カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 【知っておきたい!】マーケティングオートメーション(MA)とは?その内容からできることまで徹底解説!
  • Web・ゲーム

【知っておきたい!】マーケティングオートメーション(MA)とは?その内容からできることまで徹底解説!

マーケティングオートメーション(MA)の内容からできることまで解説。今回はこのテーマでお話をしていきますが、マーケティングの枠を超えて、実は身近なSNSにも関わってきます。これからの時代では収益の最大化を測る方法&手法として注目されているのがMAです。これからのマーケティングを支えるMAについて徹底解説していきます!

 

マーケティングオートメーション(MA)とは?

 

 

「マーケティングオートメーション(MA)」とは、別けて考えると「マーケティング(顧客を集客する多くの工程)」&「オートメーション(自動、制御)」と2つに意味を大きく別けることができます。

2つの要素を合わせると「(マーケティングオートメーション)=(顧客を集客する工程を自動&制御)」といった意味合いになります。

顧客のニーズに合わせた集客をさまざまなプロセス(工程または方法)を活用して集客を制御し、自動化すると言った意味合いになります。

 

内容

 

【機能】

 

 

いかに、情報を最適にかつ的確に顧客に届けられるか、と言う視点思考を凝らしたマーケティングがMAでは可能になります。ここではMAで使用するツールの中で代表的なものをいくつか挙げて行きます。

 

・ページ作成、リード管理、スコアリング

LP (ランディングページ)や登録フォームなどの簡単なウェブページを作成することが可能です。関連履歴のメールやリードのHPを保存&管理することが可能です。

 

・メールマーケティング、アクセスログ取得、SNS機能

最も有名でわかりやすいのが、マーケティングでお馴染みの「メール自動配信機能設定」をすることが可能です。他にもスコアリング活用やアクセス上などのサイトの詳細解説などもできます。

現代では定着したSNS上での情報拡散も行うことができます。

 

【なぜMAが必要?】

 

 

事業が拡大してくると、それに伴い膨大なマーケティング業務を行わなければならなくなります。

少人数でこなせていたマーケティング業務作業を事業拡大や成長とともに、仕事量が増え、こなせなくなるような時間と作業が膨大に増えていき負担になっていきます。

そこで、その作業を軽減化して効率化してくれるのがMAです。MAツールを導入することで、あらゆるマーケターの業務作業が効率化することができます。例えば1人にメールを送るのと1000人にメールを送るのとを同等の作業量&作業時間に収めることができ、マーケターの負担が軽減されます。

このように大きく業務を軽減することにより、生産性も高まり商品価値も高まることで、さらに成長していける効果をもたらしてくれます。

 

導入効果&最大化

 

①  【導入する効果】

 

 

マーケティング業務にかかる工数の削減とともに、顧客の求めるニーズの割合情報の数値傾向を明らかにすることができます

例えば、大量のメール配信によって顧客ニーズを情報として取得することで、大量のデータが企業に蓄積されます。

さらに、蓄積されたデータを元にさらなるマーケティングを行う際の、顧客ニーズを絞る情報として活用することができます。

他にもMAを利用することにより、会社全体の顧客ニーズの発生要素や原因などがはっきりします。

様々なツールの機能をいっぺんにまとめることができる利点もあるため、バラバラなツールを使い無駄なツールの切り替えや、その切り替えによって発生するミスや遅れ等を1つのツールでまとめることで軽減できます。

顧客ニーズの方法を知れることにより、効率よく集客できるさまざまな方面からのメリット効果が大いに期待できます。

 

②【最大限活用するには】

 

 

マーケティングをする部署だけではなく、そのマーケティングを活用する他の部署とのコミュニケーションや連携を通じて、効果を最大限に発揮することができます。

まずは冷静になり、一旦立ち止まって現場の状況を把握することが肝になります。しっかりと目的を明確にして問題解決をするのが、最も基本的で最大限にMAを活用できる方法となります。

例としては、一見遠回りに感じてしまうような、検証して検証の結果が効果あるのかどうか確認する作業を、何度も繰り返して良い結果を探していくと言う方法が、実はとても効果的です。

このマーケティング方法の検証作業や検証後の顧客ニーズに合った情報を届けることも、効率よくこなせるのがMAで可能です。

その近道として、マーケティングの自動化が最も有効的で最大限に活用し、効果発揮ができるのがMAになります。

 

 

実例とツール紹介

 

①【ツール選びの考え方】

 

 

大手企業でない限り、価格帯のコストパフォーマンスはとっても気になる重要なポイントです。

できるだけ価格を抑えつつ、コストパフォーマンスを最大限にするためにはどうすれば良いのかを考えるのはビジネスマンとして当たり前ですよね。

そのため、自社では「この機能はいるけどこの機能は要らない」としっかり必要な機能を判別することにより、収益へのコストパフォーマンスが見込めるツール選び方が重要となります。

 

②【BtoBとBtoC】

 

 

またMAツールには大きく分けて2つのツールに対応しているか、という視点からでも選ぶことが可能なので「BtoB(企業間取引)」と「BtoC(企業と消費者の取引)」のどっちらにビジネスの軸が向いているのかを検討する必要があります。

そして、どちらも必要など、気づいたりして今の企業の状態やビジネスの規模など、現在の立ち位置でツールを選ぶのが大切です。

 

【MA】の今後

 

 

マーケティングを行い効果を出すことは可能ですが、効果を倍増させたり、何倍もの集客率を実現するにはマーケティングとは別の視点から見ることが大切になってきます。

それは、ブランド力です。始めの頃の企業スタートなどでブランド力の集客は見込めませんが、ある程度継続し、実績を出していくことでブランドは大きくなり確実に集客に結びつきます

今後のマーケティングオートメーション(MA)は、高みを目指すためにブランドを活用していくことが最大に利益の幅を増やしてくれます。

マーケティングオートメーション×ブランド力で今後は高く収益を伸ばしていくことが可能となり、マーケティングをするマーケターも取り入れていくでしょう。

例としてはユーチューバーなどの情報を拡散できる職業の人に、自社の製品を紹介してもらうなどの方法で、有名な人の力(ブランド力)を活用し収益を伸ばしている会社などが例として挙げられます。

 

これから利用していきたい人へ

 

MAという考え方

 

 

今後の日本では、MAでの顧客に合わせたニーズ調査&集客が主流となることでしょう。

さまざまなツールで調査&情報を元に顧客集客ニーズを活用して、今後伸び続けていき収益をこれからも伸ばしていってくれることでしょう。

 

まとめ

 

 

MAでは、顧客ニーズの特定を目的とし、特定したニーズから集客方法を考え集客していきます。その全工程を自動化してくれる優秀なシステムなのです。そのため、自動化する前の顧客ニーズが非常に重要となってきますので、これから活用していきたい人は顧客ニーズを絞り、特定していく事から始めましょう!

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。