カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 【徹底比較】フロントエンド vs バックエンド!両者の違いから必要なスキル、将来性まで分かりやすくご紹介します!
  • 技術・テクノロジー

【徹底比較】フロントエンド vs バックエンド!両者の違いから必要なスキル、将来性まで分かりやすくご紹介します!

フロントエンドやバックエンドといった言葉は主にWebサイトの製作現場でよく使用されます。言葉を直訳すると分かるようにWebサイトの製作には大別すると前と後ろで大きく2つに分けることができます。本記事では、フロントエンドとバックエンドの違いから、必要なスキル、将来性などをまとめてご紹介します。

フロントエンドとバックエンドの違い

 

まずは両者の違いを説明

 

イメージ画像-コーディングする人

 

本記事を紹介する前に、フロントエンドとバックエンドの違いを最初に簡単に説明します。

フロントエンドはユーザーが見ているWebサイトの見た目の部分を製作するエンジニアで、バックエンドはそれをサポートする裏側の部分を担当するエンジニアのことを指します。

ユーザーがマウスやトラックパッドを利用してWebサイトを閲覧、動的なクリックができる設計を行うのがフロントエンドエンジニア仕事で、ログイン情報の入力や会員登録などを行える環境やそれらの情報を元にデータの保存や処理、呼び出しといった裏側の処理を行うのがバックエンドエンジニアの仕事です。

 

フロントエンド

 

フロントエンドとは?

 

イメージ画像-コーディング

 

前項でフロントエンドとは一般的にWebサイトの視覚的な部分を担当するエンジニアのことを指すと説明しました。

これは具体的にいうとクライアントが作成したいWebサイトのデザインを元に、HTMLやCSS、JavaScriptといった言語を使用してユーザーが視覚的にWebサイトを閲覧出来るよう状態にします。

また、スマートフォン、PC、タブレットなど様々なサイズの電子機器があるためそれぞれに合わせたサイズ設定(UI)や使いやすいデザイン性(UX)を求められることが多いです。

 

バックエンド

 

バックエンドとは?

 

イメージ画像-プログラミング

 

バックエンドとは、一般的にWebサイトの目につかない裏側の部分を担当するエンジニアのことを指しています。

案件に応じて裏側の動的な処理やデータベースの要件定義や設計・開発、運用保守などをおこないます。例えば、ECサイトの場合、会員情報登録であったり、クレジットカード決済などの個人情報のデータを読み込むなどのユーザから見えない部分の処理を行います。

バックエンドという言葉はフロントエンドに対して使われることが多くWeb系の会社で良く使われます。

 

両者に必要な能力

 

フロントエンドエンジニアになるために必要な能力

 

イメージ画像-ペアプログラミング

 

フロントエンドエンジニアになるには、ウェブページを形作るHTML・見た目を良くするCSS・動的な要素を加えるJavaScriptの3つの言語知識が必要不可欠です。

基本的にはこれらの開発言語を知っていないと視覚的かつ現代的なWebサイトは製作することができないためこれらの知識は最低限必須になっています。

更に多くの場合で、これらの言語を使用した枠組み(フレームワーク)を合わせて利用しています。これは、よく使われる機能や見た目を枠組み化して簡単に実装できるようにしもので、CSSの見た目を良くするBootstrapがよく利用されています。

また、必須ではありませんがデザインに対する知識もある程度持ち合わせておいた方が良いでしょう。クライアントによってはデザイン案の一部をフロントエンドエンジニアに投げることもあります、そのような場合に自身である程度デザインできればより歓迎されるフロントエンジニアになるのではと思います。

フロントエンドエンジニアについては下記の記事でより詳しく紹介しているので是非ご覧ください。

 

フロントエンドエンジニアとは? 必須スキル・年収・需要まで徹底解説!

 

バックエンドエンジニアになるために必要な能力

 

 

バックエンドエンジニアになるための必須能力として、バックエンドの開発言語とミドルウェアの知識が必要になります

Java・C++といったコンパイラ言語、もしくはPHP、Ruby、Pythonといったインタプリタ言語を習得しておく必要が有ります。後者の方がプログラムの実行速度が速いため多くの企業が後者を採用しています。

それと同時によく利用される処理部分を枠組み化したフレームワークが開発言語にもあり、Ruby on Rails やCakePHPといった言語別のフレームワークも合わせて習得しておいた方が良いでしょう。

またハードウェアとフロントエンドエンジニアが製作したアプリケーションを繋ぐためにはミドルウェアという補完ソフトウェアを組み込む必要があり、その知識も必要です。例えばWebサイトの情報を送受信させるApacheやデータベースを管理するためのMySQLは多くのWebサイトで使用されるため習得しておくと歓迎されます。

大規模なWebアプリケーション開発になると、共同で作業を分割して行うことも増えてきます。そういった場合はバージョン管理ツールのGitHubを利用することが多いため、これも学んでおいた方が良いです。

バックエンドと似た言葉としてサーバーサイドという言葉があります。バックエンドはWeb系の会社でフロントエンドに対して使われることが多く、サーバーサイドは基幹システム等を作っている会社で多く使われています。ほぼ同じ意味であるサーバーサイドエンジニアについて、下記の記事で詳しく紹介しておりますので是非ご覧ください。

 

サーバーサイドエンジニアとは?必要なスキル、需要、年収まで徹底解説!

 

将来性

 

仕事の需要

 

イメージ画像-滝

 

フロントエンドの仕事はWebサイトやLPなどの製作物がメインになり、多くの案件があるもののバックエンドと比較すると安価なものが多いようです。

というのも最近では多くのプログラミング言語学習サービスが増えてきており、学生やプログラミングを始めて間もない人でも簡単な仕事であれ知識のない状態から4ヶ月程本腰を入れれば仕事を受注することが可能になっているようで、フロントエンドエンジニアの数は増加傾向にあるからです。

とはいえ仕事の需要はまだまだ高く、やる気とスキルさえあればまだまだ安定して仕事がありそうですが、今後競合相手が増えるとともに単価も下落する恐れは長期的にはありそうです。

 

バックエンドの仕事はデータベース管理や運用保守がメインとなり、案件の単価はフロントエンドと比べると高い水準を保っている様です。バックエンドの知識を深めるにはフロントエンド言語の理解も必要ですし、バックエンドを操作するための言語の知識も必要になり習得するのに多くの時間を割く必要があります。

そのため、フロントエンドと比べるとバックエンドエンジニアの方は競争率が少なく、仕事を受注できるレベルになれば比較的安定した需要が見込める様に思います。

 

それぞれの平均年収

 

 

フロントエンドエンジニアの平均年収は約400万円と言われています。開発言語の高いスキルはもちろん、複雑なフレームワークやライブラリーを扱えたり、リーダーとしての開発経験があったりすると他のエンジニアとの差別化を図ることが可能で、人によっては1,000万円を超える報酬を受け取っている人もいるようです。

一方でバックエンドエンジニアの返金年収も同じように約400万円と言われています。フロントエンドエンジニアと同じように開発言語のスキルを上げることも重要ですが、バックエンドエンジニアの方がより経験年数を問われることがあるようです。

というのもバックエンドエンジニアが行う範囲は非常に広く、全てを習得するのはかなりの根気が要ります。そのため人材も比較的少なく、経験を積めばフロントエンドエンジニアよりも高待遇を受ける可能性は高いと言えます。

 

最後の一言

 

まずはフロントエンドの言語を勉強してみよう!

 

イメージ画像-本と眼鏡

 

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いを特徴や将来性といった観点でまとめましたが、個人的にはまずはフロントエンドの知識をつけることから始めることをお勧めします。というよりもフロントエンドの知識がなければバックエンドを正常に動かすことが出来ないですし、いきなりデータベース管理をしたい!と思い立つ人も少ないですよね。

Progateやドットインストールなど低価格でプログラミングを学ぶことができるサービスは数多く有ります。これからエンジニアを目指すか方はまずは自分でWebサイトの製作を行い、その後バックエンドの開発言語に触って見てはいかがでしょうか。

 

【徹底比較!】HTML vs CSS!両者の違いからJavascript、PHPとの関係性まで分かりやすく解説します!

 

まとめ

 

フロントエンドもバックエンドについて解説しましたが、Webアプリケーションを製作するする上でどちらも必ず必要な構成になります。まずは自分でプログラミング言語に触って見なければどちらを目指したいかも分からないので、フロントエンドとバックエンドのだいたいのイメージさえ掴めれば、兎にも角にもまずは自身で触ってみることをお勧めします。

とげみ

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
8+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。