【必見!】企業がもとめる即戦力とは?!その意味から身に付け方まで幅広く徹底解説!

多くの人が履歴書の志望動機や面接のときに使ったり、さらには企業の採用担当者も使うことが多い即戦力という言葉。しかし皆さんは即戦力とはどういうものか理解していますか。即戦力といっても、会社の思う即戦力は企業によって様々です。今回はそんな即戦力の意味から、本当の意味での即戦力を身につける術まで解説していきます。

 

即戦力は全ての年代に必要?

 

若い人は即戦力なくてもOK?

 

ここまで即戦力とはどういうものかについて説明しました。しかしこの記事を読んでいる人の中には、20代の若い人もいるはずです。若い人でも実務経験が豊富だという人も稀に居ますが、ほとんどの若者は実務経験という部分だけで見るとかなり不利です。しかしご安心ください。若者の場合は基本的に企業は即戦力を求めていません

理由としては、若者の場合適応力やコミュニケーション能力に優れていることが多く、さらには柔軟性という部分で圧倒的に有利なのです。例え即戦力にならなくても、企業の教育次第では早い段階で戦力となることが多いため、若い人は特に即戦力について気にしなくても問題ありません。

 

即戦力が重要になる年代

 

 

では逆に即戦力が重要となる年代はどのような人なのか、ということになります。基本的に即戦力が重要視される年代は30代より上の年代です。30代以上になると、企業は即戦力を重視するようになります。

人間というのは年齢とともに衰えていくものです。特に30代になると、20代の頃と比べて柔軟性などの人間力での成長スピードが遅くなり始めます。そのため、30代になると企業で育ててもらうのではなく、能力や経験を活かすことができるフィールドに移るというほうがおすすめです。

 

今すぐに即戦力を身につける術

 

自発的に動くべし

 

 

先程の部分で若者は即戦力は求められていないと説明しましたが、その若者も当然年を取ってしまいます。今のうちから即戦力を身に付けておくのがベストです。具体的に即戦力を身に付ける方法としては、常に自発的に動くことがおすすめです。

若いうちから受動的な生活をしていると、それが当たり前となってしまいます。年を取れば取るほど、行動を変えるということは難しくなってきます。そのためもしも受動的だなと感じている場合は、今のうちに自発的に動くという習慣を身につけておきましょう。意識して行動するようにすれば、いずれ無意識に行動することができるようになります。

 

実用的な資格を取得すべし

 

 

行動を変えるのはちょっと厳しい、そう感じる人も多いはずです。そんな人は資格取得をすると良いでしょう。先程も少し述べましたが、資格を持っているということはその分野についてかなり詳しいという証明になります。費用などはかかってしまいますが、その分転職などではかなり有利になります。

しかしここで注意すべきこととして、実用的な資格を中心に取得するようにしましょう。資格といっても様々なものがあります。中には専門的なものもありますが、いくら専門的な資格であっても実用的でなければ意味がありません。そのため、取得する資格選びにも注意が必要です。

 

30代に備えて即戦力を仕込んでおこう

 

今回は多くの人がよく使う即戦力について、本来の意味や身に付け方などを徹底的に解説しました。

 

サービスや業種選びも重要

 

 

即戦力を身に付けることも非常に大事ですが、実際に30代から転職などをする場合は、転職に関するサービスや転職先の業種選びにもこだわるようにしましょう。たとえ即戦力に自信がなくても、サービスや業種の選び方に気をつけるだけでも、十分有利に転職を進めることができます。

特にギークリーをはじめとする転職エージェントは、その人の経歴や資格を元におすすめの仕事を紹介してくれるため、労力をかけずに転職を進めることができます。ぜひこのようなサービスにこだわって転職をしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

即戦力という言葉は、確かにインパクトがあります。しかし、だからといって乱用すれば良いのかというとそうでもありません。よく志望動機などで即戦力という言葉を使う人が居ますが、その多くはとにかく企業に良いように見られたい一心で使っているという人が多いです。

変に志望動機などで嘘を並べたとしても、必ず受かるとは限りません。むしろ、その状態で内定をもらった場合、その嘘の自分を会社にいる限り演じ続けなければいけません。これから転職などをする人は、嘘偽りなく等身大の自分で攻めていきましょう。もちろん、さらけ出しすぎるのもよくありません。

Geekly Media ライター

どーばー

1+