不動産techを解説!IT×不動産で出来ることとは!具体例とともにわかりやすく紹介します!

活動とテクノロジーを掛け合わせることで、世の中の活動はより関わりやすく、効率的な業務が行えるようになりました。聞き慣れたものにはフィンテックがあります。そして数年前から「不動産tech」という言葉が飛び交うようになりました。そこで今回は、不動産techとは何なのか、出来ることや具体例を交えながらわかりやすく解説します。

 

不動産techとは

 

 

近年、世の中のあらゆる“活動”がテクノロジーとの組み合わせにより、非常に便利になりました。特に金融とテクノロジーが融合したFintech(フィンテック)は、今や世界中で様々なサービスが生み出されています。仮想通貨やブロックチェーン技術といったフィンテックのワードを耳にした人も多いのではないでしょうか。

ITの導入が遅れていたと言われる不動産業界では、「不動産tech」が急速に進んでいます。

 

不動産tech(不動産テック)とは、不動産とITを組み合わせたサービスや技術を表す言葉です。明確に定義された言葉ではありませんが、元となるのは米国で先行して進んでいる「Real Estate×Technology」です。

日本国内では今、加速度的に進む不動産techが進んでいます。私たちユーザーが身近に触れる不動産techとしては、スマートフォンやPCで賃貸物件や家賃相場を調べられるポータルサイトもそのひとつです。

不動産とテクノロジーの融合は更に様々なカテゴリが存在し、今もその種類は増え続けています。

 

IT×不動産でできること

 

 

ITと不動産との組み合わせでは、現在以下のようなことができるようになりました。

 

・インターネットによる物件情報確認

・VRによる体験

・物件売買におけるマッチング

などです。

 

インターネットによる物件情報

 

 

私たちが引越しを考える時、最初に情報を集めるのが不動産のポータルサイトです。大手不動産サービス企業はテレビCMなどでも宣伝しており、スマートフォンアプリを使えば手軽に物件探しができますね。

地域や家賃を選択することで、住みたい街の周辺にある物件のほとんどの情報が入手出来る上に、アプリ内で内見予約も可能です。

競合となる不動産企業でも情報を共有しているため、以前のように足を運んで物件を選ぶよりも競争率が高くなっています。物件のオーナーにとっては、効率が良くなったと言えるでしょう。

 

VRによる体験

 

 

不動産物件を探すユーザーが最も最先端技術だと実感できる不動産techがVR技術を利用した“体験”です。

VRとは「Virtual Reality(バーチャルリアリティ)」の略称で、日本語では「仮想現実」と訳されます。VRは、コンピューターによって作られた“そこには無い”現実を、映像や音響の効果を利用してまるで本物であるかのように錯覚させる技術です。

不動産techではVRを導入することで、退去前の物件を事前に内見することが可能になりました。ユーザーはVRを利用することで、部屋の中を自由に見て回ることができ、物件イメージの誤差を狭めることができます。

また企業側としては、VRを使った内見を導入することでキャンセル率が軽減したり、店舗への来店が増えたことで顧客の獲得に繋げられます。

 

物件売買におけるマッチング

 

 

不動産の物件はもちろん賃貸だけではありません。投資を目的とした不動産取引も行われます。取引において重要なのはユーザーと物件のマッチングです。

不動産techのひとつとして、不動産取引におけるマッチングサービスも増えているのです。

マッチングサイトでは、例えばユーザーの“家を買う”というニーズと、不動産会社の“家を売る”というニーズをマッチングさせます。マッチングサイトを利用するユーザーは、まず物件を探しますが、同時に不動産会社や担当者といった細かな条件もマッチングさせることが可能です。

また、“家を売りたい”というユーザーには、どこの業者にどのような値段で売れるのか、より高額での買取価格でマッチングさせるなどのサービスも存在します。

 

不動産techの具体的なカテゴリー

 

 

不動産techは現在、様々なニーズに対応するためにITと不動産を掛け合わせたサービスがどんどん増えています。

不動産業界の業務は多岐に渡るため、多くのカテゴリーがあるにも関わらず、そのどれにも該当しない業務というものが存在するのです。

また、不動産に関連する新しいサービスも次々と生まれているため、そのカテゴリーも含めて増加を続けています。

※以下、カオスマップ(第4版:2018年11月更新)参照

 

ローン・保証

 

不動産を所有するには必ず様々な保証が必要ですし、ほとんどの場合ローンを組むことになります。その時に利用する仲介業者を比較・検討できるサービスのカテゴリーです。

 

クラウドファンディング

 

近年様々な分野で行われている、個人による投資家からの資金調達ですが、不動産への融資をインターネットを通して行うサービスが始まっています。

 

価格可視化・査定

 

不動産では比較的大きな金額が動きますが、これまでは不透明な部分の多い分野でした。価格可視化・査定カテゴリーは、ITを使って不動産価格や賃料を可視化し、透明性を持たせるサービスのカテゴリーです。

 

VR・AR

 

IT業界の中でも比較的新しい技術であるVRやARを利用することで、物件に入ることなく内見を行なったり、部屋の家具配置などをデータによって再現するサービスのカテゴリーです。

 

仲介業務支援

 

不動産の取引や賃貸仲介の業務はアナログな部分が多く残っていましたが、ITを導入することでそれら業務をスムーズにします。

 

不動産情報

 

ユーザーに対する物件情報ではなく、不動産会社に向けた物件登録や掲載管理など、不動産データの扱いを効率化するサービスです。

 

物件情報・メディア

 

ユーザーに最も身近な物件データや物件広告などを扱うサービスで、例えば賃貸情報をスマートフォンで検索するプラットフォームなどのカテゴリーです。

 

IoT

 

近年加速するIoT(Internet of Things)を、不動産へ適用したサービスです。家具や家電の全てがインターネットに接続されることで、居住者は快適な生活をのぞむことができ、セキュリティ会社との連携によるサービスも提供します。

これらインターネットに接続された家電から収集したデータを解析するサービスを指すカテゴリーです。

 

管理業務支援

 

管理業務支援カテゴリーは、不動産業界における見積もり・契約分析やマンション設備分析、工事履歴分析などのあらゆる業務を効率化させるサービスのカテゴリーです。

 

マッチング

 

マッチングカテゴリーでは、物件を探すユーザーと物件の所有者のマッチングはもちろん、不動産業界における人員と業務のマッチングを指します。

 

リフォーム・リノベーション

 

不動産におけるリフォームやリノベーションにおいて、リフォーム業者とのマッチングなどを提供するサービスのカテゴリーです。

スペースシェアリング

 

スペースシェアリングカテゴリーは、空き物件などを中長期でのシェアをマッチングするサービスを指します。民泊サービスなどもスペースシェアリングカテゴリーに属します。

 

不動産techは増え続ける

 

 

不動産とテクノロジーを融合させたサービスは、各カテゴリーに属するサービスはもちろん、カテゴライズが難しい新たなサービスもリリースされています。

不動産techには、不動産業界におけるニーズはもちろん、生活基盤となる不動産を必要とするユーザーの細かなニーズに対応すべく、無数のサービスが提供されています。

カテゴライズされているとはいえ、いくつかのカテゴリーを包括するサービスも存在するため、非常にわかりにくいことも事実です。

 

不動産techに期待出来ること

 

不動産techは今後も様々なテクノロジー(AIやロボットなどのテクノロジー)を取り入れることでIT化が進んでいきます。

 

AIによる不動産tech

 

今後の不動産techに期待できる一つの技術として「AI」が挙げられます。特にAIによる物件価格の予測が進むと、不動産投資に大きな影響をもたらします。

またAIの進化により、顧客対応の範囲としてより的確なマッチングも行うことができるでしょう。入居後のユーザーはAIのサポートを受けることで、24時間のトラブル対応はもちろん、トラブルの事前予測なども期待できます。

 

まとめ

 

 

不動産とテクノロジーを融合した不動産techは、これから加速度的に広がりを見せます。不動産の売り方や管理の仕方、そして投資方法も含め、それはユーザーと不動産会社双方に大きな影響を与えることになるでしょう。

また、不動産techが加速するにつれて、不動産業務と先端技術を兼ね備えたIT技術者の需要も増えていくことが考えられます。

Geekly Media ライター

佐久森

2+