社内SEのキャリアパスとは!経験を活かしてどんな仕事ができる?開発系・インフラ系ともに紹介します!

大小規模に関わらず、現在の企業ではIT化が進んでいます。もともとITに明るくない企業は、PCはもちろんネットワークやOA機器にも手間取ることがあり、業務に支障をきたします。そこで必要なのがIT技術に詳しい社内の存在です。

今回は、社内とはなんなのか、その仕事内容やキャリアパス、経験を生かせる仕事を紹介します!

 

社内SEとは

 

 

IT化された現代社会では、社内SEは企業規模に限らず必要な技術者です。しかし、社内SEに就いているのが必ずITのプロフェッショナルというわけではありませんし、社内SEをクラウドソーシングしている企業もあります。究極には社内SEを置いていないという企業もあるほどです。

 

社内SEというポジションがなかなか重宝されない理由としては、一重に「直接の利益を生み出さない」ポジションだからです。

社内で利用するOA機器をはじめ、PCやソフトウェア、ネットワークやインターネットなど、”あって当たり前“のものを構築・維持・管理するからです。

社内SEが保つ会社の基盤(インフラストラクチャー)は、会社全体が利益を上げるための資産なのですが、社内SEである従業員が外から利益を運んでくることはありません。

これが、企業が社内SEを“重宝しない”原因です。非常にやり甲斐のある仕事ですが、何故か肩身がせまいという職場も少なくないのです。一方、何かしらのITトラブルが発生した場合には、一番に頼られる存在でもあります。

 

このジレンマは、どのような企業規模でもつきまとうものですが、社内SEはいわば“縁の下の力持ち”というポジションですので、それを意識してプライドを持つ必要があります。

 

社内SEの仕事

 

社内SEの仕事は会社のIT資産管理から、社内全体のネットワーク構築など幅広い業務を行います。中には総務の仕事も兼任するということもあるでしょう。

社内SEの主な仕事は次のようなものがあります。

 

・PC選定・設置・設定・保守(トラブルシューティング)

・OA機器の選定・設定・保守(トラブルシューティング)

・業務に必要なソフトウェアや機器の選定・導入(トラブルシューティング)

・インターネットおよび社内ネットワークの選定・設計・構築・運営・保守(トラブルシューティング)

・社内のIT機器やソフトウェアで、より業務を効率化するための提案や調査・実行

・社員のメールアドレス発行・管理

・PCやネットワークにおけるセキュリティ管理・保守(トラブルシューティング)

・社屋の物理的なセキュリティ導入・管理

 

などです。

業務に関わる(一連の業務が行える)環境を整えた後は、それら全ての管理・保守(トラブルシューティング)が主な業務です。

また、急速にIT化が進んでいる企業では、その企業に合ったIT化を主導していくことになります。一度導入した仕組みを途中で投げ出すことはできませんので、導入前に行う塾考は非常に重要なステップです。ここで成功するか否かの8割が決まります

 

社内SEのキャリアパス

 

 

社内SEからのキャリアパスは、その知識量から幅広い可能性が生まれます。

 

中小企業の社内SE

 

社内SEの基礎的な業務を満遍なく会得するのであれば、まずは中小企業の社内SEをめざします。

規模の小さな企業ほど、社内SEが行う業務の幅は広くなります。特にIT企業以外の会社であれば、自分以外にはIT知識が無いことがほとんどですので、”IT“というキーワードに関わるものは全て社内SEが担当することになります。

 

社員のPC選定・設定・保守はもちろん、最小限必要なネットワーク機器の選定・設定・設置・保守、更にはOA機器(複合機など)の選定・設置・保守も社内SEの役割になります。

ビル内のワンフロアに拠点を構える企業であれば、会社への出入りをするためのセキュリティ機器の選定を行うこともありますし、急遽テレビ会議を行うとなれば、その日までにどうにかして環境を構築するといった機転も必要になります。

 

比較的小規模の企業では、これらの業務を一手に引き受けるため思った以上のスキルアップが望めるのです。

ただし、中小企業で社内SEを採用している企業は少なく、狭き門であることは確かですので、どうしても社内SEを目指したい人は根気よく就職活動をおこなう必要があるでしょう。

 

大手企業での社内SE

 

大手企業では、社内のIT技術を一手に引き受ける部門を持つ企業が多くあります。IT部門での作業は膨大ですが、基本的には他社で培った社内SEの知識が役に立ちます。

 

大手企業では、IT部門でも多くのメンバーを雇用していることが多く、業務による役割分担も行われています。

規模の小さな会社の社内SEであらゆる業務を担当していた人ほど、部門として存在する場所ではより専門性を高めた業務に就くことが望めます

 

社員のIT機器(PCなど)のサポートが得意だったならば、社内機器のトラブルシューティングを主に担当することも可能ですし、サーバーやネットワークの構築・保守をもっと極めたい場合は、ITインフラの知識を深めていくこともできるでしょう。

 

IT企業での社内SE

 

更に専門性を高めスキルアップがしたい場合には、IT企業の社内SEを経験することで、最先端とされる技術の導入で新しい知識を得ることができます。

 

また、IT企業では社内SEが開発用のサーバーを選定・構築・保守を行なったり、ネットワークの設計・設定・保守を行うところがほとんどです。

社内SEが用意したインフラの上で、自社開発のソフトウェアなどが開発されるという構造になります。

 

また、開発段階のソフトウェアでは、特に通信を利用する機能部分でネットワークのテストも行います。その際には、ソフトウェアのテスト環境ネットワークを構築するといった臨機応変な対応も必要です。

 

IT企業では、それ以外の企業よりも専門用語が飛び交います。全てを把握しそこに必要な技術や機器を素早く用意し対応するといった能力も磨かれるでしょう。

社内SEを目指すならば、IT企業でも通用する深い知識と臨機応変さ、そしてコミュニケーション能力を培う必要があります

 

Geekly Media ライター

佐久森

0