります。紹介しますので、確認してください!

企業情報/事業内容/制度/採用情報

以上の4つは外せません。

『企業情報』では企業の成り立ち、規模や理念、などといった基本的な情報を得ることができます。

『事業内容』はどのようなビジネスで会社を経営しているのかを知ることができます。

自分が知らなかった事業を展開している企業は意外とあります。

タイヤメーカーがスポーツ用品メーカーだったなんてことはよくある話です。

『制度』においては人事制度や、福利厚生の制度、休暇などの制度について知ることができ、労働環境や、人材開発にどの程度力を入れているのかなどを知ることができます。

『採用情報』では選考のプロセスや、どのような仕事をするのか、給与はいくらなのかを知ることができます。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+