ポートフォリオの作り方を紹介!クリエイターの転職で提出では絶対に必要?

クリエイティブな職種で転職するときに多くの場合提出を求められるポートフォリオというのを知っていますか?今回はそもそもポートフォリオとはどんなものなのかという基本的なことから、ポートフォリオの作り方・クリエイターの転職にはポートフォリオがないといけないのかということまで紹介していきます。

 

ポートフォリオとは?

 

 

ポートフォリオとは複数の書類をまとめて運ぶためのケースのことを表しており、書類を1枚1枚の単体ではなく集合体として扱う時に使う言葉です。

書類をまとめて運ぶためのケースと言われると、バインダーなどの複数の書類をひとまとめにしてしまうモノを思い浮かべてしまう方も多いと思いますが、

ポートフォリオはそれとは若干異なりまとめて持ち運ぶのですが、1枚1枚単体で出し入れができる物の事を言います。

イメージとしてはポケットが複数ついていて、1ポケットに1枚のカードを入れるカードケースみたいな感じです。

 

業界ごとに使い方が違う

 

 

ポートフォリオは複数の書類をまとめて運ぶためのケースという意味では同じですが、業界によってまとめる書類は変わってきます。

ポートフォリオという言葉が使われる業界は主に「金融」「教育」「クリエイティブ」の3つの業界です。

今回はクリエイティブについて中心に話していくので、「金融」「教育」については簡単な説明で終わらせますが興味がある人は調べてみて下さいね。

「金融」では、現金・預金・株式・債券・不動産など投資家が持っている金融商品の種類を株式の銘柄や組み合わせまで、詳しく一覧で見ることができる物事を指しています。

「教育」では、試験用紙・活動報告レポート・活動状況を収めた写真などを収めたケースの事を指し、試験の点数だけではなく様々な指標から生徒の評価を決めていくために使われています。

 

クリエイティブ業界での使われ方

 

 

では肝心のクリエイティブ業界ではどのような使われ方をしているかというと、今までのあなたの実績や能力を示すための作品集として使われる言葉です。

おそらくポートフォリオと聞いたら多くの人がこれを思い浮かべると思います。

クリエイティブな作品集というとポスターやイラストなどをイメージする人が多いと思いますが、それだけではなく営業資料や会社案内の保管作業実績を載せる場合もあります。

また、WebサイトなどWebを中心クリエイターとして働いていた、もしくは働きたいと思っている方は紙ではなくWeb上でポートフォリオを作成する場合もあります。

分かりやすくするためにその際は紙でのポートフォリオを同時に出すといいでしょう。

 

ポートフォリオはあなたを映す鏡

 

 

先ほども話した通りクリエイターのポートフォリオは、今まであなたが行ってきた仕事の実績や現状の能力を相手に示すためのツールになります。

職務経歴書や名刺代わりになるものなので、相手にしっかり伝わるものである必要があります。

特に転職や就職の際には見る相手もクリエイターである可能性が高く、ポートフォリオを作った経験のある人が多いです。

 

また作品を見ただけでどの程度の能力がある人か分かるので、しっかり作りこまれたものでなければいい印象を与えることはできません。

ポートフォリオはただの作品集として作品を並べていくだけでなく、自分はどういう人間で、どういうことをやってきて、これからどうしたいのかをといった自己PRを作るような気持ちで自分と向き合って作ることが重要です。

 

ポートフォリオの作り方

 

 

では実際ポートフォリオを作るにはどうすればいいのかについて紹介していきます。

初めて作る人でも分かりやすいように丁寧に説明していくので、しっかり理解して最高のポートフォリオを作りましょう。

 

一目でわかる作り

 

 

先ほども話した通り転職におけるポートフォリオは単なる作品集としてはいけません。

あなたをアピールするものなので、一目であなたがどんな人間であるのかを実績・能力・目標などで相手に示す必要があります。

クリエイティブ業界で働くのであれば、クリエイターとしてのセンスもこの構成から測ることができてしまうのでしっかりとした構成で分かりやすいポートフォリオを心がけましょう。

作品がいくら良いものでも紹介文が悪ければ相手には伝わりませんよ。

 

Geekly Media ライター

3+