【プロダクトマネージャー】仕事内容から求められるスキルまで徹底解説!プロジェクトマネージャーとの違いも解説します!

プロダクトマネージャーという言葉を聞いたことはありますか?近年よく使われるようになってきているプロダクトマネージャーとは、どんな仕事をしている人の事を言うのでしょうか?今回はそんなプロダクトマネージャーの仕事内容から、必要なスキルについてやプロジェクトマネージャーとの違いなどを紹介していきます。

 

プロダクトマネージャーとは?

 

 

近年IT企業を中心にプロダクトマネージャーという言葉をよく聞くようになりましたが、その仕事内容や求められるスキルなどを知っている人は少ないのではないでしょうか?

プロダクトマネージャーは顧客満足度を上げて、最大利益を得るために動く仕事であり、会社の利益を作るために必要なポジションなのです。

ではどんな事をしているのかについて詳しく説明していきます。

 

プロダクトとは?

 

 

プロダクトマネージャーの仕事を説明する前に、まずはプロダクトについて説明していきます。

プロダクトをマネジメントしている仕事がプロダクトマネージャーなので、プロダクトが何かを分かっていないと始まりません。

プロダクトとは直訳すると、製品・商品・生産物などと言った意味を持っており、企業などが顧客に販売する製品の事を指すのが一般的です。

これは車や家具といった形のあるものはもちろんですが、サービスやシステムといった形のないものに対して使われることもあります。

マーケティング用語としては、どのような製品を販売するかを検討し企画開発を進めるという意味を持っています。

 

プロダクトマネージャーの仕事とは?

 

 

プロダクトマネージャーは直訳するとプロダクト(製品)をマネジメント(管理)するとなるので、製品管理をする仕事のように思えますが、それだけではありません。

プロダクトマネージャーの仕事は最初に話した通り、顧客満足度を上げて、最大利益を得る事です。

プロダクトマネージャーの仕事と言うのは、単に製品を管理するというお仕事ではなくどんな製品なら顧客の満足度を上げることができるのか、それをどのように販売していけばいいのか等を計画し実行していくお仕事であり、マーケティング戦略などを立案していくリーダーです。

具体的には、どのように行うかというロードマップの作製・プロジェクトや投資を行う際の戦略上・財務上等の情報・分析を提供するビジネスケースの作成・新商品の開発・市場への投入という製品を販売するまでの上流工程での仕事。

プロダクトのライフサイクル管理やブランド管理・効果的な販売戦略を立てるためのマーケティングといった下流工程の仕事を行います。

プロダクトマネージャーは、このように製品を販売していく際に携わる営業・研究開発・財務・法務と言った様々な部署を取りまとめ方針を決めることが仕事であり、その責任を負う重要なポジションなのです。

 

プロジェクトマネージャーとは違う

 

 

プロダクトマネージャーと似ている言葉に、プロジェクトマネージャーというものがあります。

どちらかというとプロジェクトマネージャーの方が聞きなじみがある人が多いのではないでしょうか?

この2つはプロダクトを世に発信するうえでどちらもとても重要な役割を果たしているのですが、まったく別の役割を持っているポジションなのです。

どのような違いがあるかご存知ですか?

プロダクトマネージャーが顧客の課題解決のためにどういう商品を作るのかという視点でプロダクトにかかわっているのに対して、プロジェクトマネージャーは品質・開発コスト・リリーススケジュールなどに視点をあててプロダクトにかかわっています。

つまりプロダクトマネージャーは「何を作るのか」「なぜ作るのか」という「What」「Why」を求められており、プロダクトマネージャーは「いつまでに」「どうやって作るのか」という「When」「How」が求められるポジションなのです。

 

プロダクトマネージャーに必要なスキルは?

 

 

プロダクトマネージャーになるのに特別な資格は必要ありません。

もちろん持っていたら便利という資格は業界によってあるかもしれませんが、これが絶対必要なものはないですし、逆にこれを持っているからプロダクトマネージャーになれるというものもありません。

しかし、プロダクトマネージャーとして活躍するのに必要なスキルというものはあるので、次はプロダクトマネージャーとして活躍したいなら身に付けたいスキルについて紹介していきます。

 

理解力・考察力

 

プロダクトマネージャーとして活躍するには、理解力と考察力が必要不可欠です。

何故なら、プロダクトマネージャーの仕事は課題解決から始まるからです。

課題解決から始まるという事は、まずその課題についてしっかり理解する必要があり、課題をしっかり理解していないと見当違いなプロダクトを計画することになってしまいます。

また、課題の話をしている人全員が話上手というわけではないので、要領を得ない話し方等をする人もいます。

そのような方と話しても、何を言っているのか、何を求めているのかというのを正確に理解する必要があるのです。

また理解するだけでは不十分で、このままだとどうなってしまうのか、どういう対応が必要なのかといった考察をできる人でないと改善計画を立てることができません。

そのため、理解力と考察力はプロダクトマネージャーに必要なスキルといえます。

 

Geekly Media ライター

4+