SES契約とは?メリット・デメリットを徹底解説します!

皆様はIT業界で採用されている「SES契約」というものをご存知でしょうか?派遣契約や請負契約といったものは聞いた事があるかもしれませんが、それらの契約とは異なるタイプの契約方法なんです!そんな「SES契約」に関して、どんなものか?メリット・デメリットは何か?という点を踏まえて、徹底的解説していきます!

 

SES契約とは?

 

 

名称について

 

まず名称に関してですが、SES契約のSESは「System Engineering Service」の略で、日本語で翻訳をすると、システムエンジニアリングサービスという訳になります。

読み方としては、上記の翻訳通りシステムエンジニアリングサービス契約と称したり、システムエンジニアリング契約と呼称されることが多いので覚えておきましょう。

 

基本情報

 

では、続きまして、そもそもSES契約とは何か?と言う点に関して基本情報を解説させていただきます。

SES契約は、IT業界で採用されている、エンジニアを雇用する際に用いられる契約方法の内の1つになり、分類としては準委任契約に分類されます。契約内容としては、エンジニアの能力が契約対象になりますので、成果の有無や出来を問わず、エンジニアの作業した時間や工数に対して報酬を支払う、といった契約内容になります。

契約の内容的に似通っている部分があったり、違いをよく理解をしていないと、派遣契約や請負契約と同じような扱いをされてしまうこともあります。ですが、実際は異なる契約内容になりますので、混同してしまわないよう注意が必要です。

この部分の違いに関しては、以降の項目でもう少し掘り下げて解説をさせていただきますので、そちらをチェックしてみてください。

 

SES契約と派遣契約との違い

 

 

ここからは、先程の項目内でもお伝えした通り、SES契約とその他の契約の違いに関して個別に解説をさせていただきます。まずは、SES契約と派遣契約との違いに関しての説明になりますので、チェックしてみてください。

 

指揮命令系統の所在

 

まず大きく異なるのが、指揮命令系統の所在です。SES契約では指揮や命令を行うのが受注した側の企業になるのに対して、派遣契約では指揮や命令を行うのが発注した側の企業になります。ですので、SES契約の場合は、エンジニアに対して、発注した側の企業が作業指示や労務管理等を行うことができない、というポイントが派遣契約と大きく異なる点になります。

 

契約期間の違い

 

もう一点、大きく異なるポイントとして挙げられるのが、契約期間になります。SES契約ではプロジェクトが終了した後も、その企業で引き続き業務を行うことが多く、他の企業に移って業務を行うということは少ないです。(案件が変わった場合は、出向する企業が変わることもありますので補足しておきます。)

それに対し派遣契約では、最初に決められたプロジェクトが終了した段階で、他の企業に再度派遣される、という形がほとんどになりますので、こちらも大きな違いと言えるでしょう。

 

SES契約と請負契約との違い

 

 

では引き続き、SES契約と請負契約との違いに関しても説明させていただきますので、こちらもチェックしてみてください。

 

契約内容の違い

 

最初の基本情報の項目内でも説明したので、おさらいになってしまいますが、成果の有無に関わらずエンジニアの作業した時間や工数に対して報酬を支払うのがSES契約になります。それに対して、挙げられた成果や成果物に対して報酬を支払う、という契約が請負契約になります。

上記のような内容の違いがある為、挙げられた成果や成果物に問題(納期の遅延や不良品等)があった場合の対応もそれぞれで異なってきます。このような状況になった場合、SES契約の場合は責任を負う必要はありませんが、請負契約の場合は責任が生じ、賠償請求等の責任を取る必要が出てくるのです。

 

納品後の対応の違い

 

納品を行った後にエラーやバグが発生した際、その対応にかかる費用に関してもそれぞれの契約で内容が異なってきます。SES契約の場合は有償で対応を行うのが基本になりますが、請負契約の場合は基本的に無償で対応を行うという形になり、そちらの違いについても、二つの契約の大きく異なるポイントと言えるでしょう。

 

SES契約のメリット

 

 

SES契約の基本情報や他の主な類似契約との違いについて分かったところで、一番気になるメリットとデメリットに関しての説明に入りたいと思います。まずはメリットからご紹介していきます。

 

スキルを保有した人材の確保が容易になる

 

最近、ニュースや新聞等でも取り上げられていますが、多くの業界で人材不足というのが大きな問題となっており、この問題に関しては、残念ながらIT業界においても例外ではありません。また、企業側から見た時、人材を確保するにあたって、研修や教育等が必要となってくるため、なかなか容易に人材確保を行うことができない、という現状にあるのも事実です。

ですが、SES契約を活用すれば、欲しているスキルを保有している人材と契約を行うことができ、研修や教育等を行わずに人材の確保を行うことが可能になりますので、企業とエンジニアの双方にとって大きなメリットになる、と言えるでしょう。

 

エンジニアとしてのスキルアップが見込める

 

 

SES契約の場合、企業に出向して業務を行うことになりますが、各企業やそこで働いている人等の違いによって、案件の種類や考え方・文化等が異なってきます。そういった、環境の違う中での実務を経験することで、今まで知らなかった知識やノウハウ等を学ぶことができますので、エンジニアとしてのスキルアップが見込めます。

 

正社員として雇用される

 

SES契約の場合、正社員扱いとして雇用されますので、安心して働くことができるという点があるのも忘れてはいけないでしょう。また、正社員扱いではありますが、色んな企業や環境で働くことができる、という少し特殊な環境になるのもユニークなポイントです。

過去にIT業界で働いていた実績があったとしても、IT業界に中途採用で復帰する、というのは簡単な事ではありませんが、SES契約なら比較的スムーズに話が進むケースが多い、というのも特徴的です。

 

Geekly Media ライター

クラウドマン

0