【GAFAだけじゃない!】話題のBATHとは!中国vs米国、どちらに軍配が上がる?

今や世界の経済に影響を与えるGAFA。そんなGAFAの牙城を崩すのではないかと今話題になっているのが、BATHです。中国企業が中心であるBATHと、アメリカ企業の4強であるGAFAが今経済において熱い戦いを繰り広げています。今回は今話題となっているBATHについて、徹底的に解説していきます。

 

もはやGAFAと同等?!BATHとは一体

 

中国のハイテクIT企業の四天王

 

 

現在のIT社会のスタンダードを作り、いまや世界経済を左右するほどにまで成長したGAFA。多くの企業がGAFAに続けといわんばかりにさまざまなサービスなどを生み出していますが、GAFAを脅かすまではいきませんでした。しかしそんなGAFAを揺るがす存在が、今急成長を遂げています。それが今回紹介するBATHです。

BATHは中国に拠点を置くハイテクIT企業4社の頭文字を組み合わせた言葉です。Bはバイドゥ、Aはアリババ、Tはテンセント、そしてHはなにかと話題になっているファーウェイを指しています。いずれも中国ではかなり知名度が高く、最近では世界的にも注目されている企業です。

 

いずれも深センを拠点とする会社

 

 

この4社の共通点はIT企業であることだけではありません。4社とも中国の深センを拠点としているのです。この深センという地域は別名アジアのシリコンバレーといわれており、多くのIT企業などが集結している地域です。最近では経済特区に指定され、その勢いはさらに強くなりました。

その深センにBATH4社が拠点を置いており、さらにBATHと関連のある系列企業までもが拠点としています。深センはアジアのIT企業の激戦区であり、BATHはその中でも頂点に位置する最強企業集団なのです。

 

なぜBATHはここまで伸びたのか

 

深センの経済特区の指定

 

 

先ほど少し触れましたが、深センはここ最近経済特区に指定されました。とはいえ、ただ中国で知名度が上がったから経済特区に指定されたわけではありません。その背景にはベンチャー系企業の存在もあります。ベンチャー企業などからの支援により更なる技術の開発やサービスの向上をすることができ、その結果中国政府も動いたのです。

そして経済特区に指定されて以降、BATHの勢力はさらに強まりました。BATHにいた社員の多くが新たな会社を設立し、BATHでの経験を基に新たな分野へ歩みを進めました。その結果急速な成長を遂げ、アジアのシリコンバレーといわれるほどにまで成長したのです。

 

後追いスタイルから独自スタイルへの変化

 

BATHの急成長にはもうひとつ要因があります。それはBATHをはじめとする中国のIT企業のスタイルの変化です。元々中国のIT企業は、アメリカのサービスや技術の後追いスタイルが主流でした。アメリカで生まれたサービスや技術をひたすら真似るのが、一昔前までの中国IT企業のスタイルでした。

次第に中国IT企業の技術力も上がり、ある程度技術力が身に付いたところで中国IT企業は大きな変化が起きます。後追いとしてとにかく技術力の向上をしてきた中国IT企業が、その技術力を用いて独自のサービスなどを作り始めたのです。これがBATHの急成長のきっかけとなったのです。

 

BATHの急成長の秘密

 

社員同士の競争が激しい

 

 

なぜBATHはここまで急成長を遂げ、そして今でも急成長をしているのでしょうか。そこにはいくつかの要因があります。その中でも特に大きいのが、BATHそれぞれの社内環境です。IT企業というと常にイノベーションで溢れているイメージがありますが、BATHはそれがかなり強いです。

BATHの社員はとにかく勢いがあり、常に社員同士の競争が巻き起こっています。そうした激しい競争こそが、BATHの急成長の大きな源となっているのです。決して潰し合いの競争をするわけでなく、とにかくイノベーションを出し合う競争をしているからこそ、BATHはここまで成長できたのです。

 

企業間の交流がかなり活発

 

 

BATHは深センに拠点を置いていますが、そのほとんどは徒歩圏内に本社を置いています。そのため、企業間の交流もかなり活発であり、常にイベントなどが開催されています。もちろん異なる企業の社員同士の交流も活発であり、そこでも新たなイノベーションが生まれています。

こうした交流というのは、日本からするとかなり不思議なものです。ライバルになりそうな企業とそんな頻繁に交流して大丈夫なのかと、心配する人も多いはずです。しかしこの取り組みこそがBATHを急速に成長させ、そして今でもその勢いをさらに強くさせているのです。

 

BATHの急成長を支える人材エコシステムとは?

 

勢いのある企業が物理的に集まっている

 

BATHのこうした環境は、BATHが生み出した独自の人材エコシステムによってもたらされています。つまり企業間の交流が活発なのは、こうした人材エコシステムがあるからこそ成り立っているのです。物理的に集結しているのも、この人材エコシステムに基づいて行われたものなのです。

どれだけ勢いのある企業が集結していたとしても、それぞれの企業がはなれていては意味がありません。そこで気軽に交流ができるようにぎりぎりまで集結させたことにより、かなり活発な交流ができるのです。シンプルでありながらもかなり効果のある手法といえます。

 

企業間交流などを積極的に歓迎するスタイル

 

 

BATHの人材エコシステムは物理的に集結させているだけではありません。企業側が異なる企業の社員と交流することを歓迎していることも、人材エコシステムによって行われている取り組みのひとつなのです。

日本では一般的にライバル企業との交流は控える傾向が強いですが、BATHは真逆のことをしています。このように、BATHが考えた人材エコシステムによってイノベーションを生み出しやすくし、そして新たなサービスや商品が生まれるようになるのです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

3+