平均的な転職期間は1か月?3か月?本当に正しい転職期間とは?!

「みんなどれくらいの期間で転職しているのかな?」なんて不安に感じていませんか?転職するおおよその期間がわからないと辞表を出すタイミングも掴めません。そんな時は大手量販店で人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者におまかせ!本稿では転職するのに必要な一般的な期間と転職するポイントを解説します。

 

転職期間で平均的なのは3か月!

 

 

一般的に転職するまでの期間は3か月といわれています。

しかし、いざ転職しようと考えると3か月で内定がもらえるとは限りません。

 

「長引いたら…」と不安になる気持ち良くわかります。

実は転職するまでの期間には、あなたが転職に向かうスタイルや注意を払うべき点があるのです。

これらの見定めを誤ってしまうと、転職までに長い期間がかかることも。

 

そこで本稿は、大手量販店での人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者が、「スタイル」・「流れ」・「段取り」をテーマについて解説します。

 

転職は離職後?それとも在職中?

 

 

あなたは転職するのに「離職後」か「在職中」かで、どちらのスタイルが良いのか迷っていませんか?

先がみえない転職では、あなたに迷う心が生まれるのは当然のことです。

これだけは頭に入れておいて欲しいのですが、「離職後」でも、「在職中」でもメリットとデメリットがあります。

現在のあなたの状況を良く確認して判断しなければなりません。

 

それでは転職のスタイルである「離職後」と「在職中」を判断するために、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

離職後に転職活動をしたら?

 

あなたが転職活動をはじめたからといって、すぐに内定をもらえる保証はありません。

そうです、ここが離職後に転職活動をする1番のデメリットになります。

 

これまでに十分な蓄えがあって独身であれば転職が長引いてもなんとかなるでしょう。

1番してはいけないのは、現職が嫌だからという感情が理由で離職すること。

ただ離職後の転職活動には、自由な時間を得られるメリットがあります。

 

面接時間を申し込んだ企業の都合に合わせられたり、スキルアップの時間にあてたりできるのは魅力です。

 

在職中に転職活動をしたら?

 

 

在職中に転職活動をするデメリットは、どうしても時間が拘束されてしまうこと。

あなたの業務の忙しさ次第では、申し込んだ企業が指定する日時に有給休暇が取得できないなんてことも。

有給休暇を取得する時期を、業務の都合でずらすのは違法ではありません。

 

面接の日時を変更してくれる企業もありますが、採用側にも都合があるので認められないケースも考えられます。

在職中に転職活動をするのは、毎月必ず安定した給料が入ってくるのが最大のメリットでしょう。

この安心感は他のどの要素もかないません。

 

転職活動は在籍中がおすすめ!

 

転職するからには、じっくりと焦らずに転職先を選びたいものです。お金に困り始めると、必ずといって良いほど焦りを感じます。

これでは満足のいく転職先を探せないですよね。

 

転職活動の基本は、安定した給料を受け取り続けながら心に余裕を持てる在職中に行うのが良いでしょう。

ただし、給料が未払いであったり、長時間労働やハラスメントなどで心身に影響したりするのであれば、離職後に転職活動をするべきです。

健康を損なってしまってはいけません。

 

転職する期間の3つの流れをチェック!

 

 

一般的に転職するまでの期間が3か月だとわかりました。

しかし、今回がはじめての転職活動だとしたら、3か月の流れがわからないですよね。

Geekly Media ライター

SHIN