【AI/仕事】AIでなくなる仕事とは?!AIには真似できない人ならではの仕事も併せて徹底解説!

巷ではAIに仕事が奪われるといわれていますが、実際にはどんな仕事が奪われるのでしょうか。この記事ではAIの得意、不得意から実用可能な技術に至るまで徹底的に解説しています。AIについて初心者の方でもわかりやすくまとまっていますので、ぜひご覧ください。

 

先見の明を持つ人が輝く時代の到来

 

 

例えば数十年前の常識が今では見向きもされなくなっているように、今の私達が感じている常識は数年後には消え去っているでしょう。

仕事も同じです。

一大産業となっているIT業界は、三十年前には存在しませんでした。

介護士も今より少なく、電気屋にスマホのPRスタッフが立っていることなんて想像もしていなかったでしょう。

時代は変わります。仕事や、需要、供給に大きく影響を与えながら、私達を巻き込んで変化していきます。

そんな時代の先端に立つ私たちに必要なのは過去を振り返って昔の仕事に縋り付くことではなく、先見の明を研ぎ澄まし未来を想像することなのではないでしょうか。

 

AIに「奪われる」ではなく「創り出す」という思考を持つ

 

 

AIはまだまだ発展途上にある技術です。

今後さらなる発展が見込めるAIのプログラマーという仕事は需要があるでしょうし、あらゆる仕事が効率化されれば産業は二極化します。

飲食店であれば、「安ければ接客がロボットでもいい」と思うお客のニーズに応えたお店が繁盛するでしょう。

逆に「本物のサービスを、高くてもいいから受けたい!」と思うお客のニーズに応えられる本物のサービス業が台頭するでしょう。

実際にどのようなビジネスモデルにすれば繁盛するのかはわかりません。

だから、そこに想像する余地があります。

チャレンジできる可能性があります。

 

AIは人間の生活を豊かにしてくれるもの

 

 

仕事が奪われる、という視点で物事を見ている方にとっては、AIの台頭は恐ろしい出来事に見えるかもしれません。

しかし、もともとそろばんで計算を行っていた時代に電卓が登場し、経理職に必要な人手が大幅に減少した結果、社会全体のレベルは底上げされました。

手書きで書類を作成していた時代にワードプロセッサーが登場し、多くの労働者が新たなスキルを身につけて業務を効率化し、更に多くの仕事をこなせるようになりました。

パソコンが登場し、スマホが登場し、AIが登場し、私たちは一歩ずつ仕事を「楽」にしてきました。

それはあぐらをかくためではなく、更に社会を前進させるためです。

AIもそれらとなんらかわりありません。

これまで私達が煩わしく感じていた仕事をどんどん任せていって、私たちはもっと先進的な部分に注力することができるようになります。

googleのAI開発部門で指揮を執るレイ・カーツワイルは著書内で技術的特異点(シンギュラリティ)について、肯定的な見方を示しています。

指数関数的(2,4、8,16といったように倍になっていく関数)に技術が増大している現代社会でAIに対して抱く感想は、あくまで現代の感性に過ぎず、技術的特異点を超えた先では現代からは想像もつかない職業や世界が生まれていると述べています。

仕事が奪われる、というのは「世界が今のまま続く」という前提の上に成り立つ考え方です。

レイ・カーツワイルは、そうした前提を脱ぎ去って来たる変化を受け入れようと提唱しています。

そう考えると「古い仕事はAIに任せて自分はどんな仕事をしよう」とワクワクしてきませんか?

仕事が無いなら作ればよいのです。きっと新しい職業が生まれるに決まっています。

だって、20年前には今私が就いているウェブライターなんて職業もなかったんですから。

geeklyには最先端テクノロジーに携われる仕事がたくさんあります。

IT業界に興味がある方は、ぜひ新時代の幕開けに立ち会ってみませんか?

Geekly Media ライター

3+