カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. フロントエンドエンジニアとは? 必須スキル・年収・需要まで徹底解説!
  • 職種・ポジション

フロントエンドエンジニアとは? 必須スキル・年収・需要まで徹底解説!

フロントエンドエンジニアとは??フロントエンドエンジニアと言ってもHTMLコーダーやデザイナーなど多くの呼び名があり、それぞれの職種の人が垣根を超えて他の担当の仕事をすることが多く定義がかなり曖昧になっています。本記事では、フロントエンドエンジニアの仕事からコーダーやデザイナーとの関係性から需要・年収・必要なスキルについて詳しく解説します。

フロントエンドエンジニア

 

フロントエンドエンジニアとは?

 

イメージ画像-コーディング

 

フロントエンドエンジニアは主にWebサービスやアプリケーションにおいて、ユーザーが直接触る部分を作るエンジニアの総称です。

私達がインターネットでウェブサイトを閲覧した際に直接触る部分をフロントエンドと言い、これらの開発全般を行うエンジニアがフロントエンドエンジニアです。フロントエンドの指示でユーザーが入力した会員情報などの保存や引き出し処理などはバックエンドで行い、バックエンドエンジニアが開発を行います。

フロントエンドとバックエンドの違いについて、もっと詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

【徹底比較】フロントエンド vs バックエンド!両者の違いから必要なスキル、将来性まで分かりやすくご紹介します!

 

フロントエンドに関わる全ての業務担当

 

イメージ画像-図示する人

 

フロントエンドとはユーザが直接的に操作する部分の全般を指します。フロントエンドエンジニアはその部分を実装する職種ですが、仕事内容としては主に以下のものが挙げられます。

HTMLやCSSを使用したコーディングでWebサイトに見た目を作る

JavaScriptなどを用いてWebサイトに動きを加える

APIや各種デバイスのインターフェイス知識を蓄え、レスポンシブ対応(異なる媒体でも適切に表示)させる

動作の軽量化や高速化させる

SEO対策

フロントエンドエンジニアはこれら全ての業務に精通する事ができる必要があります

元々はコーダーがフロント部分を製作していましたが、時代の変化とともに多くのことがフロントエンドで求められるようになりました。そのため、フロントエンドの全てを出来る人とコーディング部分しかできない人を混同しないためにフロントエンドを全て出来る人のことをフロントエンドエンジニアと呼ぶようになりました

 

関連業種との関わり合い

 

HTMLコーダーとの関係性

 

イメージ画像-プログラム画面

 

HTMLコーダーは、HTMLやCSSといったプログラミング言語を使用してクライアントの要望をウェブ上で再現します

フロントエンドエンジニアは、HTMLコーダーが再現したコードを元に SEO対策であったり、APIの実装、動作の軽量化などを行います。時にはフロントエンドエンジニアはコーダーの相談役となり、クライアントの要望を叶えるための手法をアドバイスすることもあります。

 

Webデザイナーとの関係性

 

イメージ画像-デザイン作業中

 

WebデザイナーはWebサイトを製作する上で見た目のデザインを主に仕事として行います。ロゴや、背景をPhotoshopやillustratorを使用して製作し、素材をHTMLコーダーに提供します。

しかし、場合によってWebデザイナーがHTMLやCSSといった技術を駆使ししてコーディングを兼任することも少なくなく、見た目のデザイン全般を行うことも多くなっています。

フロントエンドエンジニアはWebデザイナーが提供したデザインを元にブラウザー上で導入します。

【Webデザイナー】仕事内容から将来性まで徹底解説!これから先に求められるスキルまで幅広くご紹介します。

 

Webディレクターとの関係性

 

イメージ画像-ディレクターっぽい画像

 

ディレクターはWeb製作に関わる総指揮にあたるポジションで、Webサイトの製作・管理・指揮を一手に引き受ける責任者です。

クライアントの要望から納品までのスケジュール管理や現場とのコミュニケーションを主な仕事として行うため、ある程度Web製作に関しての知識があることが必須です。

フロントエンドエンジニアは時にディレクターの相談に乗り、クライアントの要望に対して実現するためのアドバイスを行います。

Webディレクターとは?!仕事内容からなり方、年収、将来性まで徹底解説!

 

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

 

フロントエンドエンジニアは業務の範囲が幅広いため、求められるスキルは非常に多いです。また、年々新たな技術やサービスが誕生する度に、さらに求められることが増えていくため必要なスキルを全て上げようとすると非常に多くなってしまいます。そのため、最低限の「必須スキル」と「あれば嬉しいスキル」の2点で説明します。

 

必須スキル

 

イメージ画像-工具の画像

 

フロントエンドエンジニアになるにはまず最低限HTMLとCSSは書ける必要があります。デザイナーが作成したデザインを元に、忠実に再現出来る程のコーディング技術を持っておく必要が有ります

更に、Webサイトに動的な動きを加えるためのJavaScriptのスキルも必要です。AjaxやjQuery等のライブラリーについても知っておくことで有利になります。

また、UI/UX設計の知識と WordPressなどの CMSの知識も持ち合わせておいた方が良いでしょう。

 

あれば嬉しいスキル

 

イメージ画像-握手

 

必須ではないですが、場合によっては求められる知識として、サイト高速化についての知識は備えておいた方が良いでしょう。

またnpm、ビルドツールとしてLinter、タスクランナー、バンドラーなどの開発ツールも使えるようになっておくと更に求められるエンジニアになります。

また、フロントエンドエンジニアが触ることもあるサーバーサイド周辺のnode.jsなどの知識もあると素晴らしいでしょう。

 

フロントエンドエンジニアの年収

 

イメージ画像-時計とお金

 

フロントエンドエンジニアの年収は、マイナビを参考にすると平均385万円のようです。日本の平均年収が422万円というデータも有り、その差は37万円程と、フロントエンドエンジニアの収入の方が低い指標になっています。

もちろん、スキル面で高い技術を持っているエンジニアは1,000万円を超える収入を得ている人もいるので技術次第では年功序列を無視して高い収入を得ることは可能です。

フロントエンドエンジニアとして高収入を狙いたい人は、スキルや知識を深めて自身の商品価値を高めるのはもちろんのこと、より待遇の良い会社に転職しながら市場価値を高めてゆくと良いでしょう。

 

フロントエンドエンジニアの需要

 

イメージ画像-電球を持つ人

 

パソコンからスマホ、タブレットや時計に至るまで多くのデバイスで、アプリケーションやWebサイトの設計需要が上がってきています。

そのため仕事の需要自体はまだまだ増加傾向にあります。未経験の方でも、Progateやオンラインプログラミング教室などの影響から簡単にコーディングの基礎を身に付けることが可能になっており、本腰を入れて数ヶ月勉強すれば簡単な仕事であればフリーランスでも受注できるようになっています。

また、年々新たな技術や言語が誕生しているためフロントエンドエンジニアは常に最新技術の動向チェックと学習を怠ってはいけません。

まだまだ仕事需要はありますが、エンジニアの増加によってその競争率が白熱する可能性があるので、自身の技術力を向上し他との差別化を図る努力は最低限行っておいた方が良いでしょう。

 

フロントエンドエンジニアになるための学習方法

 

目標を持ち継続して勉強を続けよう

 

イメージ画像-勉強っぽい画像

 

フロントエンドエンジニアになるための必須スキルでも説明しましたが、まずはHTML・CSS・JavaScriptなどの言語を学習する必要が有るでしょう。

オンライン上にも多くの教材がありますし、書籍やスクールなども充実しているため、まずは無料の学習サイトを利用して自分で触ってみましょう。

簡単にでもイメージが沸いたら次に目標を立てることが重要です。簡単なLPを作成するでもいいですし、本格的なWebサービスの構築でも何でも良いですから、具体的にどのようなものを作ってみたいか目標を立てることでゴールまでの道筋が立てやすくなります。

そして最も重要なことは、継続することです。プログラミングは語学学習と同じで、継続して勉強すればするほど身になり自然と理解してきます。

最初のうちは、何のためにこのコードを書いてなぜこのような結果になるのかと悪戦苦闘し楽しくないかもしれませんが、毎日継続していれば自然と手が動くようになり楽しくなってきます。

 

まとめ

 

イメージ画像-パソコン見て考える人

 

現在はWeb上に多くのオンラインプログラミング学習サイトがあるのでフロントエンドエンジニアになるための基礎は誰でも学ぶ事が出来ます。しかし本格的に目指すのであれば学ぶ幅はかなり広く、新しい技術の動向も逐一チェックする必要があります。

そのため学習意欲が高かったり、最新技術に触れ続けることが苦でなかったりする人にとってはオススメの仕事なのではと思います。

また、若い人でも実力さえあれば年功序列をスキップして結果を残すことができるので、実力で勝負をしたいという方にもオススメです。

とげみ

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。