ニューラルネットワークを徹底解説!その仕組みからAI・機械学習との関係性まで分かりやすくご紹介します。

AIや機械学習において必ず出てくるニューラルネットワーク。AIや機械学習について学ぶ上ではニューラルネットワークは基礎の基礎です。この部分がわかることによって、機械学習などの理解もかなりしやすくなります。今回はそんなAIや機械学習の基礎であるニューラルネットワークについてわかりやすく解説します。

 

より人間に近い状態での学習が可能に

 

 

 

ニューラルネットワークを取り入れることによって、機械学習の方法もより人間に近くなります。人工的に作られたニューラルネットワークによって、機械自身でも隠れ層などの中間層を用いて物事を判断したり学習することができるようになります。

そして技術の進歩により、機械自体もニューラルネットワーク内の隠れ層を拡大することもできるようになります。その結果、機械学習において機械も人間と同じように学習すればするほど精度が上がり、そして学習できる情報量も増えていくということになります。

 

ニューラルネットワークとAI

 

AI=ニューラルネットワーク?

 

 

AIといっても、その種類は様々あります。特定のタスクに特化したものもあれば、統計情報などを元にしてどうすべきかを提案するAIもいます。そして最近では、人間と対話することができる対話型AIというものも出てきています。

これらのAIは全てニューラルネットワークが備わっています。そのニューラルネットワークによってAIが物事を判断したり、対話したりすることが可能となっているのです。一見複雑に見えるAIですが、その正体はニューラルネットワークそのものなのです。

 

AIの進化はニューラルネットワークの進化

 

一昔前までは簡単なことしかできなかったAIですが、技術の進歩によりAIも進化しています。これほどAIが進化した要因の一つとして、ニューラルネットワークが進化したことが挙げられます。人間の脳が学習や経験によって進化するように、ニューラルネットワークも同様に学習によって進化を遂げます。

そしてニューラルネットワークが進化することによって、AIができることも自ずと増えていくのです。その結果対話型AIなどの様々なAIが誕生していったのです。ニューラルネットワークが大きく進化すると、その進化に比例してAIも進化するのです。

 

ニューラルネットワークを理解すればAIなども理解できる

今回はAIや機械学習において重要となるニューラルネットワークについて、その仕組みや関係性などを徹底解説してきました。

 

ニューラルネットワークがAIなどの基礎

 

AIというのは機械学習があるからこそ成り立つものです。そしてその機械学習というのは、人間の脳と同じ仕組みのネットワークがあって初めて成り立ちます。機械の場合は自分で生み出すということができないため、人間が脳の仕組みとそっくり同じものを与える必要があります。そうして与えられたものがニューラルネットワークなのです。

最初にも述べましたが、AIなどの機械にとっての頭脳というのはニューラルネットワークなのです。CPUなどは機械を動かす上では頭脳とされることが多いのですが、機械学習やAIとなると、ニューラルネットワークこそが真の意味での頭脳となるのです。

 

まとめ

 

 

機械学習やAIに関する研究が始まった当初、最終的な理想としては人間と同じようなことができるAIというのが理想でした。現在の時点ではそのようなAIは誕生していませんが、それでもある特定のタスクをこなすことができるAIはすでに誕生しています。

そのようなAIをはじめとする機械や機械学習を実現するためには、何よりも人間の脳と同じ仕組みのものが必須となります。ニューラルネットワークについて理解できると、AIや機械学習がなぜこれほど進歩したかという理由がわかります。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+