Androidアプリの開発フローを徹底解説!おすすめの言語の種類・特徴から勉強法もご紹介します!

普段、皆さんがスマホでインストールして使っているアプリ。どのようにして作られているか気になったことはありませんか?本記事では、Androidアプリの開発フローから開発におすすめのプログラミング言語の特徴までご紹介します。アプリを開発したいけど、どうしたらいいのかわからないと言った方は、是非参考にして頂きたいです。

 

ドットインストール

 

ドットインストールは、動画を通してプログラミングを勉強できる初心者向けのプログラミング学習サービスです。

ドットインストールには、幅広いジャンル、3分弱の動画教材という初心者でも手軽に勉強することができるため、おすすめのサービスです。

 

Schoo(スクー)

 

Schooは、プログラミング言語のみならず、マーケティングやデザインなどの幅広いジャンルを動画で学ぶことができるサービスです。

授業形式なため、動画が放送される時間が決められています。(後から視聴することも可能)

Java初心者向けの講義では、基礎知識から応用レベルまで学ぶことができます。

 

Paiza.IO

 

Paiza.IOは、実際にブラウザ上にJavaのコードを書きその場で実行できるオンラインプログラムサービスです。

実際に、プログラミングを行うには、経験者でも手間がかかる開発環境の構築を行う必要があります。

しかし、Paiza.IOを利用することでその手間を全て省くことができます。

 

まとめ

 

 

本記事では、Androidアプリ開発のフローから、おすすめの言語をご紹介しました。

これから、Androidアプリを開発したいと考えている方は、どのような過程を経てアプリを開発できるのか、開発に必要な準備など参考にして頂けたら幸いです。

Javaは初心者にとって決して簡単な言語ではありませんが、習得する価値がある言語です。是非挑戦されてみてはいかがでしょうか。

 

Geekly Media ライター

ib515

4+