カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. ロボットプログラミングの勉強法はコレ!ロボットプログラミングの言語の種類までご紹介します!
  • 技術・テクノロジー

ロボットプログラミングの勉強法はコレ!ロボットプログラミングの言語の種類までご紹介します!

とどまる所を知らないプログラミングの需要。特にロボット制御のプログラムが出来る人は今後転職するような機会があっても引く手数多と言われています。しかしプログラミングはどのように勉強すれば良いのでしょうか?今回はプログラミングの中でもロボットプログラミングに焦点を絞り利用されている言語の種類やその勉強法を紹介していきます。

 

ロボットプログラミングで利用される言語は?

 

基本的にはどんな言語でもOK

 

 

ロボットの制御は多くのプログラミング言語が誕生する過程でしっかりと反映してきた関係上、どの言語でも行えるようになっている場合が多いです。

その為、プログラムの基本的な事を学ぶという段階においてはどの言語から入っても問題ないと言われています。

 

C言語やC++から始める人が多い

 

 

その為ロボットに特化するのであれば多くの言語の基礎にもなっているC言語、C言語から発展したC++から勉強を始める人が多いです。

またC言語やC++の利点としてシンプルな分動作が早く、ロボット制御に向いている点が挙げられ、C言語、C++から始める人が多い理由の1つになっています。

 

1つの言語を覚えると他も覚えやすくなるのがプログラミング言語

 

 

ロボット制御に関わらずプログラミング言語は記載方法などの違いはあっても似通っている部分も多く、その考え方を理解するという意味合いにおいてはどの言語から入っても応用が利きやすいです。

これまで全くプログラミング言語に触った事がないという事であれば、まずは一番身近にある言語から勉強してみるというのも立派に成り立つ勉強法と言えます。

 

今話題の言語でプログラミング技術に差をつけたいなら

 

Python

 

 

既にある程度プログラミング言語については理解していて新たな言語を学びたいという事であればおすすめ出来るのはPython(パイソン)という言語です。

C言語よりもシンプルにコードが書けると言われている言語で汎用性が高く、多くの場面で役に立つ言語だと言われています。

その為利用している分野も多くロボットプログラミングでも利用される場面も目立ちます。ただしPythonは動作自体があまり早いとは言えないという難点も持っている点は理解しておく必要があります。

PythonはWebサービスでも利用されている言語で有名どころで言えば、YouTube、Evernote、InstagramなどはPythonを利用しているサービスとして知られています。

 

Java

 

 

汎用性の高さで今でも高い人気を誇っているのがJavaです。C言語をベースにOSに依存しない環境で利用できる言語として利用されています。

またPythonが苦手とする動作の処理速度も速い為、Javaを好んで利用するという場面も多いです。

ちなみに注意点としてWebの動的部分を作るのに利用されるスクリプト言語Javascriptとは名前こそ似ていますが全くの別物なので注意してください。

Javaを利用して開発されているサービスとしては世界的にヒットしたゲームMineCraftなどが有名です。

 

どの言語を学ぶかは作りたい物を決めてから選ぶのが良い

 

 

ここまで言語の種類を説明してきましたが、結局の所、どの言語を学ぶのが一番良いのでしょうか?決め方はいくつかありますが、作りたい物を決めてその作りたい物に使われている言語を学ぶという決め方がおすすめです。

単にロボットプログラミングと言ってもその用途は広く、実際に自分が作りたい物に使われている言語が何かを調べるのが手っ取り早い方法と言えます。

特定の企業を狙っているのであればその企業で使われている言語を習得するべきですし、ロボットが使われる分野によっても使われている言語が違っていたりします。

 

ロボットプログラミングの勉強法

 

本を買って勉強する

 

 

ロボットプログラミングに関わらず、プログラミングに関する本は山のように発売しています。独学でプログラミングを学ぶのであればまずは本を参考にするのがおすすめです。

本のメリットは何よりも時間に縛られないで自分の空いた時間に学ぶ事ができる点にあります。プログラミング自体は年数の経過で大きく変わる事はあまりないので読みやすい本を選んで学ぶのがおすすめです。

本で学習するデメリットとしてはやはり分からない事を質問出来る相手がいないという点にあります。ある程度の自己解決力や試行錯誤が必要になるのは間違いありません。

 

 

Webサイトを参考にする

 

 

現在では多くの情報がネットから収集でき、プログラミングに関しての情報を記載しているページも多く見られます。それらのページを参考に勉強する事も可能です。

メリットとしてはやはり金銭的な負担なく始められる点で、さらにいえば本とは違い、サイトの管理人という質問相手がいる点にもあります。ただ相手がどこまで技量のある相手なのか、信用出来る相手なのかは確認しておく必要もあります。

デメリットとしては特に無料で公開しているというだけに情報の曖昧さやサイトを管理する管理人の技量によって質が大きく異なるという点です。必ずしもプロが公開しているわけではないという点は考慮する必要があります。

 

スクールに通う

 

 

ある程度の期間、時間、そして金銭面での負担が問題ないのであればスクールに通って習得するのがおすすめです。今は実際に足を運んで学ぶタイプのスクールの他、Webを通して動画などで学ぶサービスも増えてきています。

スクールのメリットは分からない事を相談できる相手がいるという点です。多くのスクールでは講師となる人がいますし、ノウハウも蓄積しているので自分のレベルに応じた答えを用意してくれる場合が多いです。

また金銭面の負担がある事で「お金を払っているんだから」とより集中出来るという点をメリットとする人もいます。どうしても自分1人でやると身が入らないという場合にはスクールを選ぶという選択肢もありです。

デメリットとしてはある程度時間に縛られてしまう点にあります。開校時間などが限られている場合も多いですしどちらかと言えばスクールの都合に自分が合わせるという形になる場合が多いです。

またこれはスクールの質にもよりますが、質問をしてもテンプレ的な解答しか帰ってこない、知っている部分まで習わされたなどという不満に繋がってしまうデメリットもあります。

 

ワークショップで教わる

 

 

スクールと近い形ですがワークショップで習うという勉強法もあります。スクールが多くの場合企業形態であるのに対しワークショップは個人レベルでやっているものがほとんどです。

メリットとしてはスクールに対して格安で済む場合が多く、またピンポイントな質問がしやすいという点にあります。

デメリットとしてはやはり個人で抑えている技能レベルには差があるので必ずしもより良い講師に巡り合えるとは限らない点です。

 

知人に教わる

 

 

条件が非常に限定的ですがもし自分が習いたいプログラミング言語に精通している知人がいるのであれば知人から教わるというのも勉強法としては有効です。

メリットとしては気心が知れている相手だけに親身になってもらいやすく、より細部に渡った質問までしやすいという点です。

デメリットとしては相手の時間を拘束する点やワークショップの場合と同じく相手の技量がどれくらいなのかは始める段階では不明瞭である点などがあげられます。

 

ロボットプログラミングの基礎を学べるキッドが豊富に存在!

 

学びたい言語に対応したキッドを購入しよう

 

 

プログラミングを学ぶ上で実際にそのプログラムが上手く動作するかを試す為の物が必要になります。

Webであればブラウザとインターネットの環境が必須であるとの同じようにロボットプログラミングの場合には実際にロボットを動かしてみるのがやはり1番習得していきやすいです。

本格的なロボットではありませんが、実際にプログラミングを学ぶ為のキットになっているロボットを収めたキットも数多く発売しています。

もしこれらのキットを使ってロボットプログラミングを学ぶ場合にはキットが対応している言語を確認した上で購入する事をおすすめします。

上記ではロボットプログラミングは言語の種類を問わないと書きましたが、このようなキットを利用する場合、あくまでも学習用である事から最初から特定の言語を学ぶ為のキットになっている場合が多いです。

このようなキットには子供向けのおもちゃに近いものから本格的なものまであるのでしっかり検討した上で購入するようにしましょう。

 

プログラミングの勉強に必須!パソコンは何を選ぶべき?

 

 

プログラミングを学ぶ上で必須となるのがパソコンです。スマホの流行でパソコンを使った事ないという人も増えていますが、残念ながらまだスマホで本格的なプログラミングをする事は出来ません。

既にパソコンをお持ちであればそのパソコンを使ってプログラミングを学ぶ事は可能です。ただロボットプログラミングの場合、複雑な動きをさせようと思えば思うほどに複雑なプログラミングをする事になるのである程度性能の良いパソコンを用意しておく事をおすすめします。

もしこれまでパソコンを使った事がない、今後ロボットプログラミングを学ぶ為にパソコンを買い替える事を検討しているのであればMacを購入するのがおすすめです。

ロボットプログラミングの業界ではMacの使用率が高いと言われ、実際に就職してみると現場がMacだったという経験談も多いです。

もちろん全てがMacというわけではありませんが、Windowsに比べてMacは自身で用意しない限り触れる機会も限られているので、触って慣れておく事をおすすめします。

 

 

まとめ

 

 

ロボットプログラミングは多くの言語で行われていますが、基本としてはC言語、C++、発展系としてPython、Javaが頻度高く利用されている状態です。

今でもプログラマーの需要は高くその需要は広がり続けている影響もあって勉強法も確立していると言えます。自身にあった勉強法でまずはなんでもいいので1つ自身のプログラミングで何かを完成させた経験を得る事が大切です。

プログラミングは応用も利きやすいのでまずは身近にあるものから学んでいってみましょう。

Lotus0

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
5+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。