【徹底比較!】Illustrator vs Photoshop!両者の違いから使い方まで分かりやすく解説します!

IllustratorとPhotoshopはどちらが優秀なのか?グラフィック関連のことについて学びたいと思ったら必ずどちらかは学ぶことになるでしょう。今回は双方の良いところや違い、使い方までを解説していきたいと思います。特にデータ形式に違いがあるため業種によって、使い分けされています。どっちも同じなんじゃないの?と思っている場合は読むことを推奨します。

 

Illustratorが有効的に使えるシーンとは?

 

 

それぞれの特徴を掴みました。次はIllustratorが友好的に使えるシーンを紹介していきます。

 

図表をたくさん使うプレゼン資料を作りたい場合

 

プレゼン資料を作る場合、図表をたくさん使うことになります。この際はIllustratorが最適です。Photoshopがダメという意味ではないのですが、図や表をキレイに並べるのはIllustratorのほうが優秀だからです。また、アイコンやキャラクターなどのデータもプレゼン用に拡大縮小する際にはIllustratorのほうが荒くならない点にも注目です。

 

アイコンやロゴの作成をする場合

 

アイコンやロゴはあらゆる場面で使われることが多いです。プレゼンやポスター、説明書などはあらゆる場面で使われることが多いです。Illustratorで1つのサイズで作っておけば、他で拡大や縮小されても問題ありません。

 

Photoshopが有効的に使えるシーンとは?

 

 

Illustratorとは別の特徴を持つPhotoshopはどんなシーンで有効的に使えるのか見ていきましょう。

 

アーティスティックな作品を作りたい場合

 

Photoshopは陰影や色づかい、筆のタッチ感まで表現することができます。アーティスティックな絵を制作する場合に重要視されるところであり、Illustratorにはない機能でもあります。特にブラシの種類が多く、さまざまな効果を付けることができます。1つ1つのピクセルに対して、対応できるデータ形式だからこそできることと言えるでしょう。

 

写真の加工

 

写真加工は意外と多くの業種で行われています。たとえば1枚のコーヒーの写真に湯気を追加させたり、より良く対象物を見せたいためにライトを当てているような処理を入れることも可能です。他にも写真に写っていては問題があるものが出た場合、Photoshopで「なかったこと」にすることもできます。Photoshopの写真加工は機能が多いため、あらゆる場面で使われているのです。

 

ペンタブで作業したい場合

 

Illustratorでもペンタブを使うことは可能です。しかし、Photoshopの方が使いやすく、習得の時間もかからないためペンタブで作業したい場合はPhotoshopに軍配が上がります。ペンタブのいいところは直観的に作業ができることです。Photoshopならクレヨンや絵の具と言ったタッチ感を出すことが可能で、まるで実際に持っているかと錯覚してしまうほどのインパクトがあります。

 

職業としてよく使われるのはどっち?

 

 

IllustratorとPhotoshopはどちらにも特徴があり、用途によって便利さが変わります。実際の職業で使われているのはどちらなのか?それぞれ見ていきましょう。

 

Illustratorの場合

 

特に印刷関連の仕事はIllustratorを利用することが多いです。印刷はサイズがまばらになることが多く、複数のデータを作成していたら作業量が多くなってしまいます。サイズ変更されても画像が崩れないIllustratorが好まれています。また、キャラクターデザイナーもIllustratorを多く利用しています。こちらもサイズ変更されても使いやすいことが挙げられます。企業ロゴやイメージキャラクターはさまざまな場面で使われ、用途が豊富であるためです。

Photoshopの場合

 

WEBデザイナーCGデザイナーなどの業種の方はPhotoshopを使用することが多いです。立体感のある作品を作るのにPhotoshopが優れているためです。また、写真を加工してWEBサイトのデザインをすることも多いことからもPhotoshopの方がやりやすい点も見逃せません。

 

両者の違いを把握して上手に使いこなしましょう!

 

 

IllustratorとPhotoshopの違いについて解説しました。どちらにも特徴があり、状況に応じて使用できることがベストであると言えるでしょう。もし、デザイナーを目指している場合は具体的にどんなデザイナーを目指しているのかで、覚える方を選ぶようにしましょう。

 

Geekly Media ライター

gibson

3+