Githubのアカウントはエンジニアの転職に必要?メリット・デメリットを紹介!

エンジニアをしている方やエンジニアに興味がある方は、Githubというサービスを聞いたことや使ったことがあるかと思います。今回はエンジニア転職をするときにはGithubのアカウントは必要なのか?転職においてのメリットとデメリットを徹底解説していきます。Githubとはどういうものの事なのかという基本的なことから説明していきます。

 

Githubとは

 

 

Githubというサービスはエンジニア職の方が主に使う物なので、今までエンジニアをしたことがない方にはあまり聞きなじみのサービスかもしれません。

しかしエンジニアにとっては非常にありがたいサービスで、多くの人が利用しているのです。

 

Githubとはどんなサービスか?

 

 

Githubはその名の通りGitをhubするものです。

そもそもGitとはプログラムソースなどの変更履歴を管理する分散型のシステムで、元々Linuxの開発チームが使用していた物が便利だという事で世界的に広がりました。

何が便利なのかというと、今まではローカル環境下では一つのリポジトリを複数の人で使用していたため、変更した際のシステムの整合性を保ち変更内容が衝突しないように調整するのが手間だったのですが、ローカル環境下でも複数のリポジトリを作成できる事によりそれを避けることができるようになったのです。

GithubはそんなGitの仕組みを利用して作られたもので、世界中の人が自分の作品(プログラムコードやデザインコードなど様々なコード)を保存し、公開をする事ができるサービスです。

 

Githubに登録するには?

 

 

そんなエンジニアにおすすめサービスであるGithubはどうすれば登録できるのかを紹介していきます。

 

まずはグーグル・ヤフーなどの検索エンジンから「Github」で検索をかけ、Github社が運営しているサイト「Github」を開き、「GitHubに登録する」をクリックしましょう。

 

 

登録したいPick a username(ユーザー名)・Your email address(メールアドレス)・Create a password(パスワード)を打ち込み、Sing up for GitHubをクリックします。

 

 

「Unlimited public repositories for free」「Unlimited private repositories for $7/month」の2つプラン選択が出てくるのでお好きなプランを選択し「continue」で確定しましょう。

前者は無料で使うことができ、後者は毎月7ドルで使うことができる有料プランです。

有料プランはリポジトリを無制限に作成できるというメリットがあるので、本格的に開発を行っていく方は使ってみて下さい。

転職に使うという事であれば有料プランまで使う必要はないので、有料プランの説明は割愛します。

 

 

登録したアドレスにメールが届くので、メール内の「Verify email address」をクリックしてリンクに飛べば登録完了です。

アンケートが出る場合はそれに答えるとメールが届きます。

 

Githubを使う上での予備知識?

 

 

アカウント登録も完了したところで早速使ってみたいところですが、Githubを使うにはエンジニアとしての基本的な知識が必要です。

まずは予備知識について紹介していきます。

 

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ

 

先程Gitの説明でも出てきたリポジトリについてまず紹介していきます。

リポジトリというのはいわゆる保管庫の事で、ファイルなどを保管する場所の事を指します。

リポジトリはPCなどの中に組み込まれている「ローカルリポジトリ」とネットワーク上にある「リモートリポジトリ」の2つがあります。

ローカルリポジトリで作業内容を保存して、周りと共有するためにネット上にあるリモートリポジトリにアップロードするという流れで使います。

 

コミット・プッシュ・ブランチ

 

Githubを使うなら最低でもコミット・プッシュ・ブランチを知っておく必要があります。

コミット=ファイル変更や追加の履歴をリポジトリに保存する

プッシュ=ファイル変更や追加の履歴をリモートリポジトリにアップロードする

ブランチ=同時に行われる複数のファイル変更や追加の履歴を個々に保存するシステム

 

Geekly Media ライター

3+