【徹底比較】ホワイトボックステスト vs ブラックボックステスト!メリット・デメリットを紹介!

システム開発においてテストは欠かせない工程です。ホワイトボックステストとブラックボックステストは、システム開発を行ううえで必ず行うテストです。それぞれのテストのメリットやデメリットを理解することで、効率よく開発を進めることができます。今回はホワイトボックステストとブラックボックステストについて解説していきます。

 

ブラックボックステストのデメリット

 

正しく処理されているかはわからない

 

 

あくまで使いやすさを重点的に評価しているこのテストは、たとえ間違って処理されたとしても、結果が正しく出ていれば特に問題視されることはありません。そのため、処理上の不具合などを見つけることはかなり難しいです。

正しい答えが出たとしても、内部の処理が間違えているかどうかまでは把握することはできません。そのため、ユーザーに納品した後に不具合が頻発してしまう可能性は高いままとなってしまいます。

 

評価基準が増える

 

 

使いやすさやレイアウトなどのデザイン面というのは、意外にも評価するポイントが多いものです。最低限仕様書の要件を満たす必要がありますが、あくまでそれは最低条件です。その要件以上に使いやすいものを目指すとなると、それだけ評価基準などが増えてしまいます。

またブラックボックステストは使いやすさを評価することがメインとなります。これにはUIやUXといった、デザインなどに関する観点も必要となります。システム開発を依頼したユーザーや、第3者を交えて行うと良いでしょう。

 

効率や規模に合わせたテストを

 

今回はブラックボックステストとホワイトボックステストそれぞれの違いを、メリットやデメリットなどを基に解説しました。

 

テスト期間とシステムの規模は比例する

 

テストを行う上で最も重要なことは、効率よく行うことです。それぞれのテストでさまざまな手法が存在しますが、何よりもそれぞれのメリットをうまく織り交ぜてテストを計画することが大事です。ユーザーの要望をできる限り叶えることはもちろん大事ですが、納期に遅れてしまっては元も子もありません。

またテストというのは、システムの規模によっても期間が大きく変わってきます。大規模なシステムであればあるほど、期間は長くなっていきます。開発しているシステムの規模に応じて、それぞれのテストをどのくらい行うか決めましょう。

 

まとめ

 

 

最近ではグレーボックステストというものがあります。内部構造を理解したうえで使いやすさなどを評価するため、テスト期間の短縮合理化など、さまざまなメリットがあります。人員も少なく済むため、小規模のシステム開発などにはおすすめです。

グレーボックステストの場合はプログラム作成者が行うため、先ほどのようなメリットを生み出すことができます。しかしその分プログラム作成者の負担も増えるため、システムの規模や開発期間、予算などを含めて決めることをおすすめします。

Geekly Media ライター

どーばー

0