【徹底比較!】CTO vs VPoE!両者の違いからそれぞれに求められる役割まで分かりやすく解説します!

会社の組織体系のトップに位置するのはCEOですが、技術部門のトップに位置する人のことをCTOと呼びます。更にこの技術部門の中を見て見ると、CTOを中心として、VPoEやVPoPなど様々な役職が有ります。本記事では、そんな開発の現場で良く混同されるCTOとVPoEの2つの役職をピックアップし、両者の違いから、それぞれに求められる能力などをご紹介します。

 

両者の年収

 

 

CTOはエンジニア職のトップとして採用されているため、他のエンジニアと比較しても高給になります。

そのため日本のCTOの年収の中央値はおおよそ1,300万円前後になるようで、一番多い層は600~900万円のようです。大企業や有名スタートアップ企業になると5,000万円を超える給料を受け取っている所もあるようです。

一方VPoEに関しは500~900万円の年収層が多いようですが、給与の中央値は900万円前後の様です。

過去に一般エンジニアの年収の中央値を調べた際は400万円前後だったため、それと比較すると2倍以上の給与差がある様です。

 

CTO、VPoEになるための方法とは?

 

高水準エンジニア+α

 

 

CTOは給与水準も立場も高い役職ですから、エンジニアとしてキャリアを形成したいと考えている人にとってはCTOを目指したいと思っている人も多いと思います。

もちろんCTOやVPoEといった役職を持つには高いエンジニアスキルを持つことは当然必要です。それに加えCTOの場合は経営の知識や会社を運営する立場としての視点、VPoEの場合はコミュニケーション能力やマネジメントスキルが要求されます

 

CTO、VPoEを募集している会社に応募する

 

近年のIT需要からCTOやVPoEを募集している会社は数多くあり、求人情報でもネットで調べても簡単に見つけることができるため、自分に自信がある人は応募してみると良いでしょう。

しかし、一点気をつける必要がある点として会社によって役職に求めていることが違うということが挙げられます。

一定の規模がある会社だけでなく、少人数のスタートアップ企業なども広く募集しています。そのため役職なのに開発も全て自分で行わないといけない、将来的に役員になれる道はない、などイメージとのギャップがある場合入社してから後悔してしまうことになります。

肩書きに囚われて自身のイメージと違った働き方になってしまっては身も蓋もないので、どの様な業務内容、キャリアパスがあるのかはしっかりと確認した方が良いでしょう。

 

自分で起業する

 

 

自分の能力に自身があり、ビジネスプランも描ける様な人は起業してしまうということも選択肢の一つです。

起業すれば自分がCEOなりCTOなり、VPoEなり何にでもなれるため、役職は好きに決められます。とはいえ、未経験からいきなりここを目指すのは確信に近い自身を持っていないと難しい様に思います。

いきなり起業することを否定している訳ではありませんが、ビジネスとして会社を運営していく立場に関わりたいのであればインターンやアルバイトなど、何かしらの形でどこかの会社に属しながらある程度勉強した上で一歩を踏み出した方が良いでしょう。

 

まとめ

 

 

CTOもVPoE組織には必要な役職で、エンジニアチームを抱えて事業を行なっている会社では今後より広く浸透していくポジションである様に思います。せっかくエンジニアを目指すのであれば役職を持ち高い給与を狙いたいと考える人が多いと思いますが、特にCTOやVPoEになるにはエンジニアとしてのスキル以外にも経営やマネジメントといった能力を+αで身につける必要があります

これは普段働いているだけでは中々養うことができない能力のため、学べる環境に身を移せる様に自発的に動くことが必要です。

将来的にそういったポジションを目指したいと考えている人は自発的な動機で他の人よりも学習し続けられる姿勢を保てる様にすると夢への距離が近くなる様に思います。

Geekly Media ライター

とげみ

1+