動画メディアの”今”を徹底解説!人気動画メディアの紹介から動画メディア作りに必要なスキルまで幅広くご紹介します!

SNSの普及に合わせて爆発的に増えているのが動画メディアです。今では個人から会社まで幅広いコンテンツがあり、そのマーケティング効果は非常に高いと言われています。今回は動画メディアについて、今人気の動画メディアから、これから動画メディアを作りたい人向けに必要なスキルまで幅広く紹介していきます。

 

直接的なマネタイズは難しい

 

 

動画メディアは多くの場合、「紹介」する事がメインのメディアで動画自体を見て楽しむようなタイプの動画にはならない事がほとんどです。

その為、動画自体の広告収入を収入源とするようなマネタイズ目的では行えないです。

あくまでも動画メディアを入り口にして自社を知ってもらうなどの他のサービスと組み合わせる戦略を考える必要があります。

 

動画メディアとYouTuberの違い

 

 

同じく動画を投稿して収入を得ている人達にYouTuberと呼ばれる人達がいます。

YouTuberの中にも商品を紹介する事で広告収入を得ている人達がいますが、彼らは動画を通して直接的に収入を得ているので動画メディアとは違います。

また動画メディアは多くの場合企業単位で行うのに対し、YouTuberは個人レベル、集まるとしても少数での活動がほとんどだという違いもあります。

 

もちろん厳密な決まりがあるわけではないので個人で動画メディアを始める事も可能です。

同じ動画を媒体としSNSに投稿されるのでユーザーからの違いは分かりにくいですが、特にマネタイズにおいて明確に違う物として認識しておく必要があります。

 

これから動画メディア作りに挑戦するなら必要なスキル

 

 

ここからはこれから動画メディアを自分でも作ってみたいと考えている人に必要だと言われているスキルについて紹介していきます。

動画の製作技術はもちろんとして動画メディアもマーケティングの一種なのでそれ以外のスキルも必要です。

 

情報収集力

 

 

動画メディアにおいて最も必要だと言われるスキルが情報収集力です。

SNSで発信する以上、興味を持ってもらう為にはその時のトレンドを把握した上での動画作りが必要となってきます。

それもただ情報が集められるだけでなく、以下に早く正しい情報を掴むかも大切です。旬を過ぎてしまっては「バズる」動画にはならないので旬を先取りするくらいに情報を常に収集している必要があります。

 

仮説検証力

 

 

情報収集した情報を生かすのに必要なのが仮説検証力です。

ユーザーがどのような疑問を持っていて、どのような事が知りたいか、その為にはどのように見せるのが最適かを考えて取材の段階から準備する必要があります。

また同時にその動画をどんな層に見てほしいのかなどのユーザー層設定なども大切です。

 

テキストや静止画に比べて伝わる情報が多いという事はそれだけの情報を考えて発信しなければいけないという事でもあります。

特に動画メディアはまだまだ新しいマーケティング方法でどのようにすれば成功するのかという事を多くのメディアが模索している状態なので、時には挑戦的な方法をする必要もあります。

 

企画力

 

 

動画はメディアの中でも特にダイレクトに伝わりやすいメディアなので企画力も大切になってきます。

あくまでもメディアなので情報を正しく伝える事を念頭に、企画の隅々にまで目を光らせておく必要があります。

 

実際に撮影する場面においてもどのようなシーンをどの角度から撮影、といったような撮影時からテロップの入れ方などの編集に至るまで、1つの動画のクオリティも高めていかなければいけません。

もちろんメディアである以上定期的に発信する事も大切なので、1つの企画にこだわり過ぎない事も大切です。

 

Geekly Media ライター

Lotus0

3+