「働く女性のよくある悩み」への答えはこれ!ストレスなく、健康な毎日を過ごすコツもお教えします。

一生懸命働いていても、尽きることのない悩み。実は、色んな悩みを抱えているのに誰にも相談できずにいる女性は多いのです。あなたも悩みのせいで毎日辛い思いをしていませんか。そこで、自分の悩みと上手く向き合い、ストレスなく健康的に毎日を過ごすコツを紹介します。ストレス解消するコツをつかんで、あなたも輝く女性になりましょう。

 

よくある悩み① 職場環境が辛い

 

職場環境が苦手

 

 

1日の大半を過ごす職場の環境が悪ければ、ストレスが溜まってしまうでしょう。例えば、働き方改革という言葉がよく聞かれるようになった近年でも定時で帰りにくい職場はまだまだ多いですよね。また、体調不良の時でも休みづらい職場環境ならなおさら、疲労が溜まってしまうでしょう。

 

さらに、このような大きな悩みだけでなく、職場が臭い、暑すぎる、寒すぎるといったちょっとしたことでも女性にとってはストレスになってしまいます。

しかし、職場環境は長年の間に出来上がってきたもの。個人の力だけでは職場環境を変えるのは難しいですよね。

 

人間関係が辛い

 

どこの職場にも気の合わない人がいますよね。中には天使のように優しい人もいるのに、たった一人の嫌な人のせいで出勤するのも辛くなってしまいませんか?

実は、人間関係の悩みは働く女性に最も多い悩みなんです。つまり、職場が変わったからと言って人間関係の悩みはそう簡単にはなくなりません。

 

よくある悩み② やりがいを感じられない

 

単純作業でつまらない

 

 

毎日変化があって刺激の多い仕事もあれば、毎日同じ流れや方法が続いて、ずっと単調な仕事もあるでしょう。このような単純作業のメリットは、やはり頭を使わなくても淡々と仕事を進められる点です。

 

しかし、そんな単純作業が長く続くと、つまらない、やりがいがないと感じることもあるでしょう。近い将来、単純作業のようなルーティンワークはAI(人工知能)が代わりに行ってくれるようになると言われています。

しかし、あと数年は先になりそうですよね。

もしもあなたが、つまらない単純作業でもお金を稼ぐための手段として割り切ってしまえば、意外と続けられることもあるでしょう。それでも給与に満足できない場合や、もっと自分のスキルを伸ばせる仕事に就きたいと考えるなら、新しい道を模索するのも良いでしょう。

 

やりたいことがわからない

 

なんとなく新卒で採用された職場でずっと働き続けているけれど、自分にもっとふさわしい仕事があるのではないかと思うことってありませんか?

だからといって、やりたい仕事があるわけでもなく、自分の適職もわからないので、ダラダラと仕事を続けている人も多いでしょう。

 

このような状態だと、仕事に対するモチベーションも上がらず、ますます仕事にやりがいを感じられなくなってしまいます。そのような負のスパイラルに陥らないように、自分で何か対策を立てないといけませんよね。

 

よくある悩み③ 給与が上がらない

 

 

毎日一生懸命働いているのに、給与がなかなかアップしないと嘆いている女性は意外と多いもの。周りの同期の男性は順調に昇給しているのに、女性は取り残されたまま。今どき男女差別?と会社にストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

 

実際、転職した人の転職理由の上位は「給与が上がらないから」です。給与は、自分から待っていてもなかなか上がりませんよね。

だからといって、会社側からは昇給の提案もしてもらえない。こんな状態だと、ストレスが溜まらないわけがありません。

 

元気になるコツ① ストレス解消方法を見つけよう

 

誰かに相談する

 

 

朝起きたら何故か仕事に行きたくない、イライラが収まらないという場合は、とりあえずの応急処置として、今抱えている悩み事を誰かに相談して、ストレス発散してしまいましょう。

 

仕事に関する悩み事を誰かに相談することは、根本的な問題の解決にはならないかもしれませんが、あなたの心はスッキリするはずです。

相談する相手は家族や友達など、できるだけあなたの言葉をウンウンと聞き役に回ってくれる人を選ぶと良いでしょう。

 

もしも良い相談相手がいないという場合は、今話題のAIアプリを利用して可愛いAIロボットに悩み事を聞いてもらうのもおすすめです。

 

息抜きの日を作る

 

 

あなたは悩み事があって仕事に行くのがしんどいなぁと感じる時でも、無理して出社していませんか?

しかし、心や身体が疲れている時に無理をすると、心が悲鳴を上げて自分ではどうにもならない心理状態になってしまうことも。そのため、あなたの心がSOSを上げる前に、進んで息抜きできる日を作りましょう。

 

休日に息抜きできるのが一番ですが、家族や恋人がいる場合は休日もゆっくりと休めないという人もいるでしょう。

そんなあなたは、少しでも仕事が落ち着いているタイミングをみて、有給休暇を取得しましょう。お休みを取った日は仕事のことは忘れて、普段できないことをしながら、のんびりと過ごしましょう。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

3+