ユニケージ開発手法とは!その特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

ユニケージ開発手法はどんな特徴があるのか、この手法のメリット・デメリットを分かりやすく解説。難しい専門用語を極力使わず説明しています。なので、他のサイトの説明が専門的な用語ばかりで、理解に時間が必要だと思っている方に読んでい頂ければ幸いです!ユニケージ開発手法の内容を分かりやすくまとめました!

 

ユニケージ開発手法とは!

 

 

「ユニケージ開発手法」とは、オペレーティングシステム (OS)でのUnix系コンピューター(コマンド)とスクリプト言語(シェルスクリプト)でシステムを開発する意味を持つ開発手法の1つです。

ユニケージ開発の一般的な考え方は、コード修正が少なくて済む場合の考え方を保持します。更に、経年劣化しないハードウェアを起用し、その仕組の基本的な物事の核を選択し実行しているのが、基本となります。

この方法により、ソフトウェアのクッション性と、ハードウェアのスピードの特徴を一緒に得ることができるのがこのユニケージ開発の手法になります。

 

特徴3つ

 

【幅広い対応性】

 

 

1つ目は、開発環境はさまざまなUnix系統OSであればスクリプト言語と組み合わせて開発可能です。理由はUnix系のOSとスクリプト言語で開発可能なのが「ユニケージ開発手法」です。

つまり、スクリプト言語とUnix系OSと言う条件でなければいけませんが、この条件下であればさまざまなUnix系のOSでの開発が可能となるため、幅広い開発がおこなえることが特徴として挙げられます。

 

【難しくない開発】

 

 

2つ目は、スクリプト言語を活用するソフトウェアを使用するためには、コンピューター(コマンド)が必要になります。従来のコンピューターの言語処理では、現代の情報社会についていけず機能や操作性に衰えが生じてきます。

その問題を解消するのがUnixとなり、独自のコンピューター内部で作成ができると言う点で楽しめます。効率的に単純化したシステムを作り上げることができ、作れるコマンドの個数は開発する人により無限に作成が可能です。

ユニケージ開発手法で開発したコンピューター内部のスクリプト言語を、数十個にまとめ集約することが基本となります。

大きな特徴としては、単純に見える簡単なソースプログラムを使用します。ソースプログラムを用いて多くの人が独自に書き換えることが可能です。

 

ですが、単純な見た目だからといって、はじめの段階から簡単に作成することができたということでもありません。長年の経験の中からシンプルで簡単な形式に纏め上げることができるようになりました。

長年の積み重ねで簡単に快適に言語を扱えるシステムが生まれ、その後の開発が誰でも簡単に利用することができるのが現代です。

つまり、ユニケージ開発の本質は、開発者の高度な技術による開発システムではありません。複雑なコードを構成したり、といった難しい開発手法で行うことをせずに開発できます。

結論、アイディア次第では誰でもシンプルな技術とシンプルな理解で開発を実現できることがユニケージ開発の特徴になります。

そこに経験を加えることによって、磨き上げられ高い技術や知識が身に付くのがユニケージ開発手法です。

 

【正しく証明できる】

 

 

3つ目は、ユニケージ開発の特徴として、一般的な人でも理解しやすいテキスト形式での実行を中心として開発できます。単純明確な基本的な機能の行列形式、ヘッダー、タグ形式など幅広い範囲をサポートしています。

Unixの構成に従って配置することが可能な、一般的なテキストファイル類を小さい単位に1つずつ置き換えます。そして、大きいデータで一括して蓄積すること無く、小さいデータ単位の積み上げで構成保存できます。

このような形式でデータを処理することにより、小型のデータで簡単に取り扱いができ、効率よく処理することが可能となります。

発生したデータをそのままファイルに保存する手法をとり、データを消去する事はありません。つまり、入力作業を行った場合1エディターにつき1ファイルが生成されます。

ファイル数の数は膨大になり、増え続けることが懸念されますが、現代ではその心配はありません。最近のデータの扱える機能性はとても優秀で無限に保存や管理が可能です。

それにより、修正されていない無修正のデータでしっかり信用性での評価となる重要点からこのような手法をとっています。

理由としては、データを正しく証明できるため、小さいファイルを生成することが、基本的な考えとその考え処理方法となります。

上記の信頼性や情報データの正式な証明を軸に置いているのがユニケージ開発の特徴になります。

 

内容

 

【内容の作業手順】

 

 

・手順1

非同期で発生することが多くあり、テキスト形式とは限らないことが特徴に挙げられます。

・手順2

手順1のデータを秒、分、時、日のように期間的にシステムを情報処理します。この時にイレギュラーデータが取り除かれ、一般的に手順2がテキストデータ化されます。

・手順3

業務上で行うようなファイルに分類や整理したデータなどを時系列に処理します。この時手順2のデータを発生種類ごとに項目を分類して整理します。

・手順4

データは、アプリケーションと呼ばれることもあり、単位、出力に便利な構成されたファイルで構築する作業が手順4です。

・手順5

出力データを扱います。システムをユーザが操作したときに、動作する発生データを示しています。この発生データを保存しておくことにより、出力データの検査やシステムを管理する業務などにも利用されることがあります。

 

【完全分散処理】

 

 

ユニケージのシステムはサーバー、ソフトウェア、データ配置に反映されます。この時サーバー内では「理解」と「分類」が同じ意味として認識されます。

サーバー、ソフトウェア、データ配置を分けることにより、各役割事に明確な役割に特化し、他の無駄な機能の処理を行わないことにより、シンプルで無駄のない早い処理が可能となります。

単純特化された機能を積み上げることにより、良いものができると言う発想から生まれたシステムです。

また各サーバーごとに自立可能なシステムを採用しているため、必要に応じて違う場合にもシステムを実行することが可能。つまり、自立可能な各サーバーは出た結果を交換し合い仕事をしていくことが可能です。

このような形式でのサーバーネットワークを表す言葉として「コンピューターズ・コミュニティー」と呼ばれています。

ユニケージ開発の特徴として、データ加工やアレンジを加えることができる自由で現代に対応できる開発システムのことを可能にしたのがユニケージ開発手法になります。

 

Geekly Media ライター

1+