VRのビジネスでの活用事例5選!こんなところにもVRが使われている!?

近年、VR(バーチャル・リアリティ)という言葉がよく聞かれるようになりましたよね。VRとは、ゴーグルを装着することで、360度に映し出された映像を観ながら、色んな体験ができること。エンターテインメント分野からビジネス分野まで様々な分野で活躍が期待されています。今回は、VRのビジネスでの活用事例を紹介します。

 

VRビジネス活用事例①医療現場

 

医師の研修に役立つVR

 

 

経験の浅い医師は、初歩的なミスをしてしまうことがあります。ミスを起こさず、効率的に治療を行えるようになるためには、経験を重ねることが必要です。しかし、患者の私たちが実験台になるのは、すこし嫌な気もしますよね。

そこで、医師の医療研修に期待されているのがVR。医療研修用のVRプログラムでは、患者の診察を行ったり、緊急医療の現場体験を行ったりと、様々な医療現場を体験できます。

さらにVRを用いることで、経験の積んだ医師の手術現場も観られます。実際に手術している医師の真横に立ち、治療法を目で見て学べるのです。

このように医師は、VRの中で患者への対応方法や急患の対処法、手術方法を学べます。そのため、ただ映像で研修を受けるよりも、臨場感ある空間で医療現場を経験できるのです。

さらに、VRは場所に関係なく活用できるため、遠方の医師でもVR医療研修に参加ができます。VRによって、ますます医師の技術の向上が期待できるでしょう。

 

VRで総合失調症を体験できる

 

現在はストレス社会と言われています。あなたの周りにも心が疲れてしまっている人はいませんか?実は、精神障害の1つである「総合失調症」で悩んでいる人は多いのです。そして、悩んでしまう理由の一つは、総合失調症の辛い症状を他の人に中々理解してもらえないこと。

そこで今、「総合失調症」の患者の見えている世界を模擬体験できるVRが話題になっています。このVRでは、どこからか聞こえてくる幻聴の恐怖や、他人からの視線の恐怖を体験できます。

VR動画で総合失調症の症状を体験して患者の辛さを知ることで、周りにいる総合失調症で苦しんでいる人の生きづらさも理解してあげられるのではないでしょうか。

 

VRのおかげで注射の痛みが緩和

 

 

小児科の先生が小さい子に注射をする時、看護師さんがぬいぐるみなどを使って、上手く子供の注意をひいてくれますよね。そのおかげで、小さい子が気づかないうちに注射が終わっている、なんてこともあるでしょう。

これと同じ効果がVRで得られるのです。小学生や中学生でも注射に対して恐怖を抱いてしまう子供は多いもの。大人だって同じです。しかし大人であれば、注射の時に子供のように慰めてくれる人はなかなかいませんよね。

しかし、VRは注射が苦手な子供だけでなく、大人の味方もしてくれます。注射の前にVRゴーグルを装着しておくことで、VRの中の世界に入れます。

臨場感あるVRの世界に惹きつけられている間に、いつの間にか注射が終わってしまうのです。定期的に受ける必要のある予防接種も、VRのおかげで強い痛みを感じずに受けられそうですよね。

 

VRビジネス活用事例②不動産の内覧

 

現地まで行く必要がない

 

 

私たちは賃貸住宅を契約したり、分譲マンションを購入したりする時に、現地まで見学に行くことが多いですよね。でも、せっかくなら多くの物件を見学したいところ。しかし、現地まで行く時間がかかってしまうから、一日に何件も見られないでしょう。

そんな時、役に立つのが不動産VR。VRがあれば、同じ場所にいながらでも複数の物件の見学ができます。しかも、見学は建物の中だけではなくて、外観も可能。本当に現地にいるように見学ができるので、とても楽しめますよね。

 

顧客・不動産会社双方にメリットがある

 

不動産の見学にVRを利用することで、写真では分かりづらい窓の高さなども感覚的につかめるため、物件のイメージが湧きやすくなるでしょう。しかも、現地への見学は何度も行くのは難しいですが、VRでは思う存分チェックができます。

また不動産会社においても、VRで物件を見学してもらえるため、現地まで行く手間もなく、物件の管理も楽になります。顧客が自分でVR映像を見て部屋を確認できるため、顧客からの簡単な質問も減り、業務が効率化できるでしょう。

 

VRビジネス活用事例③旅行体験

 

VRで旅行の模擬体験

 

 

長期休暇で旅行へ行こうと思っても、どこへ行こうか迷うことがありますよね。YouTubeで日本国内や世界各地について検索して、どんなところか確認する人もいるでしょう。

実は、VRを使うことで写真や動画よりも臨場感ある模擬旅行を体験できるのです。私たちは、旅行会社に用意されているVRゴーグルを装着することで、希望の場所の映像が楽しめます。各地の様子を見学した中で、お気に入りの場所へ実際に旅行することができるのです。

また、持病がある人や高齢者の場合、旅行するのが難しいこともあるでしょう。VRがあれば、どこででも旅行が楽しめます。例えば、360度アフリカの大自然を楽しむこともできますし、イタリアの有名な観光地を見学することもできるのです。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

0